LOOPER/ルーパー [DVD]

  • 609人登録
  • 3.26評価
    • (17)
    • (91)
    • (182)
    • (28)
    • (7)
  • 102レビュー
監督 : ライアン・ジョンソン 
出演 : ブルース・ウィリス  ジョセフ・ゴードン=レヴィット  エミリー・ブラント  ポール・ダノ  ノア・セガン 
  • ポニーキャニオン (2013年7月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013378360

LOOPER/ルーパー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 設定が面白いと見始めたら、シド役の子役がすべてをもっていった。
    恐ろしい雰囲気の子供だなぁ。これからも役者を続けるんだろうか?
    天才子役は悲しい人生を歩みがちなので、そこはぜひ気をつけてほしい。

  • 設定が細かくて何やらややこしい。
    超能力とかとってつけたような感じで、最後の最後で急に出てくる。

    主人公は30年先からタイムトラベルしてくる人物を処刑する執行人として生計をたてている。ある日、30年後の自分が送られてきて、動揺したせいで逃げられるというタブーを犯してしまう。逃げた自分を追い、始末せねばならない。
    一方30年後の自分。幸せな暮らしを突如奪れ、その根幹を断ち切るためこの世を牛耳るボスを幼少のうちに始末しにやって来た。

    ラストはありだと思う。
    が、それで防げるのかと思った。

  • いつもの草食男子とは違いホモ然とした顔立ちのジョセフGレビットが巻き込まれる話。主人公がぐるっと一転してこれは面白いと思ったけど結局主人公はレビットなのね。そして雑巾扱いのダノが可哀想な話。こども怖い

  • SF的には割とヒューマンドラマ?
    設定が面白いね。

  • 2013一発目にふさわしい、まとまりのよい、よくできた作品。

    30年後の未来の依頼主からタイムトラベルで送られてくる悪者を殺す「ルーパー」。
    莫大な報酬で遊びに遊び、点眼式の麻薬中毒になりながら、主人公はすこしだけ自分の生き方に疑問を抱いている。
    そんなところに、親友のルーパーが30年後の自分を殺すミッションに立会い、取り逃がし、匿ってくれと助けを求めてくる。
    ルーパー殺しの「レインメーカー」のしわざか、この手の案件が増えてくる。
    結局親友を裏切ってしまう主人公。
    そして現れる30年後の自分、ブルース・ウィリス。
    めちゃくちゃ強くて殴られて気絶して取り逃がしてしまう。
    上海で悪行を働き続けてきた30年後の自分はとても強く、そして、愛に目覚めていた。
    愛する妻を殺された恨みで、依頼主であるレインメーカーを子どものうちに殺してしまおうと、復讐心に燃えている。
    レインメーカーの証拠となる数字は誕生日と病院のナンバー。
    その日、その病院で生まれた子どもは3人。
    そのうちのひとりの家に、主人公は匿われ、ブルースからレインメーカーと疑われている「シド」を守ると、その家の主であるサラと契約を結ぶ。
    しかしシドはすごい超能力の持ち主だった。
    ここからだいぶAKIRAめいてくる!
    おお、おもしろい!
    サラと主人公の恋愛模様もありつつ、ブルースはシドに的をしぼる・・・。
    ラストシーン、シドがブルースを恨み、レインメーカーへと変貌する姿が見えた主人公は、ラッパ銃で自分の胸を撃ちぬく。

    このラストがどうやらいろいろなひとに衝撃を与え絶賛されているらしい
    が、私は正直、展開が読めちゃって、そこまで感動ー!とはならなかった。

    でも、よくできた作品だなあとおもった。
    サラが欲情して、カエルのゲコゲコで主人公を誘うシーン、どきどきした。
    シドが出てきてから一気に面白くなった気がする。
    そんな展開?と思ったからこそおもしろかったので、あの予告編だけでは観に行こうと思わなかっただろうなあ~。

  • ネットで視聴(英語字幕)

    原題:Looper

    30年後の自分が、見る影もないツルッパゲだったら、いくらブルース・ウィリスのようなカッコいいジジイになれたとしても、容赦なく撃ち殺してしまうにちがいない。いやそれとも……という抜け毛やハゲが気になりはじめた20代後半男性に深遠な課題を突き付ける心理SF映画の傑作。

    というのはまるで嘘だが、なかには本気にする人がいるかもしれない。わたしもその頃にこの映画を見たら、撃つ側に回っていたかもしれない。いまではすっかり諦めてしまったが。ハゲにはハゲでいいところもあるんだ!(じつはそんなにハゲてはいない)

    ウーパー・ルーパーやルーピーを連想させる気の抜けたタイトルにしては、非常によくできたSFアクション映画。

    サラ役として、あのEdge Of Tomorrow(オール・ユー・ニード・イズ・キル)でリタ・ブラタスキーを演じたエミリー・ブラントが出ているのもうれしい。

    彼女が大きな切り株を斧で切るシーン。戦場の英雄を演じた先の作品とまったく違って、この映画では都会の夜を遊びまわっていた未婚の母親が心を入れ変えて人里離れた農場で子供をひたすら育てているという役柄。
    そうした背景が斧のぎこちない使い方からも浮かび上がってくる。細部の演技力がすばらしい。

    一度目よりも、あちこちに巧みに伏せられた伏線がよくわかる二度目のほうが面白かった。

    いくつか謎の点や、ストーリーの矛盾点があるような気がするのだが、時間SFはパラドックスを考え始めると眠れなくなるので、あまり気にしないことにしよう。

  • 目の前の子供が大事だよね〜

  • 主演の俳優、なかなかいい感じやな。
    感情移入しやすい俳優やとおもう。

    一味変わったタイムトラベルものだけど、ストーリー的にはしっくりときた(^-^)/

  • 字幕: 松浦美奈

  • タイムトラベルものにしては話がすっきりしていて(その分矛盾もありそうだけど)アクションに集中出来る良い映画だった。ラストもシンプルで好きな終わり方。もう少し変革後の未来の様子を知りたかったな。

全102件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

LOOPER/ルーパー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

LOOPER/ルーパー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

LOOPER/ルーパー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする