新潮 2013年 06月号 [雑誌]

  • 14人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 新潮社 (2013年5月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910049010631

新潮 2013年 06月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 飴屋法水+朝吹真理子『いりぐちでくち』

  • お目当ては、松家仁之さんの『沈むフランシス』
    美しい大人の小説でした
    観念的で、退廃的で,苦しい恋愛感情と
    道東の美しい風景と、田舎の息苦しさ
    寒過ぎて溶けない雪の結晶と、世界中の音
    目で文章を追いながら、
    心のなかが風景で感覚で音でいっぱいになる
    静かな終わりに、ふぅ~っと大きく深呼吸しました

    津村記久子さんの『給水塔と亀』
    芥川賞作品の『ポストライムの舟』以来初めて読みました
    短編だったのですが、とてもよかった
    定年退職して、子供の頃に住んだ場所に超してきた
    家族がいない男性の1日
    淡々と書かれているけど、読後感が好き

    宮本輝さんの『満月の路(16)』
    流転の海シリーズで、連載中
    読もうか読まないか、
    連載初めだったら、新潮を買い続けたくなるけど
    途中だしなと思って、読んでしまった
    久しぶりの熊吾、そっか、こういう話になっているのかと
    単行本が出るのが楽しみだな
    流転の海シリーズは本当に好き
    宮本輝さんは、戦後の昭和の時代の作品がいいなぁ

  • 「沈むフランシス」読了。
    6日に行った「フランシス・ベーコン展」のイメージとつながる。読んでいると村上春樹の文体を思い出すが、内容は日常的。福島原発事故を想起させるが、水力発電だから爆発しない。

全5件中 1 - 5件を表示

新潮 2013年 06月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新潮 2013年 06月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

新潮 2013年 06月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする