ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]

  • 294人登録
  • 2.81評価
    • (4)
    • (32)
    • (66)
    • (37)
    • (16)
  • 61レビュー
監督 : ジョン・ムーア 
出演 : ブルース・ウィリス  ジェイ・コートニー  セバスチャン・コッホ  ラシャ・ブコヴィッチ  ユーリヤ・スニギル 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142956125

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆~ なかなか死なない親子 ~☆

    あんた間が悪い
    間が悪すぎるんだよ
    と息子にまで言われるジョン・マクレーン

    その息子ジャックが実はCIAの人間とは・・・
    ちょっと呆れた

    しかも6作目もあるとか
    大丈夫かなブルース・ウィリス
    もう禿げようがない

  • ニューヨーク市警 マクレーンの息子/ジョイコートニーが消息不明で、
    モスクワで 警察沙汰を起こし、投獄されたので、
    モスクワまで、会いに行った。
    その裁判所が、爆破されるが、結局 息子はCIAだった。
    息子は 父親のことを ジョンと呼び捨てする。
    そして、邪魔者扱いをするが、
    息子の仕事を手伝う父親で、徐々にお互いに打ち解ける。
    一方 息子が護送しているロシアのオトコは、
    ファイルを探すと言っているのだが
    ウラン235を隠してあったのを 娘と協力しあって強奪する。
    これは、父と娘のハグなどがあるが、娘はたくらみをもっている。
    何れにしても父と子の物語でありながら、
    スケールが大きなものになっている。
    息子とロシア人を追いかけるテロ組織、そして
    父親まで馳せ参じてのカーチェースは圧巻である。
    橋からクルマで飛び降りて、
    渋滞のクルマの屋根をはしっていくのが、すごいよ。
    ロシアの渋滞を皮肉っている感じがある。
    カーチェイス、ヘリコプター、爆破、など ダイハードらしい。

  • 不死身の男の息子もやっぱり不死身だったか

  • 序盤のカーチェイスで心掴まれました。ユーリを投げ飛ばすシーンは1のオマージュかな?最近見たアクションでは1番の面白さでした。CMの床をぶち抜いて落下していくシーンまでの流れがとてもよかった!

  • 冒頭から派手!
    大型の車でガンガン車にぶつかるは上に乗って潰すは酷過ぎて笑うしかない。
    ロシアで犯罪者として囚われていた息子(を助けるため?)の裁判所に赴くが、裁判所が爆破される。
    重要なファイルを持っているという囚人と共に逃げ出した息子は実はCIAのスパイといった内容。

    最後、ヘリから振り落とされガラス窓に突っ込むんだけど、なんで死なないの…と笑ってしまうw

  • 2017年5月22日観賞。ダイ・ハードシリーズの現時点での最新作を録画にて観賞。異国で逮捕された息子の引き取りにロシアへ向かうマクレーンだが、思わぬ(予想通り?)襲撃・大事件に遭遇し…。ド派手なアクション・ウィットに富んだ言葉の応酬・人間味溢れるやり取り、というシリーズの要素はもちろん踏襲しているが、うーん全体としては「いつも同じだね」という感じで微妙。息子さんの役者、悪くないんだろうけどもっと屈折感・父親へのコンプレックス感があったらよかったかも。ハリウッド映画で、「うまくいっている父と子」という設定は見たことがないな。(上手くいってるのは悪役だけ!)

  • 地上波視聴。声似てるなぁ…
    フロリダで競馬三昧、極楽だよな〜〜のくだりが面白すぎて2回目も笑いました。

  • テレビでやってたので観ました。

    公開当時の評判は散々で、個人的にも回を重ねるごとに1の面白さから逸脱していったシリーズという印象が強く、観るのをためらっていました作品でしたw

    でも実際観てみないとわかんないし、そろそろ年貢の納め時かと腹を決め、正座して観ました。

    いやー、やっぱキッツイ作品でしたねーw

    カーアクションの安っぽさ、見にくさ、敵との駆け引きの無さ、マクレーンのキャラのブレブレな感じ、記号的すぎるダイ・ハード的クリシェのぶっこみ、そしてあまりにもお粗末な脚本など、これを劇場で観に行ってたら憤怒のあまり鼻血出してたかもしれませんw

    特に終盤の「放射能を中和する化合物」の登場には悪い意味で度肝を抜かれましたねw そんなもんあるならテロとかしなくても世界のヒーロになれてかつ大儲けできまっせ!w

    ジャックが所属するCIAの作戦も、敵の作戦も全く意味不明でしたね。お互い「実はこうでした」をやり合うんだけど、やればやるほど辻褄が合わなくなる小学生が考えたようなお粗末な脚本でしたw

    特にジャックは裁判所でコマロフを助けるという算段だったのなら、裁判所が爆破されるのをあらかじめ知ってたわけで、てめえどんだけ人命軽視してんだよとw しかも裁判所のケージを入るためだけに人一人殺すってお前も結構なテロリストだよ!w

    マクレーンも善良なロシア人の車を強奪したりとか普通に悪党すぎるし、民間人巻き込みまくるしヒドすぎます。2で飛行機の搭乗客を救えなかったときあんなに悲しんでたマクレーンは何処へ行ったんでしょうかw

    それにマクレーンのキモである「その場に出くわしたから仕方なく」という行動動機は中盤以降なくなっていて、純然たる正義のために行動するヒーロー的なキャラにしれーっとシフトしてるのも、またかーと。もうこれはダイ・ハードである必要ないじゃん!

    あとカット割りの下手さとか、銃調達の強引さとか、ダイ・ハード的記号の劣化コピーっぷりとかいろいろあります!
    探そうと思えばいくらでも粗を探せる楽しい映画です!w

    まだ観てない人は粗をいくつ見つけられるか、友達や家族と競争しながら観るのが非常に白熱しますのでオススメです!

  • カーチェイス長くないか?
    話的に面白くなかったな・・・。

  •  ダイ。ハードシリーズ第5弾。今度はロシアでジョンが息子と大暴れ。過激なアクションシーンが盛り沢山でした。前作の4.0で登場したジョンの娘がまた出てきてくれたのは嬉しかったです。
     しかし残念な点がひとつ。ダイ・ハードシリーズで名物だった無線でのやりとりがありませんでした。あれを楽しみにこのシリーズを観ているところもあるので、ちょっと物足りなく思います。敵に皮肉をぶつけたり仲間に助けを求めたりといろいろな活用ができた無線は、デジタル化の流れとともに消えてしまうのでしょうか。悲しいですね。
     迫力あるカーチェイスや銃撃戦など、アクション映画としてかなり楽しめる内容になっています。これからもまだまだシリーズを続けてほしいです。

全61件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ダイ・ハード/ラスト・デイ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする