プロメテウス [DVD]

  • 228人登録
  • 2.73評価
    • (4)
    • (16)
    • (47)
    • (29)
    • (12)
  • 47レビュー
監督 : リドリー・スコット 
出演 : ノオミ・ラパス  マイケル・ファスベンダー  ガイ・ピアース  シャーリーズ・セロン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142954725

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プロメテウス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 明度の低い映像、たなびく雲、流れる水、新たな惑星での生命発生?
    極端に説明のないオープニングから一転して近未来の遺跡へ、そして宇宙・・・と
    場面展開にとまどう。しかし、徐々に追い求めている謎がわかってくる脚本は
    うまい。
    (「エイリアン」シリーズのアクションやサスペンスを期待したら外れだろうが…)

    が、ぞろぞろ出てくるキャラは不要だし、人類の起源と神?、そしてエイリアンの
    関係を描きたかったのは分かるのだけど、テーマの割には些末な争いが多く
    話が散漫になったのは残念。描きこみ不足か、無駄な争いに時間を取られたか?
    回収が曖昧なエピソードも多いし、ラストはちょっと…。
    キャストは驚くほどに豪華だが、知性派にも肉体派にも見えないヒロインのノウミ・ラパスは
    ミスキャスト。いっそのことシャーリーズ・セロンをヒロインにした方が良かった。

    凝った映像は4Kが出てるようなので、そちらで見れたら凄いだろうなぁ。

  • いろいろ、不可解。

  • ネットで視聴(英語字幕)

    映画の中盤、洞窟の奥で、H.R.ギーガーのデザインによるさまざまな物体が登場するまでは、この映画がエイリアン・シリーズの一つだとは気がつかなかった。それほどこの映画は、シリーズ初期の頃にあった不気味さ、おどろおどろしさに欠けている。

    ホラー映画には、ある種の怨念や気合が必要だと思うのだが、それらからはずいぶん遠い映画。

    リドリー・スコット監督は才人ではあるが、なんでもこなせすぎて、コクやアクがなくなってしまったとも思う。

  • 不評だったと聞いて見てるせいか、SFホラー好きとしては、いいじゃないかこういう作品ドンドン作ってくれと思う。ストーリーとか仕掛けではなくてそのうちヒドイことが起きそうな不気味なトーンがいいですね。無音の緊張感、陰々滅々な雰囲気がずっと支配している。SFホラーは《エイリアン》くらいになれば別だが、こうした大作でもB級感が漂う。古代人類の起源なんてウソっぽい動機で傑作になるのは難題だ。真面目に哲学的に語られても困ってしまう。
    《エイリアン》の影響が絶大なので、SFホラーというとグチョグチョ、ベタベタ、歯がたくさんのモンスターとなってしまう。やたりと人体に入りたがる。それはそれで定番で外せない。
    B級ホラーといってもリドリー・スコットなので造形のアイデアやスペクタクルはなかなかの大作ぶり。ワタシは洞窟内を飛んで地図をつくっていく物体が好きだ。帝王切開を能率よくやり手術装置も面白い。そうしてガジェットだけで楽しめる。

  • エイリアンの前日譚。本編には及ばない。

  • 賛否両論のようだ。私はエイリアンシリーズが好きなのにこの映画の存在を当時知らなかった。どうも宣伝方法が悪かったようだ。あと、吹き替え版を観た人もやけに酷評。私は吹き替えじゃなくてよかったかもしれない。

    エイリアンと人間の起源に迫る話。だけど、まだ謎が残ったまま終わる。2017年に続編があるらしい。

    突っ込みどころはあるけど(今までのエイリアンにも同じことが言える)、エイリアンシリーズのいろんなシーンを彷彿させる作りになっていて、ラストシーンはきたきたきたー!楽しめたよ。続編は映画館に行こうかな。

  • 続編の一本、二本程度では完結しない気が‥。

  • デイヴィッド欲しい

  • {2012年・アメリカ、イギリス}

    人類の起源についての描写に興味があり、鑑賞。
    円盤に置き去りにされた一人の宇宙人の身体からDNAが流れ出て生命の根源となるという、ちょっとガッカリな描かれ方だった。
    物語自体は、いわゆるエイリアン物という感じ☆ドロドロの液体と、シャーッと襲ってくる怪物。
    あと、吹き替えで観てしまった事に後悔(T_T)
    剛力彩芽ちゃん…嫌いではないけど、あまりにも棒読みすぎ。字幕で見返す気にもならなかったです。

  •  人類の起源を求めはるか宇宙彼方へと向かったプロメテウス号は地球外の文明を発見する。
     エイリアン前日譚。

     エイリアン0じゃないとか失敗作だとか色々聞こえてきてたが、見てみたらちゃんとエイリアンの前日譚だったし面白かった。
     壮大な映像美は必見。スペースジョッキーが出てきた時はおー!って熱くなった。
     一応、人類の起源もエイリアンの起源も何となく分かるので話としては満足。しかしそうなると、あんなエイリアンを儀式に使っちゃうプレデターってすごいですなぁ。。。

  • 酷評に恐々鑑賞。ん?面白かった。これはあれかな?CMのせいでこうなったのかな?
    エイリアン好きな人は観たい映画だも思う。



    ネタバレ



    十分楽しめたエイリアンの始まり!最後産まれた時感動した(笑)成る程のシナリオ。人類の創造主(これもエイリアン)が地球を滅ぼすために作ってた試作モンスターがエイリアンだったとは!自分的には面白展開。何故に創造主は人間を作り滅ぼそうとしたのかが気になるから続編が観たい!

  • タイトル好きだけど、映画は面白くなかったな~!キャラクターを生かしきれてない感じがするし、グロテスクなシーンはインパクトがあるのに比べて、アクションシーンは今ひとつ。なんとなく1をなぞったような展開なのも物足りなかった!でも衣装や美術は綺麗!

  • 巨匠リドリー・スコットも今や御歳74歳ですよ。
    その彼が、今までの映画人生で得て来たテクニックと
    やりたかった事を存分に発揮した映画なのではないでしょうか。

    近頃巷に流行るお利口さんばかりの登場人物や
    理屈や整合性ばかりを気にしてそこそこ出来は良いけれど
    印象の薄い映画が多くなってしまった昨今。

    そこに昔の映画的な人間臭い登場人物を、敢えて最新のCG技術を
    駆使して創った世界観に置いてみて動かしてみるという
    贅沢な事をやったわけです。

    クリーンな世界しか知らない若い子達の評判は芳しくないようですが、
    それは大して映画も見ておらず泥臭い経験も無いからであって
    なのに映画の世界観は最新科学で未来的、でも感情移入出来る
    人物が誰もいない!そんなところに失望を感じたのではと思います。

    しかし監督の視点はもう少し高いところにあるようで。
    神の視点から見たら人間なんてどれも同じで儚いもの、
    自分だけは特別な存在だと信じた者の末路を見れば
    言いたい事は分かります。

    それにやっぱりコレは「エイリアン0」なんですよね。
    その後の物語の前の話なんだから、登場人物の人間臭さも
    船長達クルーがアルマゲドン野郎なのも当然といえば当然です。

    しかし私は別にエイリアンとかクリーチャー映画が
    好きな人ではないので、個人的好みで言えば
    エイリアン抜きでこんなSF映画を創って欲しかったと
    心底もったいなく思います。

    それくらい、この映画の壮大なスケールの世界観と、
    宇宙船とか宇宙服とかの未来的デザインは秀逸で素晴らしい限り。
    宇宙服のヘルメットとか、昔のSFによくあったデザインを、
    よくもまあこんなにスタイリッシュに表現出来たものだと感心しました。

    やっぱりリアル派なリドリースコット監督の凄いところは、
    CGも十分使いこなしている事というか。
    重量感やリアリティが十分あって違和感を感じさせません。
    CG技術が向上してきたとはいえ、むか~しから気になっていたのは
    細かいところばかり凝って存在感が軽く逆にリアルでなくなるところ。
    そんな安っぽさも感じさせず効果的に使いこなしていたと思います。

    それと登場人物の配し方、人間臭いからこそキャラクターとして
    印象に残るのであって、そもそも人間臭くないとドラマなんて生まれません。
    こうした方がドラマが生まれるし面白いだろ?みたいな
    そんな事が言いたくて敢えて見逃しやミスを表現したのでは、なんて。
    そういう意味で馴染みの感覚、私は妙に懐かしく安心して見られました。

    世界観だけ見れば、「2001年宇宙の旅」や「ソラリス」のような
    王道SF映画の風格を感じさせられました。
    だから「エイリアン的なもの」さえ無かったら、そんな存在の
    映画になれたかもしれないのに・・・と思うと勿体ない!!!

    願わくば、監督にはもう1本映画を製作して頂きたいと思います。
    最後の、彼らの旅の物語をもうひとつ。
    そちらはきっともっと凄い作品になるに違いなく、
    エイリアンも描かなくて良いだろうから存分に
    人類の起源に迫って頂きたいと思います。

  • えー!謎だらけで終わった…

  • あまりエイリアンシリーズと結び付けない方が楽しめる。
    ホラー要素が高くて、なかなか楽しめました。

    2が公開予定ということで、今後残った謎をどう明かしてくれるのかが楽しみです。

  • エイリアンシリーズに思い入れがありすぎて冷静に観てなかった「プロメテウス」
    「エイリアン」もお金がかかってるけどホラー映画だってことを思い出させてくれる
    ウェイランド社が抱えた科学者で仕事してたのってショウ博士だけじゃないのか?
    恋人の科学者はナニ専門なんだ?と気になるのもつかの間で素早く死を迎えちゃう
    他の科学者、船長船員登場人物が全員馬鹿なのはホラー映画の鉄則
    「エイリアン」シリーズの鉄則のひとつ、ロボットは首チョンパもバッチリ
    お金がかかって画面がカッコいいSFホラーは面白い

  • リドリーの作品だから鑑賞したが駄作。確かに映像はすごいが、それだけ。エイリアン上映当時に公開されていれば評価されたろうが今となっては二番煎じ。ブレードランナーのようなメッセージ性も無い。

  • エイリアン番外編みたいな?
    せっかくの超大作なのにサービス精神がたりない!
    適当にクルー死んでいくから緊迫感ないんだよね。
    唯一、自分で麻酔うちながら腹かっさばくシーンは最高に楽しみました。バチバチ留めて走るし!あり得ないけどエグくてよかったです!

    あと、公式ホームページは必見。

  • ちょっとないかなー。
    キャッチコピーと、内容が全然違う^^;

    完全なグロいパニックエイリアンもののSF映画。
    エイリアン映画の十八番ネタ満載。終始ハラハラからの~、グロで終わった。(  Д ) ⊙ ⊙

    ヒロインの帝王切開からの~お腹バチコバチコバチコ(´>ω∂`)☆からの~ランニングハイ!!☆ㄟ( ▔∀▔ )ㄏはないな。と諸々突っ込み放題。
    ストーリー雑だなぁとちょこちょこ感じつつ…続編があるらしいですね、そこで色々回収するのかな?(´・ω・`)

    良かったのは映像美と未来感。
    あとアンドロイドのデイビッドさん!謎の何故か何でも知ってるアンドロイドはちょっとそそりました。

    何が人類の起源だ…ミステリーな感動モノを期待してた自分が悲しい。。
    ちょっと時間返せと思った。あまりそういう事思わないけど、今回は…。見るのやめようかと思ったけど、せっかく借りたので最後まで見たけど。
    調べたら、「エイリアン」の序章的なものらしい。。それならそうと書いとけ\(^o^)/
    タイトル、プロメテウスだしよーヽ(;▽;)ノ勘違いします_| ̄|○ま…続編に期待…なのかな……?

    はーよく調べればよかった。やっちまった感が半端無い。。

  • 主人公の吹き替えもうちょいどうにかできんかったんか…。

  • 2回観たけど、やっぱり意味不明。途中何度も眠くなり最後まで観れず。今の時代、こんなのを「面白い」と思わなくちゃならないの?

  • 『エイリアン』の巨匠、リドリー・スコット監督が手掛けたSF大作。未知の惑星にたどり着いたエリザベスは、地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにし…。ノオミ・ラパス、マイケル・ファスベンダーほか豪華キャストが共演。PG12
    制作年: 2012年
    原題: PROMETHEUS
    収録時間: 124分

  • エイリアン0ってタイトルにしろよ

全47件中 1 - 25件を表示

プロメテウス [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

プロメテウス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

プロメテウス [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

プロメテウス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする