夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神 [Kindle]

  • 257人登録
  • 3.65評価
    • (15)
    • (31)
    • (27)
    • (8)
    • (0)
  • 28レビュー
著者 : 水野敬也
  • ミズノオフィス (2012年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (183ページ)

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2番目ってやはり1発目より劣るところがあるんだろうなあと期待は薄かった。芸人の正解が舞台というところも熱い気持ちが上滑りしている感がでるんじゃないかと勘ぐっていた。
    しかし!とてもよかった。前作を超えるかもしれないけど、前作あっての続編なので、そうとも言い切れないが、なにせよかった。
    幸子さん、好きです。この作品でのガネーシャは前作より登場回数が少なく、愛されキャラ度も低い。まあ、それはいい。ガネーシャだし(そう思ってしまうところが憎めない奴なのだろう)。もう幸子さんの飾らなさ、素直さ、深い言葉、どれをとっても好きになる。そして、釈迦もなかなかよい存在。肩を抱きたくなる憎めない奴。奴というのは失礼だが、そう言いたくなってしまうのはこの作品のうまさだろう。
    自分の仕事や生活でふと悩むことも多いが、この本に出会えて良かった。

  • 先に読んで気づきや示唆に溢れていた『夢をかなえるゾウ』。最近、プロジェクト対応に四苦八苦していることもあり、無意識の内にamazonでポチッとしてしまったんだと思う。そして、読んでみて、ポチッとしてよかったと思っています。現在、四苦八苦しているプロジェクト対応も、きっとゴールに辿り着ける気がしてきました。すべては自分の思考と行動の変化から。

  • 非常に読みやすく一日で読破した。
    今回のガネーシャは売れない芸人の相方となりコントで日本一を目指す。
    前回を越えるギャグの多さに電車内で何度も吹き出してしまった。
    前回よりも登場人物が増えるのだが、その一人一人のキャラが濃い。
    くだらない会話でもサラッと良い事言ってる時があるので所々読み返したくなる。
    中でもガネーシャ、貧乏神と芸人とのコントが面白い。

  • 続編。たまに読むとよい感じ。

  • 実際の行動
    ・お店に行った時に、そこにいる店員を喜ばせる。
    ・他人をほめるときに、本人が気づいていない部分をほめる。

  • 250803 文

  • 一冊目と同じくガネーシャの軽快な口調が心地よく、スルスルと読めてしまう。読み進めていく毎に、主人公の気持ちや行動が上向きになっていくことが読んでる者にとっても心地よい。扉絵も相変わらずかわいい。

  • お笑い芸人の卵がガネーシャに会う。人から注意とかされて、直したりしないのは、たいていが、「めんどうだから」なのだ。

  • ノリが苦手。夢を叶えるために必要なものを、物語調で語っているんだということが最後まで読んでわかったなあという程度。読み返すことはない。

  • 前作が良かっただけに、ギャグ要素があまりに多すぎてつまらなかった。何を言いたかったのだろう。

全28件中 1 - 10件を表示

水野敬也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
ウォルター・アイ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神を本棚に「積読」で登録しているひと

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神の文庫

夢をかなえるゾウ2 ガネーシャと貧乏神の単行本

ツイートする