沈黙のフライバイ [Kindle]

  • 52人登録
  • 3.67評価
    • (2)
    • (5)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 野尻抱介
  • 早川書房 (2013年4月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (79ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
野尻 抱介
長谷 敏司
ジャレド ダイア...
小川一水
ロバート A ハ...
ロバート A ハ...
野崎まど
米澤 穂信
野尻 抱介
アンディ ウィア...
有効な右矢印 無効な右矢印

沈黙のフライバイの感想・レビュー・書評

  • 「南極点のピアピア動画」が面白かったので続けてもう一作。
    お気に入りは表題作「沈黙のフライバイ」。
    作者の作品は実際の計画を元にしているものが多く、今作もそう。
    私も極小の探査機を送る計画は知っていたがJAXAも計画していたのは知らなかった。
    作者はそれを地球が受ける側にするという発想である種のファーストコンタクト物にした。
    異星人のあれこれを科学者が論理的にあれこれ考えるというのは読んでて楽しい。
    その筋の最高傑作はホーガン先生の「星を継ぐもの」だと思うけど、今作も立派にその系統を受け継いた一作だと思う。

  • いただきもの。
    科学の切ない感じが良かった。

  • 「大風呂敷と蜘蛛の糸」がお気に入り。

  • 短篇集。ファーストコンタクト、小惑星への着陸、火星への有人飛行、携帯用閉鎖生態系、宇宙凧?の6篇。

  • 本いっぱいにあふれる宇宙へのロマンと科学的探求心とで胸が熱くなる短編集。もしかしたら私にも宇宙に手が届くかもしれないと思わせてくれるリアリティにぐっと来るね。

    そして、読んでいて分からなかった科学用語を調べるのもまた楽しい。(Kindleで読んでいるので、すぐさま辞書やwebで検索かけられるのが助かる)

  • 現在からつながって行くので、既視感が馴染みやすくしてくれる。
    新しい世界(宇宙)へ挑戦する人達。
    等身大なのにかっこいい。

全7件中 1 - 7件を表示

沈黙のフライバイに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

沈黙のフライバイを本棚に「読みたい」で登録しているひと

沈黙のフライバイを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

沈黙のフライバイを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

沈黙のフライバイはこんな電子書籍です

ツイートする