デッド or キル [DVD]

  • 26人登録
  • 2.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (3)
    • (4)
  • 7レビュー
監督 : デヴィッド・ガイ・レヴィ 
出演 : ブリタニー・スノウ  ジェフリー・コムズ  サーシャ・グレイ  ジョン・ハード 
  • アメイジングD.C. (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189027327

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

デッド or キル [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ◼◼不快ッ!orサイテー!!◼◼






    WOWOWオンデマンドに観賞。
    (※ 以下にWOWOWオンライン上の番組解説・内容欄より転記させていただきます。)



    【大富豪の屋敷に集められた、それぞれ人生に行き詰まる8人の男女。彼らは一発逆転を懸け、究極の二者択一ゲームに臨む。極限の心理戦が見もののシチュエーションスリラー。
    「ヘアスプレー」やリメイク版「プロムナイト」などのB・スノウが、骨髄移植が必要な弟を救うため、危険なゲームに参加したヒロイン役を演じたワンシチュエーションのサバイバルスリラー。ある屋敷の一室に集められた男女が、それぞれ行き詰まった人生の一発逆転を懸け、次第にエスカレートする二者択一を迫られていく。“殺すか死ぬか”の選択を前にしたとき、人はどちらを選ぶのか? シンプルにして究極の心理戦が見どころだ。共演は「ガールフレンド・エクスペリエンス」のS・グレイなど。

    難病を抱えた弟の面倒を見るアイリスは、支援が必要な人々を集めた、さる富豪主催の選考会兼晩餐会に誘われる。ただし、最終的に支援が得られるのはただひとり。彼女を含め屋敷に集まった男女8人は、選考のため“ゲーム”を行なうことになった。ルールは単純、二者択一で選んだことを必ず実行しなければならないというもの。だが、選択肢はやがて犠牲を誰かに押しつけるか、自分が背負うかという過酷なものへエスカレートし……。



         ☆.:*・*:.☆.:*・*:.☆*・*:.☆.:*・*:.☆.:*・*:.☆*・*:.☆ 



        内容は番組紹介・解説・内容欄にあるとおり。  



     男性5名、女性3名の計8名はいずれも切実に高額なお金を必要としている様子。 ヒロインのアイリスは弟の病の克服のため、誘われたこのゲームへの参加を引き受ける。 

     主催者はシェパードというイカれぽんちの大富豪。彼にはこれまたイカれたバカ息子が居る。 

    (1)大金を手に入れたいとする背景を抱えていること。(2)自分が主催するゲームに彩り?を添えてくれそうな異なる性格の者。 

     そういう条件に適合する相手のもとへ自ら出向ていては、このゲームへの参加を促している様子。何とも危険でエキセントリックなこの遊び心が疼きはじめると、伝手を通じては参加に価する者たちをどうもチョイスしているようだ。  

     勝ち残ると獲得できる大金に惹かされこのデス・ゲームに参加した男女が織り成すその浅ましき心理の動揺と、ゲーム結果の惨状を見てはイカれた父子が異常な悦楽に浸るという、何とも胸くその悪い作品。 

     富豪のシェパード役の俳優さん、どこかで見掛けたお顔なので検索したところ、『死霊のたたり』で主人公Dr.ハーバート・ウェストを演じた方だった。 これまでにもこうした系統の作品に割りと多く出演されている様子。 そんな意味ではどことなく、ウド・キア氏に似ている路線の男優さんかもしれない。   

     『ソウ』や『CUBE』に見るシチュエーション・スリラーの部類なのかもしれないが、如何せん個人的に「不快感が先行」してしまった。
     
     《死を選ぶか・相手を殺(や)るか》の究極の選択肢を10秒と、30秒の時間制限で迫られる。 中でも私が最も不快(退いてしまった)だと感じたのは、下半身のご不自由な老婦人に 「麻痺している下半身は痛みを感じないのだろう?」と聞いて、彼女の太腿にアイスピックを突き刺すシーン。 避けたはずの動脈を刺してしまったようで、刺した側の男は慌ててズボンのベルトで止血を施するものの、しだいにこの老婦人の顔面は蒼白になり意識が朦朧と。そしてピクリとも動かなくなり絶命しまうシーン。 

     《生き残るためのゲームが人間の理性と自... 続きを読む

  • 様々な理由で金に困った連中が、お金持ちに泣き付いて
    死のゲームに付き合わされる、っつー黒幕丸見え系のデスゲームです。

    こういうのって、被害者の側が
    「なんで俺たちがこんな目に会わされるんだ!」
    みたいなのも謎のひとつだったりするんだけど
    “金持ちの娯楽・趣味でございます”
    という身もふたもない設定が残念というか潔いというか。

    主役は難病の弟と2人暮らしのアイリスさん。
    彼女を加え、8人の参加者が
    「AかB、どっちをやる?」ゲームを開始。

    初めのお題は
    A「自分に電撃」
    B「隣の人に電撃」
    で、まだまだ理性の保っている参加者は、
    耐えられそうな男はA、そうでないものは仕方なくB、みたいな選択をします。
    (一人速攻Bを選ぶ糞女も)

    が、次のお題が
    A「左となりの膝にアイスピック指す」
    B「元軍人さんに鞭打ち」

    元軍人さん「えっ、俺名指し?」

    これが全員に出されるお題なために、
    「もしアイスピックが動脈を指しちゃったら…」を恐れ、
    みんなから鞭打ちされる元軍人さん。ひどいよ。

    てな感じで、お題&ゲームはエスカレートしていくわけです。
    途中、金持ちが変なアレンジ入れたりするので
    単調にならず、しかもテンポよく進むので
    なかなか飽きずにみられましたね。

    しかし、途中、脱出騒ぎが起こるんですが、
    そこに登場した「金持ちに首にされたけど正義感にかられてみんなを救いに来た青年」が
    「助けに来たぞ!」バーンつって速攻撃たれて死んだのには何の意味があったんだろうなー。

    オチは、さんざんひどい目に会って、優しくしてくれた連中も蹴落として
    生き残ったアイリスさんが家に帰ったら、弟が自殺してたっつー、そりゃねーよ的な奴でした。

  • 設定としては「富と権力を持っている男がいて、お金に困っている連中に「死のゲーム」をさせるというもの。まあ、そのアイデア自体は「カイジ」のような成功例もあるわけだから、悪くはない。でも、問題はそこから先で、邪悪だとわかりきっているゲーム・マスターの下、どうして参加者は命をかけるのかという説明が上手にできていないとダメなのである。その点において、この映画は失格である。
    というのも、第一にゲーム・マスターである悪党がちっとも悪党に見えない。人の命をもてあそぶゲームを発想し、実行し、それを見て楽しむくらいのワルならば、もっと風格も悪知恵があるはずなのに、これじゃあ単なるアホな小金持ちである。息子にいたっては単なる馬鹿だし。
    またゲームの参加者たちも命と引き替えのゲームをするほど切羽詰まっているとはとても思えない。というか、その説明がまったくないので(ヒロインの女性を除く)、緊迫感も生まれない。
    よって物語を見ている側としては「どうせ最後は1人が生き残るんでしょ(しかもヒロインが)」という生ぬるい気持ちになってしまい、少しも面白くないのである。
    そういうわけで、まあ、残念な映画でした。

  • なんかこういうのだいぶ前に日本のドラマではやったよねって感じの映画。
    新しい部分は何もなし。 狂気の部分もなんかイマイチ

  • 制作年:2012年
    監 督:デヴィッド・ガイ・レヴィ
    主 演:ブリタニー・スノウ、ジェフリー・コムズ、サーシャ・グレイ、ジョン・ハード
    時 間:93分
    音 声:英:ドルビーデジタル2.0chステレオ


    難病を患う弟の治療費のため、莫大な賞金がもらえるある財団が主催するゲームに参加する女性が主人公。
    そのゲームは8人が参加して、文字通り殺すか死ぬかの選択を迫られる、というお話。
    自分か隣の人、どっちを感電させる?とか、アイスピックで足を刺すのとムチ打ちにするのどっち?とか。
    さらに、何が書かれているかわからないカードを引くか2分間水中で息を止めるのどっち?なんて選択では、カードには4分間息を止めるとか自分の眼球を切り裂くとか爆弾を掴んだまま爆発させるとか。
    最終的に生き残ったヒロインは、もうひとりを射殺することで唯一の生き残り、勝者となって弟のもとにカネを持って帰宅したけど、弟はすでに息絶えていた、という何の救いもないストーリーです。
    参加者たちは結束して逃げ出そうとするももちろん失敗に終わったり、ヒロインにゲームを紹介した医師は自責の念にかられ救出に向かうもあっさり射殺されたり。

  • なかなかに不快であり、救いが無く、ひねりの無い作品。
    もう少し面白くても良いような気がするが、これはこれでしょうがないのかね。
    痛さというか、苦しさがソフトな感じで、伝わってこないのが、中途半端。でも、伝わってくるような演出されたら、自分は観られないな。

  • ホラーによくある話だし、リアリティないけど楽しく観た。ちょっと飽きる

全7件中 1 - 7件を表示

デッド or キル [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする