日本人というリスク (講談社+α文庫) [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.75評価
    • (0)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 橘玲
  • 講談社 (2013年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

日本人というリスク (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (日本人)と併せて読みたい。

  • 小説『マネーロンダリング』以降、橘氏のファンであり、これまで様々な著書を読んでいたため、特に新鮮な話はなかった。財政破綻の実際的な意味を分かりやすく説明していたり、世界株インデックスに投資する意義が説明されていたり、得るものもある。家を賃貸するか購入するかという話に力点が置かれているが、著者のこれまでの主張と説明を繰り返しているのみ。

  • 今まで日本人当たり前と考えていた、新卒で入った会社で定年まで勤めあげて、マイホームをローンで買って…という生活が主に震災を経て見直しが必要という話。日本の国家破産に備える資産防衛と内容重複しているので、どちらか読めば十分

全3件中 1 - 3件を表示

橘玲の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

日本人というリスク (講談社+α文庫)の文庫

ツイートする