ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [DVD]

  • 311人登録
  • 4.14評価
    • (49)
    • (64)
    • (23)
    • (2)
    • (1)
  • 45レビュー
監督 : テイト・テイラー 
出演 : エマ・ストーン  ヴィオラ・デイヴィス  オクタヴィア・スペンサー  ブライス・ダラス・ハワード  ジェシカ・チャステイン 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241927477

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 奴隷制度の名残が残る時代の話を扱っているけど、今までの作品とは違って、考えさせられるけれど見終わった時に重苦しい気分にならない。だけどハッピーエンド、ちゃんちゃん!ではなく。
    重すぎず軽すぎず、絶妙でした。

  • メイド萌え。
    いやしかしスタッフロールで、シシー・スペイセクが、あのお婆ちゃんをやってたことに気づいた。

  • ヘルプ達が若干上品になっていたというか、白人達も女優を集めてるからか、そもそもスキーターが小説よりもぐっと美人だからか、全体的にきれいな美しいストーリーに「変化」しているような。
    作者が伝えたかったと思われる、いいこともそうじゃないことも全て書くというコンセプトが薄まっているような。あるいはエッジが丸まって、言いたいことが弱まっているような...

  • 素晴らしかった。黒人女性のなんと逞しく温かく力強いことか。悲しい終わり方ではあるが、しかしそこには前向きな力強さと、そこから生まれる希望が見える。勇気をもらえる映画。
    「ミシシッピ・バーニング」を思い出したが、当時のアメリカ南部は黒人たちにとってまさしく地獄だったのだろう。こういう差別は繰り返してはならない。最近は信じがたいことに日本では勢いが増しているようだが、レイシスト集団は本当に唾棄すべき存在。歴史の失敗を学ばない人間の愚かさを思い哀しくなる。
    たくさんの人に観てほしい映画である。

  • 舞台は1960年代、まだまだ人種差別意識が根強く残る時代のアメリカ。
    南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、白人家庭で働く「ヘルプ」と呼ばれる黒人メイドたちの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちの本音を聞き出すべく直接インタビューを試みる。
    しかしメイドたちにとって真実を語ることは居場所を失うことに等しい。はじめはインタビューに応じる者などいなかったが、1人の女性の勇気ある一歩がさらなる勇気を生み、ついには社会を揺るがすことになる。


    人種差別問題を扱った作品なのに、後味が悪いなんてこともなく最後まであっさりスッキリ観れちゃうところがすごいなと思いました。
    もちろんテーマがテーマだけに重い場面もありますが、同じ黒人差別問題を扱った作品の中でも、かなり見やすいほうではないかなと思います。

    ミニーの豪快さというか、包容力がとてもすき…。

  • HUMICでの請求記号「DVD14/0026/楽楽 : 最上級/(146分)」

  • 人種差別についてとても丁寧に扱っている映画だった。

    髪型や服がすごくかわいくて、いわゆる女子が好きそうな映画の雰囲気ではあるのに
    ミシシッピの男性とは別れてしまったり、ラストを安直にハッピーエンドにしないあたりがうまかった。

  • 年取ったらアカンなーー
    涙腺弱くて(笑)

    泣いたわーー(>_<)


    役者もみんないいーー!



    ほんま、観て良かった(^-^)/

  •  黒人差別が色濃く残る1960年代のミシシッピ。ライターを目指すスキーターは黒人メイド達の言葉をまとめて本にしようと試みる。

     いい映画は最初に象徴的な言葉が出てくる。この映画も冒頭で「将来タバコが体に悪いことが証明されるに違いない」という言葉が出てくるとおり、この映画は今は当たり前と(一応)思われてることが当たり前でなかった頃が舞台だ。
     黒人差別をテーマにしながら、そこに誰かの妻として閉塞感を抱えて生きるしかなかった当時の女性達を絡めて描いているところが素晴らしい。
     家事と子育てを黒人メイドに任せ優雅に暮らしている白人女性達があまり幸せそうに見えない。その苛立ちをさらに弱い立場へぶつける人もいれば、共に手を取り合う人もいる。
     時代が進むということはその最中に自分達の当たり前の権利の為に悲しみ傷つきながら戦っている人達がいるということなのだとこの映画は教えてくれる。

  • すごい良い映画だったー!

    出てくる人物すべてが良かったなー
    本当に大切なものが何かを教えて貰えた。
    そして、あんな人にだけはなりたくないって改めて
    どう生きていこうか考えさせられる映画なのに
    ところどころ笑えてww  あんなパイ!想像したくなーいwww   号泣する映画ではなかったけどエンディング曲で一番泣いたかも。

  • 久しぶりに心から感動したし、見終わった後も余韻の残る映画だった。メイドの黒人たちが自分たちの尊厳を取り戻して行く。私の今年のベスト1かも。あっ、でもチョコレートドーナツも良かったもんなあ。

  • よかったな(ゆ)

  • 特にパンチがあるわけでもなく・・・。
    やっぱり人種差別を笑いにするには、相当なパンチが必要だと実感。

  • 前半は少しテンポが悪い。

    後半は、出版が近づき、黒人たちの心の躍動がとても伝わって来る。

    後半に、「前半までにされたひどいことへの仕返し」が出版によってなされ、感動とともにスカッとする。

    黒人差別だけでなく、いじめにも通じるところがあると思った。

  • 前から気になってた映画だったので、借りて観た。いい意味で予想通りだった。西洋人社会に暮らす有色人種として、こういう映画を観ると、いつもちょっと考えこんでしまう。でも、そうやって考える機会を持つのも良い事だと思う。嫌悪感を持ったり、卑屈になったりしちゃダメだけどね。

  • 舞台は1960年代、まだまだ人種差別意識が根強く残る時代のアメリカ。
    南部の上流階級に生まれた作家志望のスキーターは、白人家庭で働く「ヘルプ」と呼ばれる黒人メイドたちの置かれた立場に疑問を抱き、彼女たちの本音を聞き出すべく直接インタビューを試みる。
    しかしメイドたちにとって真実を語ることは居場所を失うことに等しい。はじめはインタビューに応じる者などいなかったが、1人の女性の勇気ある一歩がさらなる勇気を生み、ついには社会を揺るがすことになる。


    人種差別問題を扱った作品なのに、後味が悪いなんてこともなく最後まであっさりスッキリ観れちゃうところがすごいなと思いました。
    もちろんテーマがテーマだけに重い場面もありますが、同じ黒人差別問題を扱った作品の中でも、かなり見やすいほうではないかなと思います。

    ミニーの豪快さというか、包容力がとてもすき…。

  • すごく良かった〜!テーマは重いし、みんながみんな最終的に幸せになったかって言われると難しいんだけど、出てくる人が良い人ばっかり(全部じゃない)だし、心が温まる。メイド達が自分の雇い主のことを語るところでは、酷い雇い主ばかりじゃなくて、信頼で結ばれてる人もいて、自分の仕事に誇りを持っているのも伝わってきて、前向きになれる映画を観て、自分も頑張ろう!って思えた!!

  • 監督 : テイト・テイラー
    出演 : エマ・ストーン ヴィオラ・デイヴィス オクタヴィア・スペンサー ブライス・ダラス・ハワード ジェシカ・チャステイン


    1960年代のアメリカ南部。黒人家政婦の存在が当たり前の地域社会で育ってきたスキーター。しかし、大学から故郷に戻った作家志望のスキーター(エマ・ストーン)は、“ヘルプ"と呼ばれる黒人メイドを差別する白人上流社会に疑問を抱き、メイドのエイビリーン(ヴィオラ・デイヴィス)に取材を申し込む。彼女たちにとって真実を語ることは南部という地域社会で生きる場所を失うことを意味する。初めは頑なに断るが、親友のメイド、ミニー(オクタヴィア・スペンサー)を巡るある事件をきっかけに、重い口を開きはじめるエイビリーン。社会からの報復を恐れながらもスキーターの執筆に協力する彼女たちの“心の声"は、やがて一冊の本となり世の中に驚くべき変革をもたらすことに―。

  • 紹介文とパッケージの感じから受ける印象よりだいぶ重い話だった。
    いい話だったけど、ありきたりな感じがするこの話がまだまだ必要とされていることに、アメリカの差別の現状があるんだろうと思いました。

  • 歪んだ時代を強く生きた女性たちの話

  • 日本に住んでいると、黒人と白人問題を考える事は殆ど無いに等しいと思います。
    でもこの映画を通して、考える機会をもらいました。
    肌の色が違うだけで、仲良くなれないのですか?
    白人と黒人の違いは何ですか?
    容姿って、そんなに大切ですか?

    どんな人間にも心があります。
    そんな当たり前だけど、当たり前が通用しないという事。
    家政婦という職業は、言葉は悪いですが便利屋さん。
    家事の全てを任せられるという事は、立派な事だとも思い知らされました。
    生活する上で大切な、衣食住を守り管理するという事。

    差別という思いテーマですが、凄く入り込み易い作品になっていると思います。

  • こういう視点からの人種差別をテーマにした映画を観たのは初めてでした。
    黒人奴隷の話といえば、ほとんどが綿花農場とかでの重労働で働かせるとかばっかりだし。
    でもこの話って60年代の話なんですよねぇ。たった4,50年前の話。
    タイトルの「HELP」は助けて~っていう意味ではなく、白人の上流階級の家庭で働く黒人メイドのことなんです。
    家事から育児まですべて! 白人主婦ってなーんにもしないのねぇ。子育てぐらい自分でしろよ!って思いましたね(苦笑)。
    主役の女性もそんな上流階級出身で、ヘルプさんに育てられたような女性。
    たまたま家事のコラムを書くことになって、でも自分は家事ができなくて黒人メイドに教えてもらうんだけど、仲良くなっていけばなるだけ彼女たちの不遇さを目の当たりにし、レポートすることにしました。
    でも、誰もが仕事を失いたくないから本音なんて言えるわけないし。
    少しずつ心を開いて話し出す黒人メイドたち。
    でもやられっぱなしじゃないんですよ、これが。見えないところで反撃もしていて笑えます。
    意地悪役の白人女性がやられるところなんて小気味いいこと!あはは
    だいたい、人間を人間と思っていないところが理解できない。
    でも意地悪な白人女性ばっかりじゃなかったところに、少しは安堵できました。
    彼女が書いた本によって黒人メイドさんたちの地位向上もなされたようですし。
    でも、考えてみると、私たちのいる現代でもあることですよねぇ。
    汚い仕事は安い賃金で貧しい国から働きにきた人たちがしているのも現実。
    ちょっと複雑な気持ちにもなりました。
    重いテーマを軽くコメディ要素をとりいれ、でもずしんと心に訴えるものがある秀作だと思います。

  • カラーパープルを思い出した。こっちの方がソフトだけど。
    サンフランシスコで通りがかりのいかにも頭空っぽヤンキーにJAP!と威嚇されたとき、この国の(アングロサクソン人の)どうにも矯正しようがない、根の深い差別意識を身をもって感じた。
    もっとひどかったのよね。
    そして今でも世界中に差別偏見は溢れてる、情けないけど。

  • 1960年代アメリカ
    黒人家政婦

  • 展開が王道過ぎるが、つい先日に見た『それでも夜は明ける』と
    同じ黒人差別を題材に扱った映画としては後味も悪くなくて楽しめた。
    今なおこういう黒人差別をテーマにした映画が作り続けられる
    アメリカの差別の根の深さって想像し難いが。
    時間が長めだが、テンポも良いし見やすかった。

全45件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする