文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース) [Kindle]

  • 47人登録
  • 3.18評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 9レビュー
著者 : 春河35
制作 : 朝霧 カフカ 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年4月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース)の感想・レビュー・書評

  • 発想が面白い!
    攻撃名は笑ってしまった(笑)

  • 【スタンドみたくなってる♪】
    各キャラ濃くて面白いです!

  • 中二だったらはまってたかもな。
    綾辻行人、京極夏彦、辻村深月のバージョンがあるらしいんだけど、手を出そうかどうしようか…

  • Kindle期間限定無料版。
    最近話題のヤツ。
    全くもってクソつまらない。
    と人気作品をコケ落としたい気分ではあるが、実はそこそこ面白かった。
    とはいえそこそこなのである。
    イヤコレ本当はもっと面白いんじゃないかなと思うんですけど、「文豪」にしてしまったことで面白さがかなり半減してると思うのよね。
    「艦これ」とか「とうらぶ」の盛り上がりに便乗した感が否めないよね。
    ヘタなことしなけりゃかなり面白いんだけどなーと少し残念。
    しかしヘタなことをしなければ世に出なかった可能性もあるから、なんとも言えないよねえ。

  • 薄くて読みづらい!
    芥川先輩という呼び方が自分の妄想とかぶってツボ。

  • 表紙の絵も綺麗だし、実在の作家をモチーフにしたバトル漫画というアイディアも面白いのにAmazonで何であんなに低評価なんだろう…と思ったけれど、読んで納得しました。

    「同人っぽいノリ」という感想を見かけましたが、同人っぽいというより高校の漫研で教科書見て思いついたネタを部誌に描きました、みたいなノリを感じました…。意外な作家の名前をとりあえず出す一発ネタのような…。
    各作家のビジュアルやキャラ・立ち位置に説得力がなくて、台詞や展開が薄っぺらい感じ…ただ作家の名前を使っただけで、別にオリジナルの名前でやっても良いよね、という…。

  • 文豪の名を冠したキャラによる、その作品の名前を冠した能力を振るう異能力バトル!そのアイデアを直球に表現したことは評価したいです。

  • 文豪の超能力バトルモノ。
    中島敦とか国木田独歩とかで。
    でもその彼らは文豪ではない。

    諭吉さんが剣豪的にヤバいってつぶやきを見たことがあるので2巻に期待しておきます。
    (もらったポイントで1、2巻DL)

  •  タイトルに文豪ってつけなければよかったのに、と思いつつ文豪とついてないと話題に上らず自分も購入しなかったかも、とも思う。文豪と前面に押し出すほど文学ネタが深くないんだけれど、タイトルになってなければまあ、許せるかなぁ、くらいのゆるさ。
     文豪を擬人化してジョジョバトルさせるという試み自体は面白いと思うんだけれど。

     正直、この一巻ではストーリーもほぼ進んでいないに等しいし、キャラクタも顔見せ程度にしか出てない面々のほうが多いので評価しづらい。

全9件中 1 - 9件を表示

春河35の作品一覧

春河35の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文豪ストレイドッグス(1) (角川コミックス・エース)のコミック

ツイートする