戦火の馬 [DVD]

  • 246人登録
  • 3.75評価
    • (21)
    • (51)
    • (35)
    • (4)
    • (2)
  • 28レビュー
監督 : スティーブン・スピルバーグ 
出演 : ジェレミー・アーヴァイン  エミリー・ワトソン  デヴィッド・シューリス  ピーター・ミュラン  ニエル・アレストリュプ 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241927460

戦火の馬 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 第一次世界大戦の戦場を駆け抜けた馬の物語。
    過酷な戦争を走り抜いた馬の生命力を描きながら、馬と出会った人間たち一人一人の物語でもある。
    戦争の中にありながら失われなかった人間性を敵味方の区別なく平等に描いており、かつ、民間からの徴発や軽んじられる命の価値、失われていく命といった戦争の暗い部分も照らし出している。
    戦争もののなかでは暴力表現としては間接的に見せたりしてショッキングなものは抑えている印象なので、子どもにみせて戦争というものについて考えてもらうにも良い作品ではないだろうか。
    美しい草原や、照明弾に照らされた夜の戦場を疾駆する馬の美しさ。ドイツ軍のキャンプに奇襲をかけるために、朝焼けに照らされた草原で、粉雪のように花粉の舞う中で馬にまたがり、抜刀して疾走していく英国騎兵たちのシーンは特に美しい。

  • 書評でかなり評判が良かったので、
    動物好きとしては一度観てみたいと思っていた。
    (→映画が公開されたときのCMを観たときも、
    観たいなと思った記憶があったし。)

    TSUTAYAで本を買ったら、
    当日無料特典があったので借りてきた。

    内容的には、『戦時中の「黒馬物語」』。
    (→毛並みは『鹿毛』だけどね?)

    ストーリーは結構雑。
    一つ一つの物語がさらっと組まれていて、
    感動する暇もなく次へと進んでしまったり、
    伏線とかがなさすぎ。

    もっとも、原作はとても評判よかったらしい。
    児童文学だと言うしね。
    多分これも『映画化』ゆえの悪しき部分かも。
    あ゛、『黒馬物語』と同じ運命的な。。苦笑。

    スティーブン・スピルバーグ監督、
    と言うので期待していたのだけど、
    舞台が『第一次世界大戦』と言うこともあってか、
    とても古くさく感じた。

    あと、馬がとても素晴らしい。
    人間が期待したように動き、
    人間が期待したように動かないでいる。
    あまりに無駄な動きがないので、
    CG馬かと思いきや、
    ほとんどが実写とのこと。
    ( ゚Д゚)ノ凸ヘーボタン。

    普通の馬とか犬とか見ているとわかるように、
    耳をくるくる動かしたり、
    突発的に首を振ったり、
    しっぽを揺すったり、
    皮筋を振るわせてみたり、
    じっとしていることが少ない。

    ところが撮影の間中、
    ほとんど動かない。
    さすが名馬(役馬?)。

    あと、見るに堪えなかったのは、
    ドイツ軍の野営地に乗馬突撃を掛けたのはいいが、
    隣接する森の中に用意されていた、
    機関銃(多分、『MG08重機関銃』)陣地の反撃により、
    騎兵隊はほぼ全滅。

    そのさまを俯瞰で流しているのだけど、
    お馬さんがほんとに綺麗に等間隔で、
    ばらけて倒れている。
    苺の種みたいになのだ。

    お馬さんはとても高価で大切な動物だから、
    多分そういう対処方になったのかもだけど、
    リアリティーに欠けてしまって、
    ちょっと冷めてしまった。

    馬の目から見た戦争と言うのとは違い、
    視点がよくわからなかった。
    ただ、
    沢山の人が悲しむのが戦争、
    そう言うメッセージは伝わった。

    鉄条網でがんじがらめのジョーイを、
    命の危険を冒してまで、
    白旗を揚げて助けに行く若いイギリス兵のコリン。
    また、
    同じ思いで出てきた敵方ドイツ兵のペーター。
    『ワイヤーカッターどうするんだろ?』
    と思ったらペーターの一言。
    そして、沢山放り込まれたカッターに、
    笑いと優しさを感じた。
    ↑ここのシーンが唯一心を打ったかも。

    つくづく戦争は愚か、
    &名作を映画化するのは高度なテクニックが要る、
    そう感じた映画だった。

    ○TSUTAYAレンタル

  • 馬というのは、美しい動物だなぁ、と思いながら見た。イギリスの田舎の風景も美しい。途中有刺鉄線にからまれた馬を助けに出るイギリス兵とドイツ兵のやりとりに心温まった。

  • ストーリー自体は想定できる展開。
    戦争中、馬が色んな所有者の所を回って色んな物を見て色んなことを経験し、最終的には無事元の持ち主のところへ帰ってくる。
    ただそれだけなのに、とても感動した。

    最初は畑を耕すだけだった馬が、戦争の騎馬として駆り出され、次に戦争を離れ少女の乗馬馬になり、そしてまた戦争に戻ったと思ったら今度はまるで奴隷のようにただただ大砲を運ばされる…
    同じ「戦争」というシチュエーションでもかつてはあんなに前線で重宝されていたのに…という展開に少し虚しさを感じる
    そのような時代の変遷と扱いの変動についての描写が上手い。そういや時間の流れといえば馬ジョーイが生まれたところからこの話は始まったなあ…

    あと、馬の美しさは必見
    私は馬が好きなので、終始馬に感情移入して見ることができたが、馬を動物園にいる家畜動物の一つ程度に思っている人でもこの馬たちのことを特別にかっこよく、美しい存在だと知覚できるのではないだろうか。
    CGじゃないの!?と思うシーンも多く、もしCGじゃないとしたらどうやってこの表情をさせたのか、メイキング方法がとても気になった。
    怯える目、怒る目、悲しむ目、怒りとともに見せる表情や体に走る筋など何を取っても美しい

  •  第一次世界大戦に送られた馬が飼い主の青年と再会しイギリスに戻るまでを描く。

     ベネディクト・カンバーバッチや トム・ヒドルストンなどイギリスの俳優が豪華に出演。
     馬の持ち主が変わっていくことで、様々な人物の戦争を描いていく。
     第一次世界大戦がちょうど馬が戦争にいらなくなる時だったんですねぇ。。。戦争の最初と最後での馬の扱いの違いには驚いた。
     この映画の何よりのポイントは馬が戦場を走る姿のかっこよさ。これに尽きる。。。

  • HUMICでの請求記号「DVD14/0017/楽楽 : 上級/(147分)」

  • 請求記号:14D225(館内視聴のみ)

  • レンタル>お馬ちゃんに感動(泣)ガーコも可愛い♪元の調教主,少年アルバートとの巡り巡っての再会には泣ける。映像美,ストーリーの展開,共に安定感のあるイイ映画を観ました♪馬の演技力=自然な動きが凄い☆or監督,スタッフの馬への演技指導が巧いのか。。どちらにしろ素晴らしい!騎馬隊の葦の中から突撃するシーンや馬が戦車を乗り越えて疾走する様子等見所は満載で、とにかく映像美><。私的には一時休戦して馬を英兵と独兵が互いに助け合うシーンが印象的、まさに奇跡の馬^^。ラストの夕陽の場面も美しい。

  • ⭐️3.5
    ウマウマ

全28件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

戦火の馬 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

戦火の馬 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする