黄昏に眠る秋 [Kindle]

  • 14人登録
  • 5.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 早川書房 (2013年3月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (396ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黄昏に眠る秋の感想・レビュー・書評

  • 作者の方がツイッターでこの作品のアイディアについて語っていて、とても興味深かったので。
    続編(エーランド島を舞台ということでは4作)があるそうなので読んでみよう。

    以下 @kaagqさんのツイートより
    ヨハン・テオリン作品は二冠受賞のデビュー作『黄昏に眠る秋』(三角和代訳)が文庫化されているので、ぜひお手にとってください。テオリンさんがジャーナリストとして働いているとき、知り合った老人に不思議な話を聞かせてほしいと言ったところ、
    (続)昔住んでいた村の話を語ってくれたそう。村の老夫婦に白紙の手紙が長年送られていた。送り主は罪を犯して逃げた夫婦の息子かと思われたが、彼が異国で死んだ後も、手紙は届きつづけた。その謎を自分なりに解決したいと思って書き始めたら『黄昏に眠る秋』になったそうです。

  • 舞台が北欧の寒村だからだろうか、秋というより冬のイメージ。最近のヨーロッパのミステリーはおどろおどろしい内容のものが多いけれど、これはそのような内容ではなく、淡々と枯れた雰囲気で、大人の物語という感じだ。ミステリーとしての質は高いと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

黄昏に眠る秋はこんな電子書籍です

ツイートする