人間の建設 [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 岡潔 小林秀雄
  • 新潮社 (2010年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (90ページ)

人間の建設の感想・レビュー・書評

  • ■50年前に行われたあまりに知的な雑談

    文芸評論の大家小林秀雄と大数学者岡潔の対談。

    読み終えてから調べてみたところ、最初にこの対談が出版されたのは1965年(昭和40年)だそう。もう50年前ですよ。

    あらすじを引いてみましょうか。

    ----------------
    有り体にいえば雑談である。しかし並の雑談ではない。文系的頭脳の歴史的天才と理系的頭脳の歴史的天才による雑談である。学問、芸術、酒、現代数学、アインシュタイン、俳句、素読、本居宣長、ドストエフスキー、ゴッホ、非ユークリッド幾何学、三角関数、プラトン、理性…主題は激しく転回する。そして、その全ての言葉は示唆と普遍性に富む。日本史上最も知的な雑談といえるだろう。
    ----------------

    有り体にいえば雑談である、と。テーマを決めずにとりとめなく話をしたという意味では確かに雑談なんでしょうけどね。あまりに洗練されているよ。教養ある大人の会話とはこういうものなんですかね。

    50年も前に行われた日本最高峰の頭脳による雑談。
    50年後の平々凡々なおつむの若造は一体何を学ぶべきなんでしょうか。
    と、そこまで肩肘張って読んだわけではないのですが、50年前の会話なのかと噛み締めてみると改めてその遠さにおののきますね。年月も、会話の深さも。

    ということでおののきながらも50年後の若造が感じた面白かったポイントをいくつか。

    ■時間は情緒に近い
    ----------------
    岡:
    時あるがゆえに生きているというだけでなく、時というものがあるから、生きるという言葉の内容を説明することができる。
    時というものがなぜあるのか、どこからくるのか、ということは、まことに不思議ですが、強いて分類すれば、時間は情緒に近いのです。
    時というものは、生きるという言葉の内容のほとんど全部を説明しているのですね。
    ----------------

    岡潔の時間論。「時」という概念と「生きる」という概念はともに存在するものであり、それぞれ互いをを説明すべき存在である。これは哲学的にはある程度一般的な問題に絡むお話ですね。

    哲学における時間問題というのはなかなか面白いものです。難しく考えるとどこまでも難しい問題ですが、時間って何だろうと考えたことのある人は多いと思います。

    私たちは「生きて」います。生きている、というのが何なのかというのはまた難しすぎる問題ですが、一つの考え方として「いま」というこの瞬間を認識していること、という風に考えることができます。「いま」を認識すると同時に、過去や未来について考えることができます。即ち時の流れを認識できるということですね。しかし、未来も、過去も実際には存在しません。私たちの頭の中の何らかの物質が適当な形で結びつき作用することで、過去やら未来やらを想起することはできますが、それ自体が過去や未来の在ること、とは違います。そうした頭の中の物質はあくまで、「いま」存在する物質だからです。こう考えると、時間には「いま」しか存在しないことになります。「いま」を認識するという意味での「生きる」とは、「いま」という時間と通じる概念となります。「いま」という時とは、生きている私たちが認識するものであり、また、「生きる」とは「いま」というこの瞬間という時を認識することであるということ。

    こうした「どこもかしこも現在しかないじゃないか。時間ってなんだよう」という問題に切り込んだ哲学巨人はサルトル先生です。確かサルトル先生はこの問題と非常に苦しげに闘っていたのですが、岡さんの切り口はサルトル的な問題提起に触れつつも非常に軽やか。「時間は情緒に近い」と。なんというきれいな言い回し。軽やかできれいだけど... 続きを読む

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

人間の建設はこんな電子書籍です

ツイートする