こころ [Kindle]

  • 28人登録
  • 4.50評価
    • (5)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 夏目漱石
  • 新潮社 (1952年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (378ページ)

こころの感想・レビュー・書評

  • 夏目漱石、、昔の千円札の人、文豪。

    なんだか夏目漱石を読んでるって言うと、調子こいてると思われそうでなんだか嫌なんですが、しかも五つ星まで付けた上に、これからスゲー面白かったって内容の感想を書こうとしているオレはきっと、分かった気になってんじゃねーよって陰口を叩かれそうで怖いのですが、事実面白かったんだから仕方ないですよね。

    なんでも、“こころ”が発表されたのが今からちょうど100年前の1914年だそうで、なんだかアニバーサリーなニュアンスもあり、凄く良いタイミングで読んだなって気がしないでもないです。

    ただ、どこが面白かったと聞かれると、正直分からないかもしれないです。
    まぁそこが文学の醍醐味だとは思うのですが。

    普通のことを普通に書く、そこが良いところだと思うわけです。

    私のお父さんは、、、とか先生は、、とかいろいろと書きたいことはあるのですが、これがネタバレになるのかどうか謎なところです。
    100年前の話だからネタバレもクソもあるか。とも思いますが、事実オレは内容を知らずに読んで良かった、とも思うので、とりあえず内容には触れないでおきますかね。

    てゆーか、“こころ”って国語の教科書とかに載ってましたよね。
    今も載ってるんですかね。
    嫉妬、後悔、懺悔の念、、、この本から学生達が学び取るもんはいろいろあるのでしょうが、オレの正直な感想としては、“ハチクロ”とかに代表される、甘酸っぱい系のマンガと同ジャンルに分類されるような話に思えたのですが、どうなんでしょう。

    逆に言えば、今現在、今日に至るまでの甘酸っぱい系の物語の原点は“こころ”にあるということなのでしょうか。

    とにかく文がキレイで読みやすい。
    夏目漱石ってやっぱチョースゲーんだな。って素直に思いました。
    久々に、本の中にいて居心地が良くて、もうちょっとこっちに居たい、と思えるような小説でした。

  • 三角関係の話と思いきや、「死」について心理的に迫る「先生」という主人公に魅かれる作品です。

    志學館大学 : やましぃ

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

こころはこんな電子書籍です

こころのKindle版

こころのKindle版

ツイートする