噂のギャンブラー [DVD]

  • 79人登録
  • 2.25評価
    • (1)
    • (1)
    • (11)
    • (21)
    • (6)
  • 19レビュー
監督 : スティーブン・フリアーズ 
出演 : レベッカ・ホール  ブルース・ウィリス  キャサリン・ゼタ=ジョーンズ 
  • ビクターエンタテインメント (2013年7月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988002640096

噂のギャンブラー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ブルース・ウィルスは、薄利多売役者なのか。
    TUTAYAに行けば、パッケージに顔が写ってる率が高い高い。借りてみたら、チョイ役だったのに顔が一番大きく写ってるってこともあるのだから、日本人には人気のある役者なんだろうな。今回の役どころは、チョイ役ではないけど魅力のない役だったな。 話も盛り上がりにかけた。
    賭けの負け金をとりもどすのが山なのかもしれんが、さっさーと終わった。

    最近のブルース・ウィルスのDVDには当たりがないなぁ。

  • ★★★ 3 実話を基にした作品。ストリッパーをしていたある女性がブルース・ウィルス演じる伝説のブックメーカーと出会いその職業で活躍していくまでがあらすじ。女性の成長譚としてみれば面白い。ただ不満なのは「コメディ」映画として借りたのに全然「コメディ」じゃないかという点。邦題も内容にあっていない。その点はマイナスかな。感想はこんなところです。

  • 田舎で個人客用ストリッパーをやっていたべス(レベッカ・ホールさん)はつまらない人生を変える為にラスベガスでディンク(ブルース・ウィルスさん)が社長を務めるスポーツ賭博屋に就職。その中で色々なごたごたが有るんですが、重大性、緊急性、意外性全てにおいて中途半端。この物語は実在したべスの自叙伝を基に作成されたとの事ですが、エンターテイメント的にはもう少し脚色された方が良かったのでは。。。

  • 最初の方はおもしろいと思ってたけど、
    なんか急に不倫の話になって
    ぐっだぐだで終わったw

  • ブルース・ウィリス主演のギャンブルコメディ…かと思いきや、
    主演はレベッカ・ホール。
    アイアンマン3の女生物学者さんをやってた人ですね。

    ド田舎で宅配ストリップをやっていたレベッカさん。

    「アタシ、ここを出てカジノのウェイトレスになる!」
    という、大きいんだかなんだか良くわからん野望を胸にラスベガスへ。

    そこで、ギャンブルで会社をやっているブルースと出会い、
    社員となって仕事を覚えていくが、あまり露骨にブルースに迫りすぎて
    ブルースの嫁(キャサリン・ゼタ・ジョーンズ)が大激怒。

    家庭が壊れるから君クビ。

    と、言われて即見っけた男の家に転がり込み、男の地元で
    ブルースのライバルの下、ノミ行為を始める。

    が、ノミ行為は犯罪なので、いろいろピンチな目に…

    みたいな話でね。
    なんでもラスベガスに実際にいた女ギャンブラーの自伝の
    映画化らしいんだけど。

    この女が糞過ぎてイマイチ感情移入できませんでしたね。
    実話にしては、あまりにも都合が良すぎるし。

    ・ラスベガスで泊まったモーテルで、たまたま会った女にブルースを紹介される
    ・気難しいはずのブルースに即効気に入られる
    ・実は「数字に強い」「スペルに強い」能力者。
     なぜ今までの生活でそのスキルを使ってこなかったのか…
    ・ブルースに振られたら、即効次の男と
    ・ピンチを乗り越えたのは、結局のところ、「実はバレてなかったから」
    ・最後の勝負も策も糞も無い単なる運

    カイジとかさ、他にもギャンブル映画っていろいろあったと思うんだけど、
    「ギャンブル」自体をこんなに軽く、ないがしろに扱った映画は始めてかな。

    最低限の「ギャンブルの魅力」すら客に伝える気が無いというか。
    だから怖さも伝わらないし、全体的に「だからどーした」感が。

  • 2015.04.19
    盛り上がりに欠ける。面白くなかった。
    もうすぐ盛り上がるだろうもうすぐだろうあと5分後10分。と見てたら映画の半分の時間が過ぎていて、結局最後まで盛り上がりに欠けるまま。

  • メリハリのない物語。

  • うーんなんかなぁー
    盛り上がりに欠ける?

  • 女性主人公、賭博師になる。

  • ふーん 主役がもったいない・・・

  • もっとギャンブルチックな話が満載なのかと思ったら、
    期待していたのと随分違った感じだった。
    実話を元に作られてるとかなので、そこに文句を言っても仕方ないのだけど、これだったら別にギャンブルをテーマにしなくても良かったかなあと思ってしまう感じ。
    ブルース・ウィリスはやっぱり凄い存在感ではありました。

  • ブルース・ウィリス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズの共演で贈るギャンブルリベンジ・ムービー。ストリップダンサーのベスは、ひょんなことからスポーツブックを生業とするディンクたちを手伝うことになり、やがてディンクに惹かれていくが…。
    制作年: 2012年
    制作国: アメリカ / イギリス
    原題: Lay the Favorite
    収録時間: 94分

  • ブルース・ウィリスが出ているので見たが、面白くなかった。最近ブルース・ウィリスはつまらない映画に出過ぎているね。もっと作品を選べば良いと思う。何でこんな企画が通るのか… 何も残らない映画。

  • 制作年:2012年
    監 督:スティーブン・フリアーズ
    主 演:レベッカ・ホール、ブルース・ウィリス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、ジョシュア・ジャクソン、ヴィンズ・ヴォーン
    時 間:94分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル2.0chステレオ



    個人客専門のストリップダンサーをしていたベスは、ひょんなことからスポーツブック(スポーツ賭博)を生業とする噂のギャンブラー、ディンクたちのアシスタントをすることになる。
    徐々に才能を発揮し、スポーツブックにのめり込んでいったベスは、仕事だけの関係ではなく、ディンクに魅かれるようになっていく。
    しかしディンクには妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)がいて、関係は進展しない。
    ある日、ディンクはベスに関係を断ち切ると告げるが、その後ディンクはスポーツブックに負け続ける。
    そして、賃金がうまく回らなくなり、仲間をないがしろにしてしまう。
    一方、ディンクたちの元を離れたベスは、ニューヨークの違法スポーツブックに手を出し、ジャーナリストのボーイフレンドを巻き込んで逮捕されそうになる。
    助けを求めるベスのためにディンクたちは再び集結するが、はたしてベスを救うことはできるのか?

  • またしても母上のチョイス。
    ブルース ウィリス助演。
    主演はレベッカ ホールで助演女優にキャサリン ゼタ=ジョーンズ。

    たまたま偶然ですが、今回もまた、吹替がね。まるで素人さんのよう。特に女性陣が。タレント声優ってのともまた違って、声優学校の授業で録ったみたいなんですよ!!いや、ほんとに!!

    で、調べてみたら、本当にどこかの養成所の生徒さんと卒業生が出演していたようです(^_^;)

    日本では劇場未公開だし、マイナー作品だからってことで予算が無かったのかもですが、これだけ豪華なキャスト出てたらそれ目当てで観る人結構いるはずなんですよ。それをみこせなかったんでしょうか。本当のファンなら字幕で観るだろってこと?それにしても、これでOKを出していいのかしら…

    気になる方は、是非借りて確認してみてくださいませ。

    前の記事にも書いた通り、自宅鑑賞の際には他ごとに気を取られてても内容に置いていかれないよう、吹替で観ることが多いのです。

    しかし、これは前半、途中まで観ていて内容のせいもあるかもですが、本当に面白くなくって、観るのやめようかってなったところ、ひょっとしたら字幕に変えたらイケるかも、と。そして実際、内容もそこまで面白くは無かったけれども、字幕にしたら最後まで観続けることができたのです。本当に。

    後半から内容が急に盛り返したってことは無いと思う。実際この内容を映画化したのには若干疑問が残るし、結局伝えたかったことって?と首を傾げたくなるような内容なのです。

    ただ、豪華なキャストが演じる、何となく憎めない人間関係や、人物像。これが観続けさせる。

    ヒロインが終盤シリアスめの台詞を口にするんですが、シリアスに語ってるけど、中身そんなに深くないよね…って。確かに自分自身と重ね合わせてはいるのだろうけれど、そんなに響くような内容じゃない。

    何だったんだろう。

    B級映画ってのとも何か違う。沢山の名作の中に紛れた、取り敢えず撮ってみた作品、そんな感じがしましたね。

    それにしてもキャサリン、小柳ルミ子さんに見えた。

  • ブルースしょぼし。

  • 監督 スティーブン・フリアーズ
    レベッカ・ホール ブルース・ウィリス キャサリン・ゼタ=ジョーンズ

    久々に面白くない映画を見た。
    誰一人として好感の持てるキャラクターがいず、ストーリーもさして面白いわけでもない。
    見終わった後不快になり、見なければよかったと後悔する、そんな映画。

全19件中 1 - 19件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

噂のギャンブラー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

噂のギャンブラー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

噂のギャンブラー [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする