ヘンゼル&グレーテル ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 178人登録
  • 3.07評価
    • (7)
    • (20)
    • (48)
    • (13)
    • (7)
  • 43レビュー
監督 : トミー・ウィルコラ 
出演 : ジェレミー・レナー  ジェマ・アータートン  ファムケ・ヤンセン 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年7月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113747288

ヘンゼル&グレーテル ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ★.:*† 秀逸なダークファンタジー †.:*★





     「フロム・ダスク・ティル・ドーン」を彷彿とさせるような全編ダークな映像は、「スリーピー・ホロウ」のそれとも重なり、どこか美しささえも感じます。 


     実に小気味の良いフットワークでヘンゼルとグレーテルが、まぁよく動くこと!、動くことッ!(笑)    
    最近出演作品にも恵まれ、演技も充実してきているジェレミー・レナーさんのヘンゼルもなかなか良いですよ。 
     
     グレーテル役のジェマ・アータートンさん、近年の女優さんの中でトトゥに並ぶキュートさがあり、個人的にとても好きなのでこちらの作品での彼女も高評価といたします。 

      
     ピーター・ストーメア氏は、この方独特の持ち味である"イカれた演技"を、もう少しだけここでも炸裂させてほしかったような気がします(笑)


     ファム・ヤン・ケン女史の黒魔女ぶりは堂に入ってます!ご本人も相当楽しまれながらの演技だったのではないかしら、と想像します。 
    (殺戮シーンは手抜きのない演出で、エグさもあるため小さなお子様とご一緒の観賞には不向きかと…)    


     仇討ちが伏線になり、本編の最後では "その行為って…?”本当はどこか虚しくもある… というような想いを過ぎらせつつも、魔女ハンターに憧れる青年と、エドワードといういう気の良い怪物君を従えて闊歩して行く様は後味も爽快でした。  



    《余談》

    グレーテルとこのエドワードとの関係が「キングコング」を彷彿とさせる辺り"定番絡み(運び)"ではありますが、焼きそばの端っこに添えられた紅生姜のようにロマンと夢を増幅させ何とも良い感じです。

  • 有名映画でよく見るようなアクションの連続でなかなか楽しめました。ただ、肝心のそのアクションシーンは暗かったり、ごちゃごちゃしていたりで見辛く、何が起こっているのかわかりにくいのが残念です。
    ラスト5分のカッコよさはすごい。

  • まったく期待しないで見たんですけど、何コレ超面白いんですけど!
    なんでコレが日本でビデオスルーなの?
    チョットグロいから?
    いやいやもっとグロい映画たくさんあるでしょ。
    アメリカでもヒットしたのにね。
    しかも続編の企画があるらしい。頓挫しないでほしいな。
    ヘンゼル超カッコいい。さすがホークアイ。
    いやあそれにしても重要そうな人物がバカスカあっけなく死んでいくのでスゴいな。そういうとこも好き。
    童話でクズすぎる両親もこれで印象が変わって良かった。
    マジ面白かった。
    マジで。
    超オススメ。

  • 想像通りのドタバタで中味のないB級映画ですね。ちゃんとバジェット組んだアイドル映画ってトコですね。ジェレミー君は相変わらず演技ヘタクソです(笑)

  • 映画館と機内とで二回見た。
    多分また見る。
    成人したヘンゼルとグレーテルが魔女ハンターになり、ガトリングガンを撃ちまくるという、どう紹介してもしょうもない映画なのだけど、何か好き。
    グレーテルかっこいい。
    ヘンゼルはホークアイ@アベンジャーズのジェレミー・レナー。
    イケてらした。

    ところで、アメリカの映画館でチケットを買う時、「ヘンゼルとグレーテル」と言ったらまるで通じなかった。
    ヘンゼルは英語だとハンソォ、みたいな発音なのね。

  • 退屈、つまらない、たいしたことない。
    3Tが綺麗に揃った映画でした。

    もう少し世界観を作り込んであると良かったと思います。

    一人一人の登場人物の繋がりの描き方が雑すぎる。

  • ざっくりとした単純ストーリーで面白かったです。アクションも結構派手だし、結構グロい。しかし「敵から目をそらすな!」と何度言ったか。2人油断しすぎ。

  • もう何度目かな、書くの。
    「最近、童話の実写映画化がブームよね」
    …って、でもこれはそれとはちょっとまた違う、
    行くとこ行っちゃった感じの作品。

    幼いころ、森で迷い、お菓子の家で魔女に
    殺されそうになったヘンゼルとグレーテル。
    隙を見てうまいこと魔女を焼き殺してめでたしめでたし、と思いきや、
    その後も2人は各地を旅しては魔女を狩り続け、
    ウイッチ・ハンターとして名を上げていくのでした。

    という、ダークファンタジー。

    原作童話ってどんなだっけ?お菓子の家しか覚えてないや、
    と思って調べてみたら、そもそも口減らしのために
    両親に森に置き去りにされるとか、結構ひどい話なのね。

    それに比べれば、映画の方は
    「なぜ、ヘンゼルとグレーテルは2人きりになっちゃったのか」
    の謎も原作とは別の理由が用意されていて
    (終盤に解明される)、人としては希望の持てる話だったり。

    ただ、魔女はもうモンスターと同意で、
    前にみた「モンスタートーナメント」と合わせ技で、
    自分の中での魔女像がおかしくなってきちゃいました。

    唯一魔女の大ボスだけは人間体に変化出来るんだけど
    それでもジーン・グレイことファムケ・ヤンセンだしなー。

    対するヘンゼルはホーク・アイことジェレミー・レナー。
    魔女狩り用の各種ガジェットが凝っていて恰好いいです。

    ただ、民衆による魔女狩り&火あぶりのシーンは
    原作デビルマンで衝撃を受けた世代にはちょっと来ますね。
    特に、良い魔女(白魔道士)が抵抗もせず人間に焼かれていくシーンは…。

  •  大人になったヘンゼルとグレーテルは魔女ハンターになっていた。

     いやぁ、この映画のスタイリッシュさはすごい。かっこよくほどよくスプラッターでテレビゲームのような爽快感。
     魔女ハンターとしての裏付け、ストーリーもなかなか。ヘンゼルが糖尿病という設定は笑った。

     文句なしの一本。

  • 童話の世界のヘンゼルとグレーテル兄妹の、あの物語の後、成長して魔女狩りを生業としていて、魔女が犯人だと思われる子供達の誘拐事件の解決のためにある街に呼ばれる事から始まるエトセトラ。

    魔女狩りが云々言うから、多少のホラー要素が…と思いながら見ていたけれど、見終わった後の感想は「バイオハザードかな…?」だった。
    奇妙な容姿の魔女相手に銃をぶっぱなし、木材でぶん殴り、ナイフで襲いかかる立ち回りが大半。

    こうだったら面白いかなって言うif物としては良くできてるし、面白かったけど、ここはもう少し欲しかったなぁとか、これは余計だっただろがポツポツあったので、うううん!

  • まあまあ面白かった。魔女の顔がどれもこれも気持ち悪かった。R15指定なだけあって結構ぐちゃぐちゃ。
    「復讐しても過去はかわらない。だが気は晴れた」って言葉とそこからの最後のテンションが好き。

  • ジャケットから滲み出るB級感は隠し切れませんね…
    全くと言っていいほど期待してなかったので楽しめました!さくさく進むから飽きなかったし、ヴァンヘルシングみたいに銃ぶっ放すのがスッキリします。魔女っていうか最早モンスターの部類ですね…トロルより醜い魔女ってのも初めて見た気がします。
    この映画だけに言えることじゃないけど、童話が実写化するのにはかなり練らないと完璧にはならないだろうな〜

  • ジェレミーに期待値を上げていたのでちょっと残念な感じが残ってしまった。
    どことなくB級。

  • 相手が基本魔女なので、バンバン銃を撃っていても殺してる感覚が少ないので、あまり爽快感がないのが残念。決してつまらないわけではないし、90分とコンパクトなので好感は持てる。
    ラストも続編がありそうなつくりになっているので、次作は劇場公開があるといいな。

  • 痛快の一語に尽きる。
    子どもの頃両親に森に捨てられ、お菓子の家の魔女に食われそうになったヘンゼルをグレーテルが救い、その後二人が魔女ハンターになったという設定。
    さすがに体が爆発したり、頭が潰されたりとグロいシーンも多いのでお子様には見せられませんが、シンプルなストーリーと、両親に捨てられることになった裏に潜む秘話と、ワイヤーアクションを多用したアクションシーンに釘付けに。ジェレミー・レナーは硬軟どちらの作品に出てもカッコいいですな。

  • ボウガンを始め作り込んだ武器が主役でしょう。この武器をカッコ良くみせる舞台として中世が選ばれたんじゃないでしょうか。「ヘンゼルとグレーテル」が魔女ハンターに成長したという仰天設定も素晴らしい。B級と割り切って、作りたい映画を作り上げましたね。

  • B級感!
    魔法とかCG多いのかなーと思ってたら結構な肉弾戦でびっくりした。むっちゃ鼻血だすやんw
    「復讐は何も生み出さないが、スカッとする」っていう言葉が印象的でした。圧倒的な力があればこそ出てくる言葉かもね。

  • WOWOWで。昔の絵本チックなオープニングが好き。両親に捨てられたと思っていたが実は…という設定は救いがあっていいと思う。ヘンゼル役はイメージが現代的すぎて違和感あり。戦いのシーンは血肉飛び散るスプラッタオンパレードだが意外と平気だった。魔女や悪い保安官をやっつけるという分かり易さが良かったのかもしれない。お菓子の家で食べ過ぎた結果が糖尿病なのは笑える。グレーテルの弓が格好良かった。【追伸】吹替と字幕で2回見ちゃった。結構好きだったのねw

  • 魔女をここまでただの怪物として扱った作品も珍しい。

    というかファンタジー風のB級ゾンビ映画。なだけ。
    お子様に見せてはいけません。

  • 三流なのはパッケージ見ればわかるので覚悟した。
    まあたらーっと見られた。

    狼男にでもなるかと思ってたら、お兄ちゃん糖尿病かよ!
    意表を付かれてワロタ

  • アクションとしてのハラハラドキドキも、スプラッタとしてのグロさも、ファンタジーとしての世界観も、B級映画としての出来もなんだかイマイチ。
    白魔女さんが綺麗なのと、ヘンゼルがイケメンだったので☆1つ追加。

  • 白魔女さんたちの美しさだけを見る映画です

  • お兄ちゃんにしたいジェレミー・レナー№1。
    面白かった。

  • この間観たクソ映画『スノーホワイト』みたいな感じなのかなあと思いながら
    まったく期待せずに観たら・・・全然違った(笑)。

    グリム童話集を元にしたダークファンタジー・アクションというところは
    共通しているんですが・・・こっちの方がバイオレンス・ゴア描写あり。
    『スノーホワイト』の方は、ちゃんとお金をかけたクソ映画でしたけど、
    『ヘンゼル&グレーテル』の方は
    B級志向の下劣ムービー
    普通じゃ勃たないごめんねベイビー
    って感じでした。
    最初っからCGがチープなだけまだマシかも。
    アクションシーンも、『スノーホワイト』よりは全然マシ!!
    でも、「マシ」なだけかなー。ゴア・スプラッタなだけであんまり笑えない。

    脚本がね、魔女狩りってだけで倫理的にどうか(笑)と思うんだけど、
    とにかく魔女を殺戮しまくるだけっていう(笑)。
    で、そう思ってたら良い魔女、白魔道士の魔女が出てきて
    あー、そっちをメインに置くのかーと思ってたら
    最後ほったらかしっていうね(笑)。
    シャム双生児・・・結合双生児の魔女もぶった斬る!!
    そして「俺たちのたたかいはまだまだこれからだ!!」

    全体的にロバート・ロドリゲスの劣化コピーみたいな印象でしたー。
    というか『フロム・ダスク...』の。
    ファムケ・ヤンセン出てますしね。
    この人って『パラサイト』→『X-MEN』の3以来、ずっとこんなイメージが・・・。

    ジェレミー・レナーが好きなので観ましたけど、
    あんまり観る価値はない映画。
    ジェレミーももうちょっと仕事選べっていうか・・・
    良い仕事あげて欲しい・・・。
    『ハート・ロッカー』と『ミッション・インポッシブルGP』はよかったし
    『アベンジャーズ』は大作だけれど・・・
    次の『アメリカン・ハッスル』はそれなりに良い映画っぽいですね。

全43件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ヘンゼル&グレーテル ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする