機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス) [Kindle]

  • 19人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 業田良家
  • 小学館 (2012年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート A ハ...
ラズウェル細木
有効な右矢印 無効な右矢印

機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 人の関係が当たり前にあるのではなく自分で作っていくことができるということをロボットたちから気付かされ続けて涙。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    業田良家ってこういう作品も描くのね。
    イメージとしてはページ数の少ないギャグというか4コマというかそんな感じしかなかったけど。
    中々に面白かったと思う。
    設定としては最近よく見る人型ロボットが世間に溶け込んだ社会。
    人間より人間らしい感情を持ったようなロボットたち。
    でも自分がロボットであり、道具であることを知っている。
    感情なのかプログラムなのか。
    記憶なのかメモリなのか。
    そこにある葛藤のようなものがよい。
    機会があれば続きを購入してもよいかも。

  • 予備知識無く電子書籍で読んでみた感想として、
    手塚治虫の短編集と似た印象を受けた。
    テーマは割とありふれた感情を持ったロボットの悲哀といったところ。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス)を本棚に登録しているひと

機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス)はこんな電子書籍です

機械仕掛けの愛(1) (ビッグコミックス)のコミック

ツイートする