壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫) [Kindle]

  • 14人登録
  • 4.57評価
    • (4)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 山田規畝子
  • KADOKAWA / 角川学芸出版 (2013年5月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (186ページ)

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

  • 三度の脳出血(そのうちの一度は脳梗塞を併発)で後遺症として高次脳機能障害になって医師を続けている女性の手記です。

    私自身、脳出血で(この本の著者と比較したら軽いことが分かったのですが)後遺症に悶々としていたのでとても心が軽くなりました。

    本書で一番大切と思ったのは次の2点です。

    1. 脳卒中に伴う後遺症と認知症は似ているが、前者は失敗したことに気づいている点が異なる
    2. 急性期(発症後6ヶ月まで)のリハビリによる回復は目覚ましいが、それを超えても良くなろうという目標と努力があれば回復は続く(少なくとも2年半くらいは確実に)

    です。

    どちらも、そう、それを分かって欲しいと自分も思っていたので、読んでよかったです。

    1については、「できないこと」と「困っていること」を周りの人にカミングアウトするとよいという話がありました。

    私の場合、
    <上手くできない(できなくなった)こと>
    ・速い動作(普通の速度で歩く、チャッチャと動くこと)
    ・左手の空間感覚が悪い
     - カーナビ(左側にある)のタッチパネルが上手く操作できない
     - 車の左側を擦る(2回あった)
     - 左手のタイプミス(aとs、rとtなど)
    ・物忘れ
     - 受け取って、今読んだメールにかいてあるのに聞いてしまう
     - やろうとしたことを忘れる
    ・発音が悪い
     - 聞き取りにくいと思います。ごめんなさい

    <困っていること>
    ・手すりの無い階段やステップの昇降
     - 講演の雛壇や、おしゃれなお店の入り口など
     - セルフサービスのお店で、トレイを両手で持ち運びながら段差があるとかなりアウト
    ・速さが期待されること
     - プロジェクターにPCをつなぐ

    うーん。書きだそうとするとそんなに見つからないなー。日常生活は(周りの人の優しいヘルプで)何とかなっているのでしょう(多謝!)。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)を本棚に登録しているひと

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)はこんな電子書籍です

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)の文庫

壊れた脳 生存する知 (角川ソフィア文庫)の単行本

ツイートする