甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫) [Kindle]

  • 44人登録
  • 3.65評価
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 賀東招二
制作 : なかじま ゆか 
  • KADOKAWA / 富士見書房 (2013年2月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)の感想・レビュー・書評

  • 転校生にマスケット銃を突きつけられて脅迫されて
    微妙な遊園地に連れて行かれる話.
    「遊園地に行きましょう」
    という誘い(脅迫)だったのに
    遊園地というとテーマパークよ,と返す脅迫者.
    中の人など居ない系の謎なマスコット.
    材料を近所のスーパーに買いに行くレストラン(?).

    一体脅迫者は少年に何をさせたいのだろうか!?
    てか客も居ないのに何故潰れないのか?

  • アニメを見て面白そうだったので読んでみました。
    なんとなく家にラノベの本を置くのが恥ずかしかったので、初kindleで読了。
    あっさり読めたので、電子書籍で正解だったかも。
    テーマパークを舞台にした着眼点はおもしろかったし、制約のある中でカリスマ性のある主人公が仲間と協力して難題を解決する筋立ては正統派で楽しい。
    ただ、この筋立てで行くなら主人公の特殊能力はいらないと思うし、ラストの犯罪については言語道断。
    今一つ惜しい印象を受けた。

  • 賀東招二の新作はちょっといやけっこうファンタジーが入ったテーマパーク立て直しストーリー、なぜかボン太くんもいるでよみたいな。

    最後に主人公が取った手段がちょいと評価分かれそうだけど個人的にはそれも含めて普通に面白かったです。

全3件中 1 - 3件を表示

賀東招二の作品一覧

賀東招二の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)はこんな電子書籍です

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)の文庫

甘城ブリリアントパーク1 (富士見ファンタジア文庫)の文庫

ツイートする