テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]

  • 211人登録
  • 3.57評価
    • (13)
    • (42)
    • (34)
    • (3)
    • (5)
  • 35レビュー
監督 : セス・マクファーレン 
出演 : マーク・ウォールバーグ  ミラ・クニス  ジョエル・マクヘイル  ジョヴァンニ・リビシ  ノラ・ジョーンズ 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2013年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102163471

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • アメリカ社会の現象が垣間見られて興味深かった。
    パーティー、ハッパ、格差がついちゃってる社会、格差をつけたがる社会、いじめ、竹馬の友、アメリカン・ヒーロー、マッチョ文化、テディベアなどなど。「あああ、アメリカン・ティーンエージャーのいうパーティーって、こういう馬鹿騒ぎがありそう」とか。

    傍から見れば、果てしなくダメダメ。でも、最終的に「個人は個人」の価値観で幸せになるのもアメリカ的でよろし。

    辛いことがあったら「ブリジッド・ジョーンズの日記」を観て泣き浄めるというのは自分もやっていそうで吹き出した。メイキング映像を含め、全体の筋よりは、そういう小技の数々にうなりました。

  • お下劣だけど、クマはやっぱりカワイイ。あとダメ男のウォールバーグに帰属意識というか親友として揺るぎない気持ちを見せるのがいい。
    ストーカー親子の登場がストーリー的に機能したかも。ティファニー見ながら一人で踊ってるお父さんが笑撃的。

  • 子供の頃に誰しも願ったであろう、ぬいぐるみと喋りたい!!!というのが

    叶ったらこうなるのか…という話(違うか?)

    人間も大人になれば、テッドも年を取る。見事な中年オヤジ。しかも下品な(笑)

    こんなぬいぐるみが出て、コメディなのにR-15指定。

    観て納得。子供に見せちゃいけないよ~

    映画好きにはたまらない小ネタ満載。

    あまり頭を使わずに見れる映画って好きです。

    七転八倒ありますが、終わる頃にはテッドに愛着が湧いてるから不思議

    しかしマーク・ウォールバーグが見事な中年オヤジになっていた。

    ザ・ファイターの役とは大違いだ。冴えない感じが出てた。

    映画館にテッドがいたので思わず撮影してみた。

    可愛くない言葉を喋りました(笑)

  • 「くまのぬいぐるみがしゃべる」ってことで、
    子どもと一緒に観たのだが、まさかの濡れ場シーン(?)もあり、焦りました(笑)

    「くまモンのほうがいい!」っていうセリフは、ウケた。

  • 大好きで10回は見たと思う。
    tedだから言える下ネタ!
    薬物だって卑猥なこともあのクマが言うからかわいい!
    スーパーのレジでの

    顔射はダメってことか

    のシーンが一番すき!
    ストーリー自体も感動する!

  • 可愛いテディベアがパッケージにあったので、まさかこんな下ネタ全開の話だとは思いませんでした^^; 爆笑でした

  • クソ面白かったwwww

    古屋兎丸のショートカッツでこういうネタあったよな!もしおっさんがテディベアの外見してたらってやつ。
    あれ思い出した。

    思ったのは現実にいたらロリーはほんと大変だろーなってこと。
    だって八歳の頃から一緒なんだもん、しかもコミュ障こじらせてた時に自分を救ってくれたんなら尚更。関係そんなにアッサリきれねーだろーと。

    普通に考えて兄弟、家族だよな。

    ただダメだこいつほんとクソだわって思う悪友ほど一緒にいると楽しいって経験も痛いほど分かる。過去に自分もありました。
    望ましいのはお互いに変われることだと思うけど、結局一緒にいるとロクデナシだからすぐそういう方向にいっちゃっうって悪循環。
    マイナスの共生、依存関係とも言える。

    いや〜、吹き替えで見たけどテッドの台詞にいちいち笑った。

    予想出来る所に綺麗に着地してくれてむしろ読後感は爽快。
    最近の大して面白い事やってねーのにオチはややこしいのが正義みたいな風潮もクソだし、わっかりやすいのが逆に新鮮。

    いちいちクスリとか葉っぱキメるテッドに爆笑。鼻拭けやw
    自分はこの下品さが大好きっすwwww

  • 予想していた以上に下品だった。コンセプトとしては評価できる。子供の頃に魂が宿ったテディ・ベアが、大人になったらどうなるのか。非常に興味深いテーマだ。
    パロディの元ネタが割と古くて、我々よりもさらに上の年代向けかも(『フラッシュ・ゴードン』なんて、Queenを知ってるからなんとなくわかるが、今の世代の人たちにとってはさっぱりわからんだろう)。

  • なかなか面白かったけど思った以上に下品なところが多かった。

  • 子供向けのような内容なのにしっかりと大人向け。
    なかなか楽しめました
    ・・・が、かなり下品でした( ̄▽ ̄;)

  • 日本向けに結構セリフが変わってて面白かった。ぬいぐるみかわいい。

  • 下品はいいんだが、笑いのツボの違いや、
    訳の違和感が気になり過ぎて楽しめなかった。
    話もあまりにありきたり。

  • 2013.9.23鑑賞。
    映画館で観なくて良かった。
    下品すぎるしギャグが全くわからなかった。とにかくつまらない。

  • 劇場で字幕版を観たので吹き替え目当てでレンタル。が、ストーリー的に2度目は飽きるし、吹き替えも馴染めないからすぐやめた。コメンタリとメイキングは楽しかった。テッドがもこもこ動いてるのはかわいい。CGなんて忘れるほどの絶妙な動き。

  • 過去最悪の作品。

  • 監督が映画好きってのがひしひしと伝わってくる。

    エイリアンのビショップ発言がおもろかった

  • レンタル
    面白かったけど、翻訳が日本向けなネタ入れすぎ

  • 雷の歌は笑えた。あとテッドの彼女の名前あてる下り
    続編作れそう

  • 休み中、久しぶりにBD三昧。
    第一弾は、テッド。
    うーん、期待が高かったせいか、面白かったけど、今ひとつな感じでした。

  • 見た目の可愛さからは想像できない発言がいろいろとアダルト。
    おなかのボタンがΣd(゚∀゚d)イカス!そしてせつない。
    苦笑いしつつも面白かった。

  • 吹き替えで見たので有吉さん感が全面にでていた感じ。他の人のセリフもなんだかわざとらしい感じ。。
    かわいいテディベアが葉っぱ吸ったり毒吐いたり、デリヘル呼んだり、、おもしろかった!
    字幕でみたらまた違う印象になると思う。
    若干ハラハラもあり、楽しめました!

    追記
    字幕でみました!こちらの方がジョーク満載、表現力あり、かなり面白いです(^^)

  • 久しぶりに満席の映画館で鑑賞。ボンクラ中年バディムービーにほんのちょっとだけトイストーリーのエッセンスを加えた感じ。ラストはもっとキレイな終わり方があるような。。。でも、笑った、笑った

  • 字幕の人の頑張りがすごいなと思った。ケラケラ笑って観たので劇場で観てないでよかった。
    こういう映画の日本進出で一番可哀想なのは、アメリカ人みんながこういうジョークが好きと思われること。もっとシュールに頭使わせる関東的笑いもたくさんあるよ。

    で、この映画でのジョークは「ひどいなあ、最低だなあ。笑」と言いながら笑いにいく類のジョークだと思っている。ユダヤ人ジョークとかデブジョークとかいろいろ差別的なのもあるけど、常に「よい子のみんなは真似しないでね!」が下に書いてあるのが見えてるのでOKだと思った。むしろボカボカ頭を叩いて突っ込む日本の一部のお笑いのほうが白けると思う。

    言っちゃダメなことを言わないで心の中で思っているより、言っちゃダメなこと言ってるけど、心の中では思っていないし気にしていないほうが良いという話。

    TEDが鼻に白いのつけてるのも、ホントにつけてる人いるよね っていう笑い。こいつらみんなダメダメだよね、が前提だから、笑う以外の感情は求めてない。
    "ヤバいファンの人"も忘れた頃にやってきて、結末等全部見え見えだけど、暖かく見守れます。

    フラッシュゴードン、そういえば一度も観たことない!と思わされた映画でした。今度借りてきます。

    あと時間がなくてせっかくの特典が全部観れなかったのが残念すぎる!かと言ってもう1度借りたいとは思わない!!

全35件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

テッド ブルーレイ (デジタル・コピー付) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする