俺のムスコ [DVD]

  • 30人登録
  • 3.08評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : ショーン・アンダース 
出演 : アダム・サンドラー  アンディ・サムバーグ  レイトン・ミースター  ヴァニラ・アイス  スーザン・サランドン 
  • ソニー・ピクチャーズエンタテインメント (2013年7月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4547462085757

俺のムスコ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 私の好きなアダム・サンドラーのコメディですよ。
    ただ、2011年の「ジャック&ジル」(未見)に続き、本作もラジー賞ノミネート。
    最低主演男優賞・最低脚本賞を受賞しています。

    「ジャック&ジル」では、全賞受賞と言う奇跡を起こしたばかりですので、
    よかったね、この年はトワイライトサーガ/ブレイキング・ドーンPART2(7賞受賞)があって。

    まぁ、評価には「最も稼いだハリウッド俳優」で何年も上位(2~3位)にいるくせに、
    ってな部分もあるんでしょうな。

    さて、お話はある中学生、ドニー・バーガーが
    仲間の手前、ふざけていっぱしの男風に女教師に迫ってみたところ、
    実はこの女教師、ドニー君にベタ惚れで
    速攻で主導権は彼女にうつり、すっかり大人の階段をエレベータで上るドニー君なのでした。

    ありましたね、実際にもアメリカかなんかで
    女教師が生徒を誘惑してやっちゃった話が。
    アレが元ネタなんでしょうねー。

    それ以後、ドニー君と先生は、人目を忍んで(いつもその存在に気付いてもらえないかわいそうな少年を除く)
    学校でやりまくりだったのですが、よりによって全校集会(卒業式?)、
    内緒のつもりで舞台でやりまくっていたら幕があがってさあ大変。
    全児童からその父兄まで、全てにそのさまを見られちゃったのでした。

    女教師は懲役30年の目に。
    しかし、ドニー君は「ガキのくせにすげぇ奴だ!」とばかりに人気ものに。
    TVショウでインタビューに出たり、雑誌で特集が組まれたり。

    2012年。既にドニー君は40歳。
    人気があったのも過去の話。今はろくに仕事もせず飲んだくれては遊んでばかり…
    って最近なんかで見たと思ったら「トッド」でした。

    まぁ、それに限らず小さいころに有名になった奴の運命なんて、
    そんなもんってのが定番なんでしょうな。
    「ディッキー・ロバーツ 俺は元子役スター 」なんて映画もありましたが。

    で、現在のトッド君は税金が払えなくて、このままだと刑務所行きかも。。。と言う状況。
    そんな中、彼の息子が結婚するというニュースが!

    そう、13歳の時のオイタで、女教師は子供を授かってたんですな。
    そして獄中出産の後、ドニー君ちで育てていたらしいんですが、
    大人になってからは家を出、名前を変えてきちんと仕事をする社会人になってたわけです。
    自ら付けた名前はトッド・ピーターソン。
    だって親父ことドニーの付けてくれた名前は「ハン・ソロ・バーガー」なんですもの。

    すっかりビジネスの場で成功者になった息子に金を無心しようと
    ドニー君は結婚準備中の別荘(上司に借りた)に乗り込む。

    トッドことハン・ソロは彼を父としては認めず、友人として紹介。
    ただ周りの連中は、実は糞真面目で面白くないトッド君よりも
    「わっつあ~~~~ップ」
    で乗り込んできて好き勝手遊びまくるドニーの方が気に入ったり。

    唯一、トッド君の婚約相手を除いては。

    ということで、ここからハン・ソロとドニーの変な親子が絆を取り戻したり、
    真面目一本で実は友人もろくにいなかったハン・ソロが徐々に変わっていったり、
    という、まぁアダム・サンドラーお得意のそれなりにハートウォーミングな展開に
    なっていくわけですな。

    まぁ、その辺の定番感がラジー賞もらっちゃうことになるのかもだけど。
    あとは下ネタがね…。
    ドニー君ったらすっかりヤリチンかつ旺盛すぎて処理にこまっちゃう。
    また守備範囲が広すぎて、花嫁のおばぁちゃんと一晩中致したり。

    結婚式前夜にはやっぱりバチェラーパーティで。
    泥酔の末、ド... 続きを読む

  • タイトルでお察しの通り、下品でくっだらないコメディです。
    こういう系の映画、なーんも考えずに楽しく見れるから面白いんだよなー。好き。

  • ★★★☆☆
    ビッグ・マグナムに点火せず
    【内容】
    行方不明だった結婚目前の息子の前に、破廉恥パパ(アダム・サンドラー)が現れた!

    【感想】
    日本では不人気ですが、アダム・サンドラー好きです。
    笑いの中に心温まる作品を撮らせたらハリウッド屈指です。

    今作は、お下劣です。お下品です。
    それ以上でもそれ以下でもありません。

    個人的には嫌いじゃないのですが、誰かと見たいかというと見たくないです。

    裏アカデミー賞のゴールデンラズベリー賞の最低作品賞にノミネートされ、アダム・サンドラーは最低主演男優賞を獲得しましたww

    原題は「That's My Boy」。邦題はそのままですが、カタカナにした担当者に拍手!

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする