ワールド・ウォーZ [DVD]

  • 797人登録
  • 3.22評価
    • (32)
    • (119)
    • (230)
    • (70)
    • (7)
  • 181レビュー
監督 : マーク・フォスター 
出演 : ブラッド・ピット  ミレイユ・イーノス  マシュー・フォックス  デヴィッド・モース 
  • 角川書店 (2013年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111245373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ワールド・ウォーZ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ★~ヨイショしたくてもハズレ感が重くて担げない~★

    イスラエルの壁にゾンビの雪崩は面白い絵だったが、
    近隣の民族からしたらちょっと意味深ですねぇ。

    ブラピはヤバい所へ出張するんだから
    毎日、携帯に連絡するからねって、それはナシでしょう。

    せめてマナーにしておきなさいよバカもんって笑っちゃいました。

    極めつけは、無数の保管ワクチンの中から
    テキトーに取り出した1本がビンゴ!

    えっ~そんなアホな~話がうますぎるよ。

    家族愛ったって自分達さえ良ければいいのかぁ?!

    ブラピ家族を匿ったあの父子のほうがよっぽど
    人間ができているじゃないか・・・

    もったいない作品だなぁ

  • 一言でいうと、ゾンビの映画だよ。
    それ以外の何物でもない。

    ゾンビと言えばB級映画の王道。
    それをA級映画にしたっていうことです。
    めっちゃ足が速いゾンビです(笑)

    最後も「そこかい!」って言うくらいの
    ありきたりの解決策。

    金かけているだけに
    ハラハラドキドキはしたし
    観て失敗とまでは思わんが…

    原作はもっと面白んかな?

  • ゾンビはアリの集団、超個体的なウィルスと考えたらどお?

  • 地上波放送⚑⁎∗

    パニック映画好きなので期待して観たのですが
    最初っからありがちな雰囲気( ´•௰•`)
    途中からは携帯片手に流し観な……

  • TVの土曜プレミアムで観た。
    すごーく運の良い男と、おばかさーんたちが織りなすパニックムービー。
    周りが足を引っ張ったり、後手後手だったりで大変。
    面白かったけどね。
    撮影規模も過ごそう。
    それにしても奥さん(カリン)の声、誰だろと思ったら篠原涼子だった。
    許さないリストに乗っちゃうよ。

  • どっちが先かわからんが、アイアムアヒーロー的な・・・。

  • アメリカはゾンビもの好きだね
    B級もブラピだと…
    これがブラピ最大のヒット作とは…
    1年前に観たのも忘れていた程

  • バイオハザードやん!
    こういう映画は主人公がチートなので筋書き通りでした。
    やっぱり日本映画にはないスケールなので、その辺は見ていて楽しかったです。

  • 足が速く力持ちのゾンビ。ウォーキングデッドのウォーカーはあんなにトロいのに... ブラピがイケメン過ぎて国連職員にはとても見えず... しかし米国の映画はスケールが違いますね。邦画ばかり観てたから(^_^) ※奥さんは、ザ・キリングのリンデン刑事だったらしい!雰囲気が全く違って気が付かなかった。

  • 人類絶滅!
    全人類に告ぐ、来たるZデーに備えよ! !
    その朝、すべてが激変する。

    ■最期を意味する文字“Z"それは人類にとって何を意味するのか?

    いつもと変わらないと思われた平穏な朝が、突如として地獄へと変わる―
    人間を狂暴化する“謎のウイルス"が爆発的に大流行し、全世界に壊滅的な打撃を与えていた。
    迫りくる脅威から最愛の妻子を守るため、主人公のジェリーは命を懸けて奔走する。

    ■ブラッド・ピットが映画化を熱望したマックス・ブルックスの世界的ベストセラー小説を大ヒットシリーズ『007/慰めの報酬』、アカデミー賞作品賞候補となった『ネバーランド』のマーク・フォスター監督が手掛ける!

    想像を絶する緊張感と壮大なスケールで描き出された、究極のパニックアクション大作の誕生。

    ■ストーリー

    その日、ジェリー(ブラッド・ピット)と妻、2人の娘を載せた車は渋滞にはまっていた。
    一向に動かない車列に、これがいつもの交通渋滞でないことに気付くが、次の瞬間、背後から猛スピードで暴走するトラックが迫ってくる。
    必死で家族を守り、その場から逃げだしたジェリー。
    全世界では爆発的に拡大する“謎のウイルス"によって感染者は増加し続け、大混乱に陥っていた。
    元国連捜査官として世界各国を飛び回ったジェリーに事態を収束させるべく任務が下る。
    怯える家族のそばにいたいという思いと、世界を救わなければならないという使命の狭間で、ジェリーは究極の選択を迫られる。
    感染の速度は加速する一方で、人類に残された時間はわずかだった―。

  • 俺たちの戦いはこれからだ!!!!ハリウッド版ゾンビエディション。

  • 原題:WORLD WAR Z (2013年)

    “ベストセラーを記録した、マックス・ブルックスの小説を実写化したパニック大作。人間を凶暴化させる未知のウイルスの感染原因を解き明かそうと、感染者と非感染者の死闘が繰り広げられる世界各地を駆ける元国連捜査官の姿を、息詰まるタッチで活写する。ハリウッドスターのブラッド・ピットが主人公にふんし、製作も兼任。監督は『007/慰めの報酬』などのマーク・フォースター。無数の感染者が群がって生じた巨大人柱が防壁を越えようとするなど、圧倒的映像の数々に息をのむ。

    元国連捜査官のジェリー(ブラッド・ピット)と家族の乗った車が、渋滞にはまっていた。すると、前方で爆発音が聞こえ、トレーラーが無数の車をはじき飛ばしてクラッシュし、パニック状態の群衆が通りになだれ込んでくる。そのただならぬ状態から家族を守ろうと、妻子を連れて逃げるジェリー。やがて、彼は人間を凶暴化させる未知のウイルスが猛スピードかつ世界的規模で感染拡大しているのを知る。そんな中、元国連職員の技能と知識を買われたジェリーは、各国を回ってウイルスの感染原因を突き止めるよう依頼される。”

    初めは凄く引き込まれた。
    それだけに中盤以降の失速が目立つ。
    今をときめく?ゾンビものだけど、足の速いゾンビは本当厄介だと思う。

  • ゾンビの動きと言えば、ヨロヨロとのろいイメージだけども、この映画のゾンビはと言うと、ちょー速い。50m6秒代選手。
    それに負けず劣らないのが、ブラピの判断力と行動力の迅速さ。
    速さ。が見応えの作品。時代に沿ってるゾンビ映画。

    ドヤ顔で、ペプシを飲んでガラガラと音を立て、ゾンビの群れと逆流して歩くブラピに惚れる。
    金ローなので、やはり、MUSEのOPはカット。

  • テレビ放送で見る。
    2時間になっていたので、かなりのところがカットされていたのだと思う。
    ホラーは嫌いなジャンルですが、ブラッド・ピットの魅力のおかげか、熱中して見られた。
    カットされた部分が多かったのだろうが、女性の兵隊がキーマン?、薬の選定に関しての当てずっぽうの自身は何?とわかりづらい点が複数あった。

  • めちゃめちゃめちゃめちゃ面白かった~!!こういうの手放しに好き。ブラピはかっこよすぎるけど。バイオハザードと混じってる感じやけど、面白いし良いと思う。続編楽しみ!!

  • 最初めっちゃおもしろいのに飛行機が落ちてからもー別の映画みたいに地味。いろいろあって資金難だったそうで…
    ペプシが世界を救う話。

  • 人垣(ゾンビ垣?)が山のように膨れ上がる有名なシーンをはじめとする大規模なモブシーンは、数あるゾンビ映画の中でも屈指、映画史上最高かもしれない。他にも大規模な予算をかけた派手な見せ場も多いが、何をやりたかったのかはイマイチ謎。冒頭は喘息の娘を抱えた家族モノかと思っていたのだが、早々に保護、その後はバイオハザードっぽい戦闘や陰謀、パンデミックものにありがちな感染経路やワクチンの探求。ラストの尻つぼみ感は脱力、失笑モノ。それにしてもゾンビが走るようになるとタチが悪い。☆3

  • ウィルス感染パニックものだけど、途中からバイオハザードぽくなる。
    悪くは無いが設定の作りが粗く、ツッコミどころが色々あり惜しい。

  • 2016.2.19 テレビで鑑賞
    思ったよりも面白かった。原因を特定できず、解決策も見つからず、ただ対応策のみが判明して終わるラスト。

  • ウイルス、感染して犯された人間が襲ってくる、薬を取りに行く、・・・なんかよそで見たことのある設定、やはりゲームの影響が大きいのか

  • 何が起こったの⁇とはじめは一気に惹きつけられたけど、似たようなストーリーを見たことあるぞ!な内容だった。

  • B級感ただようゾンビもの。
    イントロがスピーディだが、ラスト前にもたもた。
    もう少し安上がりなトム・クルーズ『宇宙戦争』に負けた。

  • 劇場で予告見たとき壁を登るゾンビが衝撃的だったけど、ゾンビものではなく感染パニックものとして作ってある。ゾンビだから抹殺できるけど、姿が変わらなかったらどう対応するのか怖い。

  • 博士が唐突すぎwwwww すぐ死んだw
    主人公もラッキーすぎだしw

    でもとりあえず、とってもおもしろかった٩(๑ᵒ̴̶̷͈᷄ᗨᵒ̴̶̷͈᷅)و

  • ■タイトル

    タイトル:ワールド・ウォーZ

    ■概要

    その日、ジェリー(ブラッド・ピット)と妻、2人の娘を載せた車は
    渋滞にはまっていた。
    一向に動かない車列に、これがいつもの交通渋滞でないことに気付
    くが、次の瞬間、背後から猛スピードで暴走するトラックが迫ってくる。
    必死で家族を守り、その場から逃げだしたジェリー。
    全世界では爆発的に拡大する“謎のウイルス"によって感染者は増
    加し続け、大混乱に陥っていた。
    元国連捜査官として世界各国を飛び回ったジェリーに事態を収束さ
    せるべく任務が下る。
    怯える家族のそばにいたいという思いと、世界を救わなければなら
    ないという使命の狭間で、ジェリーは究極の選択を迫られる。
    感染の速度は加速する一方で、人類に残された時間はわずかだった―。
    (From amazon)

    ■感想

    原作は知りません。
    ゾンビ映画としては、大々的に移動しますね。
    アメリカ、韓国、イスラエル、イタリアとまあ、よく移動するものです。

    導入部分はゾンビ映画らしくいきなりはじまりますが、ゾンビが凄い。
    28日後をさらに進化させた、もはやスーパーゾンビ。
    あんなのが集団に襲ってきたら怖すぎでしょう。
    イスラエルの壁の場面などは迫力満点でした。

    ただ、一つだけ。
    これゾンビ映画ですが、ホラーでは無いです。
    アクションゾンビという感じです。
    ゾンビは怖いのですが、その怖さよりもアクションを重視している
    のかな?と思います。

    内容はゾンビウイルスの発生源を特定する目的で色々な国を移動し
    ますが、行動が生きあたりばったりとご都合主義なので、内容的には
    特に何も無いという感じです。
    でも、物語にほとんどだらけた場面がなく、一定の緊張感が続いて
    いるのは良かったと思います。

    ゾンビ映画の中では面白い方だと思います。
    続編は全然違うものになるようですし、続編の方が面白いかもしれな
    ですね。

全181件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ワールド・ウォーZ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする