相場師一代 [Kindle]

  • 15人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 是川銀蔵
  • 小学館 (1999年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (194ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

相場師一代の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本で始めて是川銀蔵氏のことを知った。現代で言う、ウォーレン・バフェット、ホリエモン、そこに海賊と呼ばれた男の要素の原型のような方。読んでいてグイグイ引き込まれる自叙伝。

    10代の頃から商売を通じて切った張ったの修羅場をくぐり抜けながら、起業家としての成功、経済研究に埋没する30代前半、その後株式投資家へ転身し、そこから更に国策企業の経営で日本の戦争を産業から支え、敗戦後は米の二毛作を開発してGHQに対抗し、再び株に舞い戻ってくる。大荒波の人生は本当に映画のよう。

    ■読書メモ
    カメ三原則
    ①銘柄は水面下にある優良なものを選んでじっと待つ
    ②経済、相場の動きからは常に目を離さず自分で勉強する
    ③過大な思惑はせず、手持ち資金の中で行動する
    投資の五箇条
    ①人がすすめるものでなく自分で勉強して選ぶ
    ②2年後の経済の変化を自分で予測し、大局観を持つ
    ③株価には妥当な水準がある。値上がり株の深追いは禁物
    ④株価は最終的に業績で決まる。腕力相場は敬遠する
    ⑤不測の事態などリスクはつきものと心得る
    ・株価が大天井を打つときは、不思議に高値乱高下の現象をおこし、その後、総買い相場で大天井を構成する。その後必ず暴落する。
    ・買って売って休む、これが商売で成功する三筋道
    ・もうは、まだなり。まだは、もうなり。

  • こちらの本は、是川銀蔵氏の自伝です。
    相場師として有名な方ですが、相場師になる以前から、波乱万丈の、すごい人生を歩まれていたんですね。
    連れ添った奥様は大変なご苦労をされたのではないかと本編の端々からも感じられましたが、昭和の男らしい銀蔵氏の生き様は、一読の価値があると思います。

  • 現代の侍のような相場師、是川銀蔵。
    己を信じ、義の道を弛まぬ努力で突き進む、その生き方に惚れました。

    丁稚奉公をしていた少年時代から、稀代の相場師となるまでに歩んだ道筋が書かれています。

    自伝ではありますが、彼の投資哲学やルール、相場を張る際の根拠などが書かれており、とても参考になりました。

  • 波乱万丈の生き方。男の中の男といえる人生だとう思う。それを支えていた妻の存在の生き方(多くは語られていないが)にも感心した。相場に向かう心構えが半端ないですね。血のにじむ程の学習、勉学を励んだ上だからこその相場観、そして自信なんですよね。いや~圧倒されました。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

相場師一代はこんな電子書籍です

ツイートする