生贄のジレンマ (上) [DVD]

  • 15人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (3)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : 金子修介 
出演 : 須賀健太  竹富聖花  木ノ本嶺浩  山本ひかる  菅野莉央 
  • ジェネオン・ユニバーサル (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102159498

生贄のジレンマ (上) [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 高校卒業式の日、久しぶりに登校してきた篠原(須賀健太さん)は教室に入ると直ぐに優美(山本ひかるさん)から凄くダサい時計を渡され腕にはめる事を促される。教室の角には見た事のないモニターが設置されているのだが、突如、画面には怪しいパペットが現れ、「今から1時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法があります、それは生贄を捧げることです――」というアナウンスがされた。卒業式当日にこんなふざけた事っと思う生徒達だが、1時間後に本当に生徒が死亡してしまう。。。絶望と恐怖の中、篠原は冷静にこの状況分析と解決の糸口を見つけようとするのだが、その間にも次々、犠牲者が増えていく。どうする、篠原?

  • もうすこし深い話かと思いきや
    割と表面上だったので続きはいいかなと思いました。

  • 卒業式のために学校に集まった生徒たちがデスゲームに巻き込まれ、自分たちの中から生贄として差し出す人間を投票により決定していく。底の見えない穴を校庭に掘った方法やゲーム主催者の意図など不明瞭な部分が多く、また登場人物の多さから視点がコロコロと切り替わるため、なんだか乱雑な印象を受ける。TEMというSAWで云うビリー人形、インシテミルで云うインディアン人形、ダンガンロンパで云うモノクマ的なキャラクターが登場し、作中の世界ではくまもん並みに人気を誇っている設定らしいのだが、コイツに魅力がないのも惜しい。三部作のうちの一作目だしほんの導入部しか見ていないことになるのだろうけれど、中編・下編に手が伸びにくいのが正直なトコロ

  • 制作年:2013年
    監 督:金子修介
    主 演:須賀健太、竹富聖花、木ノ本嶺浩、山本ひかる、菅野莉央
    時 間:84分
    音 声:日:ドルビーデジタルステレオ


    高校卒業の朝、篠原純一が数週間ぶりに登校すると、校庭に底の見えない巨大な穴が出現していた。
    そこへ突然「今から1時間後にあなたたちは全員死にます。ただし生き残る方法は生け贄をささげることです」と謎の校内放送が流れ、篠原や同級生の鈴木理花らは、否応なしに理不尽なサバイバルに巻き込まれていく。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

生贄のジレンマ (上) [DVD]はこんな映画です

ツイートする