未来世紀ブラジル [DVD]

  • 56人登録
  • 3.68評価
    • (6)
    • (7)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
監督 : テリー・ギリアム 
出演 : ジョナサン・プライス  ロバート・デ・ニーロ  キム・グライスト  マイケル・ペイリン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142958426

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

未来世紀ブラジル [DVD]の感想・レビュー・書評

  • (原題: Brazil (ブラジル) /1985・イギリス/監督・脚本テリー・ギリアム)

     20世紀のどこかの国。最初は役所の有能な職員だったはずの主人公が、夢の中で恋した理想の女性に現実世界で遭遇したことから、管理社会の暗部で身を滅ぼして行く姿を描いている。

     上流社会の出身でありながら情報省内で地位の低い部署に満足していた主人公は、母のコネによる昇進と栄転を断る。しかしその直後、ずっと夢の中に登場していた理想の女性像そっくりの人物に遭遇して後を追うが逃げられてしまい、彼女の情報を手に入れるためだけに、もう一度コネによる部署の変更を願い出る。しかしその安易な考えが災いし、主人公はどんどん反社会的な行為に迷走して行く。

     情報統制によって厳しく管理された未来都市を描いた有名なカルトSF映画。全くCGの無かった時代の特撮シーンはいかにもミニチュアとハリボテのセットだが、寓話的演出によってそのチープさがむしろスパイスになっており安っぽく感じさせない(それがテリー・ギリアム監督ならではの持ち味の一つ)。

     その一方、情報省内部の各フロアのセットは凝った作りで、とても巨大で深淵な建物を感じさせる。中でもクライマックスに登場する拷問部屋の空間表現は圧巻(背景画かも知れない)。またTVやコンピューターなどの機器は非常にレトロフューチャーなデザインと構造になっており、それが作品の時代性を曖昧に見せている。

     たぶん三度目となる今回の鑑賞では、主人公のお坊ちゃんぶりがやたらと鼻についた。もちろん主人公のそのおマヌケな行動があってこそストーリーは次々と進展して行くわけだが、せっかく出会えたヒロインをどんどん危機に導いて行っちゃってどうするんだよ!とツッコミたくなった。ラストは極めてブラック。アンハッピーエンド。

     そうそう、この映画を観たらなぜか眉村卓のSF小説『わがセクソイド』を思い出した。管理社会の中で女(セックス用アンドロイド)を連れて逃亡する男の話を。あれも最後はアンハッピーエンドだった。

     もう一つ今ごろ気づいたことだが、お気に入りの映画監督にテリー・ギリアムに良く似た作品を作る人がいた(影響は少なからず受けていると思われる)。フランスのバンド・デシネ(フレンチコミック)の著名なコミック作家であり、すでに『バンカー・パレス・ホテル』『ティコ・ムーン』『ゴッド・ディーバ』という3本のSF映画を監督しているエンキ・ビラルその人である。

     もしテリー・ギリアム作品が好きな人でエンキ・ビラルの映画を知らない人はぜひ一度観てみることをお勧めする。ハリウッド的な分かりやすい派手さはないし、テリー・ギリアムのようなブラックなオチもつかない、なるほどこれがフレンチコミックかと思うようなレトロで小洒落た雰囲気を持つ映画である。個人的には『ティコ・ムーン』が好き。

  • ※暴力及び流血、性描写の含まれる作品です。

    【印象】
    架空の管理社会をスラップスティック。

    【類別】
    SF、ユートピア/ディストピア、ブラックコメディ。

    【脚本等】
    異なる部分は多分にありますが、ジョージ・オーウェル『1984』のようなものだと考えてください。

    【画等】
    撮影視点の動かしかた等の視覚演出具合が好みです。
    また、57分の歌いだす主人公の場面に笑いました。

    【音等】
    効果音がコメディそのものです。
    軽快な音楽が多めです。

    【備考】
    実在する国家であるブラジルを描いた作品ではありません。

  • 体制風刺というか、警告の意味合いも含まれているがそんなに重くないところが良かった。

    情報管理、不死への欲望、自己利益の増進など今の社会で問題とされるテーマは漏れなく含まれているのではなかろうか。

    結局サムも「社会のため」に情報統制に反抗しているのではなく、自分のためにしているところが面白い。

  • 情報省の局員サムはヒーローになり美女と会う夢をみる。
    ある日、情報省が誤認逮捕した隣人を助ける為、講義に来たトラック運転手の女性ジルが夢の女性とソックリだと気づいたサムは・・・。

    80年代らしいSF映像だけど、今を描いてる様なブラックなシチュエーションも沢山あるなー!

  • 私のテリー・ギリアム初体験は当時公開してた「12モンキーズ」だ。
    当時私は10歳くらい。ブラピ目当てに見たがタイムループの難解さやディストピアにあくせくしながらも、切ないラストシーンは今だに鮮明に覚えている。
    映画評論家の町山さんのとある談にて登場したり、新作が発表されたりと興味が湧いたので鑑賞。

    昨今の私が敬愛する特撮監督さん方がたくさんの影響をこの映画に受けたろうなと、原点を観た感動と、監督の頭の中のイメージを鮮明にとても細かくしかも手作り感たっぷりに映し出され感銘を受けた。

    もちろん監督と以外のクリエイターさん達とのケミストリーあってこそなんだろう。

    やっぱりラストは切なかったが(最近観たジュード・ロウ主演映画がまんまだったな)、だからこそラストの壮観は胸に残ってる。
    個人的にダクトやスチームパンク好きなのでコンセプトデザインに大変大変萌いただいた。

    クリエイターさん達のプロフェッショナルさと少しのユーモアと遊び心、最高の贅沢だった。

  • 近未来。書類とサインと「情報を扱う役所」が全てを決める社会。許可と削除を握る役所。簡単に言えばディストピア。
    ダクト、スーツ姿で集団がすれ違う職場、ゲテモノ金持ち達、爆弾テロになれてしまった人々、宇宙食みたいに効率化されてしまった食事、舞う書類、連なる壁と窓の住居地。悪夢的なイメージがこれでもかと。

    夢の中の「理想の姫」を目の前にしてその他のことをとっちらかしていくサムがなんとも。
    なかなかジルに接触できなかったり理解してもらえなかったり道も険しい。
    最後、やっぱそうなるか…

  • 寝る前に見ると嫌な夢見そう

  • 統制社会を独特のイメージで描いてるんだけど、さすがに荒削りすぎて、テキトー感が否めない。
    勢いだけの思いつきで作ってる感じ。

    ただ、ラストシーンは非常に印象的。

  • デザイン性のある映画である。
    実にこっている。
    電話の複雑性。
    テレビのアンティーク風。
    パソコンのもつアンティーク性。

    女性ののるトラックがかっこいい。
    サムという男の行動性。

    そして、ストーリーにおける「文明批判」
    「情報管理、情報剥奪」という、
    情報を軸とした国家システム。
    書類ですべてを拘束しようとしている社会。
    それに違反したら、拘束し、処罰する。

    「かわいい」ということが、
    付加価値であるといわれている。
    それは、機能としての役割が、
    感性に関与しているためだ。

    「本質的価値」と「付加価値」を区別することは
    大切であるが、「かわいい」という言葉は、
    価値をあらわしている。

    かわいいということは、商品の魅力としての価値である。
    かわいいをつくりだしたものが、
    いま時代のこころをつかまえている。

    「かわいい。」ということをすべての基準に
    したデザイナー「秀和」という男の物語を
    テレビで見た。
    私たちの考えている「かわいい」と
    いうモノと明らかにちがった。
    「かわいい。」ということが、エネルギーになり、
    しあわせの根源であるという。

    かれは、タバコという存在は、
    害を与えるという宿命をもっている。
    しかし、害をもっている存在価値は、
    生きている意味がある。
    生きていて意味がない存在よりはいいという。

    かわいいという存在は、
    その中で一番大切な存在価値であるという。
    おもしろい発想である。

    変異するモノとしての流れ
    変異しないモノの頑固な考え
    人間としての「麻薬」がいる。
    巨乳、巨根、巨穴

    エンブレムの経済。基本は、
    日本的にいえば「見栄の経済」
    胡蝶蘭が、そのエンブレム;見栄に乗れたことが大きい。
    その前は、シンビジウムであった。
    百貨店の包装紙が、エンブレム。
    三越に胡蝶蘭があっていた。

    層も、エンブレムを大切にする人が集まってきている。
    ダイエーに胡蝶蘭があわないのは
    見栄を買いに来る人が少ないということである。
    つぼや焼きとパフィオ

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

未来世紀ブラジル [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

未来世紀ブラジル [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

未来世紀ブラジル [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする