タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書) [Kindle]

  • 29人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 中根千枝
  • 講談社 (1967年2月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (189ページ)

タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 60年代に書かれたとは思えない、良書。日本人の特徴、正確には、単一民族の特徴を明確に表しており、日本人とは何ぞや、ということを理解するのにとても参考になる本です。グローバル化が進む今だからこそ改めて読んでおいた方がいい本。

  • 半世紀前の出版だけど、今の社会を分析しているかのよう。もっと早く読んでおくべきだった。

  • 日本の社会と正反対なのは、欧米でも中国でもなくインド社会なのだという。すべてが縦に連なる日本社会。しかし、動員力があり、思想の統一が容易いが、横の繋がりにはてんで弱い。タテとヨコの人間関係のお話がこの本からならば、なかなかすごいこと。
    書評が作品ではなく、著者についての批評になりやすいという話にはぎくり。日本人はどうしても人間関係や感情で捉えてしまうということだろう。
    日本の社会の論評、古典の名著であった。

全3件中 1 - 3件を表示

中根千枝の作品

タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タテ社会の人間関係 単一社会の理論 (講談社現代新書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする