Cobalt (コバルト) 2013年 07月号 [雑誌]

  • 14人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 集英社 (2013年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910039290739

Cobalt (コバルト) 2013年 07月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 「紫陽花茶房へようこそ ふたりのための英国式魔法茶<イングリッシュポーション>」 かたやま和華
    「天涯の王女 〜黒衣の君はほほえまない〜」 御永真幸

  • 今月号は豪華にテーマ2本立て!
    ジャパネスクファンタジー小説特集
    和風で雅やかな恋が満載!?

    大きな江戸のいちばん奥には
    青木祐子 イラスト/鳴海ゆき
    『ヴィクトリアン・ローズ・テーラー』『上海恋茶館』の青木祐子が描く江戸の世界!
    →お玉と春ちゃんのお話。大奥のお末からの出世物語のような、純愛のようなお話。誰がどうなるのかという引きがあって読ませられるのは、さすが青木先生。幼馴染の子の恋からくる狡猾さみたいなのは面白かったな。人物描写や関係性の描き方がいい!

    紫陽花茶房へようこそ ふたりのための英国式魔法茶(イングリッシュポーション)
    かたやま和華 イラスト/瀬菜チナリ
    月子が働く紫陽花茶房の店主は、英国人貴族を祖父にもつという青年・紫音。店には今日も不思議な客が訪れる…?
    →大正時代の洋館、魔法茶、人外、など世界観が独特で素敵。月子のしっかりした経済感覚や自立心は、共感というか憧れる。紫音は難しい日本語を積極的に、でもたどたどしく話そうとしてるところがかわいし素敵。比呂子さんの儚げな感じもよかった。こういうお店ものって、ゲストキャラの描写も説得力ないと面白くないからねー。

    猫姫さまの婿取り
    藍川竜樹 イラスト/サカノ景子
    妖しの主・真白は妖力維持のため人間の一夜婿を迎えることに。その相手は真白が"人間"だった頃の初恋の君で…。
    →これも世界観が素敵。三笠なので奈良時代かと思いきや、じつは鎌倉時代らしいけど。婿どのが侍に誇りをもった、誠実な人なのが好感もてた。あと、この作者さんの作品は、ほどよく色気があってうまい。見習いたい。



    異世界トリップ小説特集
    ある日、目が覚めたら別世界!? 波乱とトキメキの旅のはじまり!

    ようこそ、民生省異世界人課へ!
    我鳥彩子 イラスト/深山キリ
    目が覚めたら、見知らぬ世界の王子様のベッドの中――!! 大晦日の夜、異世界へ飛ばされた鈴木シウの運命は――!?
    →SFっぽい世界観が面白い。王国の様子や象形文字などの文化、呪いと恋愛と異世界人をうまくリンクさせてるところも。シウはマイナス妄想が激しいけど、自立心のある女の子で、そのことが異世界にとばされた心情に説得力もあって、よかった。兄だと思ってた人と恋に……というのも萌え。紫の上ですな。

    JKアリス
    みゆ イラスト/Laruha
    「通学」シリーズが大人気のヒットメーカーが遂にCobaltに登場! 大好きな先輩とワンダーランド♥ 不思議な男子たちの催すお茶会へ招かれたアリスは…!?
    →これも世界観が面白い。コバ短受賞作にありそうなお話だけど、そこはさすがプロ、人物やストーリーの仕立て方がうまい。ちょっとした独占欲が、相手を窮地に追いやってしまって、それが申し訳なくて恥ずかしくて謝りたくて、と気持ちにキュンキュンしながら、どうなるのかを楽しめた。

    ひとり総選挙開催中!
    天涯の王女 ~黒衣の君はほほえまない~
    御永真幸 イラスト/今村陽子
    死んだはずのイヴリンがなぜか目を覚ました時、傍らには謎めいた男が横たわっていて…!? しかも、男は「俺の寵妃になれ」と言ってきて!?
    →世界観というかイヴリンの設定がよかったな。久しぶりに亡国の戦う姫の話を読んだ気がするけど、ドラマチックでいいな。最近の読者にとってはしんどい、という世評だけども。
    相手の王の、涙を流すおそろしいほどの美貌(母親の傾国の血を引いてるとかで)っていうのは、よくわかんないけども。切ない三角関係を経てきた王っていう設定はよかったな。2人を応援してあげる度量があるってことだし。

    佐能探偵事務所の業務日記 空間連鎖
    梨沙 イラスト/カキネ
    謎めいたクラスメートの戒が社長をしている「佐能探偵事務所」に入り浸るようになった美姫だけど…!?
    →タイムリープもの。こういうのは苦手であまり読まないんだけど、やっぱり読むと難しいんだけど、どうなるのか?って引きがあって、読まされるね。オーパーツは、LOSTでいう定数みたいなもの??? 猫ちゃんの首輪がよかった。

    学園ロイヤル・ウェディング
    彩本和希 イラスト/雲屋ゆきお
    初夜の寝台で、夫の口づけを受けようとした瞬間、見たこともない世界に来てしまったヴェルーナ。自分は「みち子」と呼ばれるし、一体なにがどうなった!?
    →毎晩飛ばされるとかw 王の威厳ある態度が学園で浮いてたり、ホ・ケンイとかおかしすぎるw よいコメディセンス持ってて素晴らしいー。姫頭領もよかったし、この方好きかもー!

    注目の長編! 一挙100枚掲載!
    おあずけ巫女姫の結婚
    香月せりか イラスト/おおのえいこ
    契った相手が死んでしまう! そんな巫女姫リティーザが結婚させられてしまい…!?
    →TLを書いてる方らしく、エロっぽさがあって、面白い。偽装初夜とかおかしすぎて!巫女姫で初夜でとか流行りの要素なんだけど、読ませられるのはさすがプロ。王が大好きな執事、姫が大好きな女装いとこもよかった。パーティーとか、風呂に閉じ込められるとか、襲われるとか、お約束だし明らかに萌えを狙った演出なんだけど、すごく楽しい。男色家だという勘違いや、好きな人がいるらしい、というすれちがいが切なくて面白い。指輪で記憶を取り戻すところも素敵でした。

    大人気連載作品&話題のコミカライズ!
    ・まんが版 贅沢な身の上 ときめきは海を越えて! 第3回
    ・まんが版 鬼舞 見習い陰陽師と御所の鬼 第4回
    ・まんが版 悪魔のような花婿(あなた)第11回
    ・種村有菜のまんがエッセイ『有菜の種』

    新しい才能がコバルトに参戦!!
    短編小説新人賞 年間最優秀賞受賞記念作
    ジュリアン様の召使い
    山本奈央子 イラスト/一紗ゆずり
    貧しい農家の娘ローズは、残酷と噂の王子ジュリアンの世話係になった。王子は確かに横暴だったが、目が見えないようで…?
    →ローズのひたむきさは感じられ、自分の目が見えなくなってからは切なさもあった。本棚の魔術書はご都合主義な感じがしたり、シンデレラストーリーにまとめすぎな気もしたけど、男女がお互いの欠点に寄り添い成長する様子はよかった。相手が必要、っていうのは恋愛にとって大事だね。

    ☆短編新人賞 記録屋のこと

全2件中 1 - 2件を表示

Cobalt (コバルト) 2013年 07月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

Cobalt (コバルト) 2013年 07月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Cobalt (コバルト) 2013年 07月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

Cobalt (コバルト) 2013年 07月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする