諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃない [Kindle]

  • 289人登録
  • 4.08評価
    • (44)
    • (55)
    • (26)
    • (4)
    • (0)
  • 37レビュー
著者 : 為末大
  • プレジデント社 (2013年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (240ページ)

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないの感想・レビュー・書評

  • 自分が勝てる場所で、勝てば良い。やってみて、ここでは自分は勝てないと判断してやめることは逃げではない。誰からも認められたい、失望されたくない、そういう思いが「諦める」ことを邪魔する。今の仕事が向いていない。この場所では勝てない。そう思うのは逃げではないのか・・・。向いていないと思いながら、耐えてこのままいくのか、「諦め」て別の場所(本当にやりたいこと)を選ぶのかは自分次第。人生は一度きり。思い切って生きれば良い。

  • シドニー(二〇〇〇年)金5銀8銅5メダル総数18(一四位)アテネ(二〇〇四年)金16銀9銅12メダル総数37(六位)北京(二〇〇八年)金9銀6銅10メダル総数25(一一位)ロンドン(二〇一二年)金7銀14銅17メダル総数38(六位)

    金メダルと銀メダルの間には「ここ一番での強さ」や「持っているか持っていないか」といった決定力の差といった運もある。しかし、表彰台に上がる選手の実力は、多くの場合互角である。今回の銀メダル、銅メダルの多さの背景には、やはり何かしら日本特有の事情があったように思える

    日本柔道チームは、男女合わせて一四階級のうち半数の七階級でメダルを取った。内訳は金メダルが一個、銀メダルが三個、銅メダルが三個だ。日本国民がオリンピックで柔道にメダルを期待するのは今に始まったことではないが、ロンドンオリンピック柔道チームに対する評価は「七個メダルを取った」というものではなく「七階級でメダルを取れなかった」ということになっている。しかも、金はたった一つだ。あらためて外から見ると、こういう評価をされることがかなりつらそうに見えた。

    「勝てなくて申し訳ないと思っています」僕はこの言い方に強い違和感を覚える。金メダルを取るために毎日身を削るような努力を重ねてきた選手は、力を出しきれなかったとしても誰からも責められるいわれはない。海外の選手のインタビューではこうしたことはまずない。そういう意味で、日本の柔道選手のインタビューは際立った違いを見せていた。



    ものごとには因果があり、努力や苦労は報われると世間では言われるけれど、災害で犠牲になった人を前にして僕は因果なんて何もないと感じた。犠牲者とそうではない人の間には特に理由がない。何か理由があって犠牲になったわけではなく、ただそうだったとしか言えない。日々を一生懸命に生きた漁師の方が津波で亡くなった。そこに理由などない。ただ不条理があるだけだ。

    自分が自分であることに理由はなく、ものごとにも因果なんてなく、真面目な人に災害が降りかかり、何も考えず平穏無事に暮らしている人もいる。世の中は不条理で、それでも人は生きていくしかない。一方で、理屈ではどうしても理解できない、努力ではどうにもならないものがあるとわかるためには、一度徹底的に考え抜き、極限まで努力してみなければならない。そして、そこに至って初めて見えてくるものもある。



    「バカヤロー。おまえがなれるわけないだろ!」武さんは、お母さんのことを「ひどいことを言う母親だろ?」と言わず、「そういう優しい時代もあったんだよ」と言った。何にでもなれるという無限の可能性を前提にすると、その可能性をかたちにするのは本人(もしくは親)の努力次第といった話になってしまう。しかし「おまえはそんなものにはなれない」という前提であれば、たとえ本当に何者にもなれなくても、誰からも責められない。もしひとかどの人間になれたら、「立派だ、よくやったな」と褒められる。

    僕の母親は、僕が何か新しいことをやろうとすると、今でもよくこういう言い方をする。「広島の田舎から出ていって、東京のど真ん中でなんて大それたことを」この言葉は競技人生を送るうえでも、今でも、僕をすごく楽にしてくれる。期待値が低ければ低いほど、自由にチャレンジできる気がするからだ。僕は「何にでもなれる」「何でもできる」という考え方には息苦しさを覚える。本当は、何にでもなれる人なんていないはずだ。しかし、誰もが結果的には何者かになっている。それを「何にでもなれる」から出発すると、何かすごいものにならなくてはいけないような気になってしまう。すると、すでに「何者か」になれている自分を、きちんと認めてあげることができなくなる。


    アスリートにとって、応援は何よりありがたいものだ。勇気づけられ、励みにもなり... 続きを読む

  • さすがベストセラー!
    共感する部分も、多く楽しく読めた

  • 社会ではどんなに努力をしても敗者になる人が大多数であることを直視して、諦めることを肯定的にとらえる。特に、目的までの道は複数あっても進める道は1つだけでどれも捨てられないのは立ち止っているに等しいと言い切る部分、飽きたという軽い気持ちで諦めてもよいという部分、幸福を捨てることによって別の幸福が近づくという部分、には感銘を受けた。自分もいろいろなことを諦めてきたけれど、それがトラウマのようになっていた節があるのだが、それがすーっと消えていって読み終えて爽快な気分になった。

  • 諦めるにはネガティブな意味はない。「できることとできないことを明らかにする」ことだ。

  • 何だか頑張り過ぎて疲れた時にタイトルに惹かれてふと購入して読了。
    書かれている内容もユニークで魅力的だが、著者の語り口の魅力も大きいかもしれない。
    「頑張ることを少しやめて諦めることを学んでみよう!!」
    というような押し付けがましさのあるトーンではなく、
    「諦めてみたら?」
    というくらいの力の抜けたトーンが心地よい。

    年齢を重ねると段々と
    選ばなくてはいけない
    場面が増えてくる。何かを選ぶことと何かを諦めることはやっぱり表裏一体で、前向きにそれを捉えれば何かを諦めることでまた新しい可能性が生まれてくるのが人生の面白さでもある。

    逆説だが、あれもこれもと詰め込むのをやめて
    「諦める」
    ことが充実したワクワクある人生への第一歩なのかもしれない。

  • また読みたい一冊。あまり、スポーツ選手の自伝の様な本は読まないのですが、これはとても面白かった。
    どちかと言えば自伝ではなく、「諦める」ということの「考え方」の本。

  • 2016/09/29
    ポジティブでもなく、ネガティブでもなく、

    リアルに。

    実にリアルに書かれた本だった。
    スポーツ選手として、感じた、考えた事が書かれている。

    精神論では、勝てない。
    どんな有名なスポーツ選手であっても、中々セカンドキャリアが難しかったり、
    【頑張れ!】と周りが応援してくれるから、続けたことにより、引退のタイミングが難しかったり、本人には辛い事が多かったり。

    読んでいて、スポーツで『勝ち=美談』だけでないと思わせてくれる、珍しい本だと思った。

  • 諦めるという言葉をニュートラルに捉えられるようになった。

  • 確かしげが紹介してた本。
    もともと為末さんのブログとかtwitter見てて好きなんだけど、この本読んでまた好きになった。

    「あざとさ」とか「勝てるところで勝負する」ことを堂々と言っているのが気持ち良い。本文でも言っているし、自分も同意するけれど、日本人はそういったものを前面に出すことを「美しくない」と考える傾向がある。
    でも目に見えるようにしていなくたって、実際はそういうものがあふれかえっているとすごく思う。

    で、自分もそうあって良いと思う。
    八方美人でいることなんてできないのだから、自分が得たいもののためにあざとくなっても。
    別に「あざとさ」と「他人を顧みる」ことは相反する概念でもないし。

  •  スポーツ選手を特別視しすぎているのだと分かったし、著者はそういうのをなくす、あるいは減らしていきたいんだろうと感じた。
     あまりインパクトはなかったが、素直に勝てるところで勝負すれば良いと思わせてくれる作品。

  • 諦めるという言葉はネガティブに捉えられる。だが、この本を読むとポジティブに諦めることも大切とわかる。それは自分を知ることから始まる。苦手や困難を努力で越えようとすることは勿論必要なのだが、人間は平等には出来ていないことを知り、自分のフィールドを見つけて生きるべき。短所を補おうとするより、長所を伸ばすことに力をいれる方が良いし、楽しい。また読み返したい。

  • 日本のアスリートってそんなに言葉で語ることができる人は多くないんだけど、その中で為末さんはけっこうシニカルに世の中を見ているし、書いている言葉が私の考えとけっこうシンクロするので、ちゃんと読んでみようと思って手にした。
    日本の努力礼賛、頑張ればみんなできる幻想、オンリーワン妄想(ちょっと表現は私のアレなので勘弁して)などに風刺しているのはとても共感できたし、その通りだと思う。

    ■目次
    第1章 諦めたくないから諦めた
    第2章 やめることについて考えてみよう
    第3章 現役を引退した僕が見たオリンピック
    第4章 他人が決めたランキングに惑わされない
    第5章 人は万能ではなく、世の中は平等ではない
    第6章 自分にとっての幸福とは何か

    なんだろうな。本音と建前の世間ではあるということはずっと認識しているけど、いざ本音で生活するってのは実はすごく摩擦も大きくて大変だから、水は低きに流れるように、角が取れて丸くなっていってしまうのかもしれないなぁと、自分を客観的に振り返ってみて思ったことでもある。

    しかし、コンフォートゾーンに滞留するとマジで成長が止まるので、摩擦係数微分値が緩やかサチってきた段階で、ある種の検知を行うのはそれはそれで良いと思うので、日常に埋没せずに意識的にしていたいと思うような本だった。

  • ・3/9 読了.ちょっと前に有名になった内容.読んでいてもっともだと感じる.世の中にはこれの他にもうすうす違うだろうにと感じてることがたくさんあるけど、あえてそれを口にしないのは、言っちゃあお終いだからかな.なんかみんなが立て前だとわかって言ってるのはこっぱずかしいけどね.不遇のアスリートの話は良く考えればわかるなるほどという感じだ.

  • 人生、生きていればどこかで何かを捨てたり、諦めたりしなければならない。それをネガティブに捉えるのか、それとも何かを得るための一歩としてポジティブに捉えるのか。人は考え方ひとつで何事も良い方向に動かすことが出来ることを実感。

  • 読了。ゼロ→ワンの考えがずーーーっと保たれている。
    仕方がない、とか、諦める、とか、もっと前向きに考えたいなーって思うときにはもう一度読み直したい。

  • 諦める=仏教では「明らめる、心理や道理を見極める」という意味もある。
    全部を諦めるのではなくて、「手段は諦めても目的は諦めない」。

    やめる(諦める)、とは選ぶ、決意するということであり勝つための戦略の一つだということ。

    スタープレイヤーには生まれ持ったものがあり、同じ土俵に立っても勝てない。日本人は頑張ること、諦めないこと、続けることが美徳であり褒めらる対象だが、そこを否定することも必要ではないか?
    走る哲学者の言葉がかっこいい。

  • 良本でした。努力することに疲れている人にお勧めです。

  • Kindleセールで購入。ほとんどの話題に同意した。今の時代を生きやすい考え方だと思う。文もすっきりしていて読みやすい。とはいえ諦められないこともあるよなぁとおも思ったり(苦笑)

  • 自分の可能性を信じて転職したけど、上手く行かない。
    続けるべきか、次の未知を探すか。
    そんな時に手に取ってみて心が軽くなった。

  • 【055】151003読了。

  • 為末さん、毎日Twitterでなんかのテーマについてて語っております。
    ちょっとした禅問答みたいで面白く、日々興味深く見ていたので、本も読んでみました。


    いつこの本を手にとったのか、
    それまでどんな経験をしてきたのか、
    によって評価はわかれるのかもしれませんが、
    私にとっては「うんうん、そうだよねー」と思う部分が多い本でした。

    私は「頑張れば夢は叶う」とか
    「諦めなければ道は拓ける」みたいな言葉があまり好きではありません。
    頑張って夢を叶えた人の足元には、頑張ってたけど夢が叶わなかった人もたくさんいて、それは厳然たる事実なわけです。
    そこを見ずに勝利を得たたった一人の言葉を信じて、
    むやみやたらに頑張ったり、励ますのはタダの勝ち目のないギャンブルに努力という金をつぎ込んでいるように思えてしまいます。
    為末さんも
    「ただ闇雲に頑張ったり頑張らせるのではなく、方向や目先を変えた先に輝ける道があるならそっちを目指すのもアリではないかい?」とこの本でいってます。


    社会人になって色んな人を見てたり、自分自身を振り返っても思うけど、
    例えば「人に教えたい」という強い思いがあっても圧倒的にプレゼンが下手な人はいるし、
    「仕事だからやってるけど知らない人苦手」と割り切ってる人が、たいした苦労もせずそれなりのプレゼンしたりするし、
    願望や努力だけでは埋まらないものがあるのは、ちょっと現実に目を向ければなんぼでもあります。

    とはいえ、たとえ初期スキルがたいしたことなくても適切なパワーと適切な方向性で努力できる人なら、自分で考えて修正して、それなりのレベルまでもってくことはできるでしょう。
    でもおかしな方向に努力をつぎ込んでる人もたくさんいるし、自分で考えずに人に言われたことをただやろうとする人もいます。
    そしてそれを「頑張れば夢は叶う」と励ます人もいたりするわけです。
    まぁ別にいいんだけど、自分はそんな無責任な励ましはできないなぁと思います。



    それでも努力した行為自体は無駄ではないと思いますし、「精一杯努力した時期がある」という経験値は、その人の先の人生にとって自信につながると思います。
    私はミニバスもバレーもスキーも努力しても高みにいけるレベルではありませんでしたし、「勝ちたい」という貪欲さもかなり欠けていたと思うので、運動機能的な面での成長はサッパリでしたが、
    とりあえず「やめずに頑張った」という自信だけは得ることができました。
    だから無駄ではないと思うけど、それはあくまで結果論であって、それを最初から目指して動くのはなんだか違うよね、とも思います。

    それに加えて、これまでの時代は「やめずに継続する」ことが美徳とされていたし、それを自信にしていくことができたけど、
    変化の著しい時代に「やめずに継続する」ことが本当に良いことなのか、自信にするもんなのかもわからなくなってきているように思います。
    むしろ、「ポイントを見極めて変化できる」方がこれからの時代は気持ち良くわたっていけるような。。。
    だから私が得た「やめずに頑張った」自信も流動的な価値観な気がするんですよねー。

    「子供の夢を壊すな」とか「そんな悲観的で夢も希望もない」というふうに言われるのかもしれないけど、
    子供なんてそんなに夢を見せて騙くらかしとくほどバカでもないし、
    そのうち経験すりゃイヤでも自分の限界なんてわかるんだから、
    綺麗な言葉で現実から目を背けるみたいな嘘っぽいのはなんだかなぁと。。
    多分私は子供に夢は語れないなぁ。。。

    でも、まぁ実際そのさじ加減は難しい。
    何事もバランスよねー。

    ワタクシ的名言
    「諦める」という言葉の語源は「明らめる」だという。
    仏教では、真理... 続きを読む

  • 「諦める」という言葉をポジティブに考え,今の状況に捉われずに可能性を見つけていこうという内容。一言で説明するのが難しいのだが,これは,今の日本での常識的な考え方からすこしずれているためではないか? その努力をすることが楽しいか否かを判断基準にするという本書の指摘の 1 つは,大事なことだと思った。好きで努力している人にはなかなか勝てないし,好きでやっていることが自然に努力に繋がるなら,いつまでも努力することができる。
    為末さんは非常に真面目な人なんだなと感じた。

  • とても為になった
    やめ時のむずかしさや
    競技にもよるが、細く長くより
    早めに見切りつけて新しい一歩を踏み出す大切さや
    年齢。スポーツ後にも自分の人生があると
    考えると、打ち込むのがいいのか、
    気安く「ここまで続けたんだから頑張って」とか
    思っちゃいけないんだと思いました

全37件中 1 - 25件を表示

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないを本棚に登録しているひと

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないを本棚に「読みたい」で登録しているひと

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないを本棚に「積読」で登録しているひと

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないはこんな電子書籍です

諦める力~勝てないのは努力が足りないからじゃないの単行本

ツイートする