日本の10大新宗教 [Kindle]

  • 29人登録
  • 3.31評価
    • (1)
    • (6)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 島田裕巳
  • 幻冬舎 (2013年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (54ページ)

日本の10大新宗教の感想・レビュー・書評

  •  10大というタイトルで十章から成るが、一章に複数の団体を取り上げている場合もあるため、実際に紹介されている数はもっと多い。章として取り上げられているのは以下の通り:
    天理教/大本/生長の家/天照皇大神宮教/立正佼成会・霊友会/創価学会/世界救世教・神慈秀明会・真光系教団/PL教団/真如苑/GLA

     本書ではオウム真理教のように反社会的活動に走ったいわゆるカルト教団は除外している。しかし反社会的でない団体はニュース等で大きく取り上げられることも少ないためか、思ったより知らない団体が多かった。

     私が聞いたことがあったのは上記のうち5つだけだが、知らない団体でも何十万人もの信者を抱えていると言い(どこまで実数か疑わしいが)、想像以上に普及しているのだと感じる。とはいえ身近にいる新宗教の信者と言えば創価学会くらいしか心当たりがないので、特定地域や階層に集中しているのかもしれない。

     本書を通読して印象に残るのは、どの新宗教も既存宗教から分裂したり教義や布教手法を取り入れたもので、まったく無の状態から立ち上がったものはないこと。そして企業から企業がスピンオフするように新宗教からさらに別の新宗教が独立するパターンが多々あることの2点だ。宗教も発展するために必要な要素はビジネスと同様なのだと思える。

  • 世直しの思想や終末論を強調し始める時が、その宗教がヤバい時というのは、覚えておこうと思う。

  • 宗教についてはあまり知らなかったのでかなり勉強になりました。説明が淡々としていて客観的な感じが好感が持てる内容でした。宗教はとかく感情的な感じが強くて、それゆえにうさんくさく感じるのですが、それがなく信用して読むことができました。

  •  天理教、大本、生長の家、創価学会、霊友会、真光、PL、真如苑……と、おもな「新宗教」の生まれ・生い立ち・成長過程をざっくりと解説。週刊誌などで「芸能界の黒幕・真如苑」みたいにおどろおどろしく取り上げられたりもしているが、そういうアオリ系の書き方ではない。すこし離れた立ち位置から、あまり批判的にもならず、かといって肩入れもせずに淡々と、教団の歴史・教祖の姿・現代への適応を描いていく。
     新興宗教を起こすだけでなく、「10大」といわれるくらいに大きくした創始者たち。さすがにパワフルで、突き抜けてる。そーいう「新宗教異人列伝」ふうに読んでいけるおもしろさがある。「聖人君子」というと「おもしろみのない人」という意味だが、ここに出てくる聖人さんたちはかなりパワフルだ。大本の出口王仁三郎のところにある〈暑いときは、素っ裸で仰臥し、天井から洗濯ばさみを紐でぶらさげて、脱脂綿をあてた睾丸をはさんでもちあげ、それを信者に団扇で扇がせていた〉というエピソードには笑った。ほかにも天理の中山みきとか、天照皇大神宮教の北村サヨとか……一種の怪人というか、怪物だったのだなー。
     実績のある研究者が、大衆向けにエッセンスを書きましたという、新書の見本のような一冊だ。

全4件中 1 - 4件を表示

島田裕巳の作品一覧

島田裕巳の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

日本の10大新宗教はこんな電子書籍です

ツイートする