テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL) [Kindle]

  • 55人登録
  • 4.28評価
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 貴家悠 橘賢一
  • 集英社 (2013年2月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)の感想・レビュー・書評

  • 2014 5/21読了。iPad miniで読んだ。
    3-5巻までいっき読み+数日後に6巻まで読んだ。
    感想は6巻に。

  • 約600年後の地球と火星を舞台としたSFバトル漫画。火星に放たれたゴキブリ(以下G)が想定外の進化を遂げていた。奴らを駆除&捕獲する任務の為に 莫大なお金と引き換えに、成功率が低い手術によって特殊能力を得た宇宙飛行士達…。各国から集まった貧困層の者達がそれぞれの事情を背負って、巨大且つ凶暴且つ多勢且つ人型のGと闘う話。
    第1巻でキャラが死に過ぎて えぇぇぇ!って感じだったけど、まさか次世代にまで続くとはな…展開早いのは好きだよ。
    主要キャラでも あっさり死ぬのがリアルで悲しい。各々の事情が事情だけに 救いようが無さ過ぎる。とくに女性キャラの扱いが厳しく簡単に殺される…(SFものは男のロマンっていう風潮からか、傾向として女性キャラの扱いが厳しいものが多いよね…)。技術は進んでいても 各国の力関係や、人口増加による貧富の差は現代社会と同じだから、あまりにもかけ離れた世界じゃないのも又リアルで悲しい。
    こういう血生臭い物語は、主要キャラが簡単に次々と死んじゃっても格好良い台詞とか 派手な戦闘とか 微かな希望とか 人間臭い人間関係とか 謎や陰謀とかがあるから、続きが気になって読んでいられる。
    でもやっぱり気に入ったキャラは生きていて欲しいし、情が入るキャラには救われて欲しいと思う。
    ティンとか好きだったのにー 最後の小町との会話は泣けた。アドルフさんには 生きて帰還して欲しいなーと思う。死亡フラグ立ってる上に 帰る家で妻が浮気してるけど…。まじで報われなさ過ぎるのに格好良過ぎて泣ける…。
    流石に燈と小町は二世代主人公で死ななそうだから安心して応援出来る感じがある。
    正直、他のキャラはいつどうなってもおかしくないと思う(そういえば蛭間一郎は帰還してからどうなったか気になる)。
    二人共 強いのに涙もろくて情に厚くて人間臭くて好き。ティンの能力奪ったGに対して燈の「2分で倒す」は痺れた。
    まだ連載中との事で 続きが気になる。

  • いいね。今一番のってるマンガ

  • だいたいみんな強くなってるな

  • これから楽しみというキャラが一瞬でゴキブリに駆られる展開が、え!?ってなる部分と、少し残念な部分と…

  • 幹部たちが強すぎる…。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)はこんな電子書籍です

テラフォーマーズ 4 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)のコミック

ツイートする