アンナ・カレーニナ [DVD]

  • 254人登録
  • 3.14評価
    • (7)
    • (28)
    • (52)
    • (19)
    • (4)
  • 48レビュー
監督 : ジョー・ライト 
出演 : キーラ・ナイトレイ  ジュード・ロウ  アーロン・テイラー=ジョンソン  マシュー・マクファデイン 
  • 松竹 (2013年9月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105066991

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アンナ・カレーニナ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原作は有名古典だけど未読。
    それにしても何がなんだかわからないのは私の頭が悪いのか…とりあえずアンナさんはめんどくさい女だな~という感想。
    ロシア文学って「頭おかしいんじゃねーのこいつ」みたいなキャラクターよく出てきますよね。
    旦那さんがひたすらかわいそうだった。

  • アンナ役のキーラ・ナイトレイ美しい。
    普段はガリガリに痩せこけてあまり魅力を感じない女優さんなんだけど時代衣装を着ると、すばらしく映える。
    その美しいアンナ以上に、異様に美しいのがヴロンスキー伯爵 の アーロン・テイラー。美しすぎて女性が男装しているみたいな中性に見えた。
    ジュードローもよかった。
    なぜ、ああいう陳腐な舞台形式にしたのだろうか。
    まるで額縁に飾られた1枚の絵のように仕上げている場面が多かった。面白いといえば面白いが、まるで学芸会のようにもとれる。
    私はあの手法が好きじゃなかった。

  • また観たい。
    両親と一緒に観るのは気が引けるけれど。
    理想・現実・歪んだ愛・・・
    価値観が揺さぶられる作品。
    終始色っぽく艶っぽい。

  • 原作を何度も読んだことがあるのと、キーラ・ナイトレイが好きなので観てみました。
    衣装や映像の美しさにうっとりとしてしまいます。
    原作でもアンナはそれは魅力的に描かれていますが、キーラ・ナイトレイの美しいこと。あのレース越しに見える顔の妖しい美しさといったら…。

    美しさを楽しむ映画としては満足なのですが、やっぱり原作に比べてどうしても物足りないと思ってしまいました。
    文章ではキティの若々しい美しさの描写が半端なくて、強烈に印象に残っているので、キティの影が薄いのが意外でした。特にアンナと舞踏会に行く時のキティの描写を忠実に再現して欲しかったなぁ。是非、「薔薇色の衣装」を着て欲しかった。
    あとスティーヴァも相当魅力的に描かれているのですが、この映画だとそれがあまり伝わらなかったような気がします。
    何よりヴロンスキー・アンナと対比して描かれているリョービン・キティ夫婦についてあまり描かれていないのがイマイチだと感じました。
    もちろん原作に忠実=良い映画ではないのですが、原作ファンとしてはどうしても求めてしまう部分があります。

  • 個人的にミュージカル(風)映画が苦手なので、途中でやめてしまった。衣装はきれい。

  • トルストイが高い評価を受けているのかこの作品自体が評価を受けているのかどちらかはわからないが、「戦争と平和」は読んだことはないし「イワンのばか」過去の記憶すぎて正直思い出せない。「コーカサスの虜」は一度映画で見た記憶があるのだが、たぶん彼の作品であるからして暗さといやぁ~なものが付いて回っていたような気がする。

    「アンナ・カレーニナ」
    https://www.youtube.com/watch?v=x9vDVy5MRlo

    ロシアでの作品も含めて7度目の映画化…正直、大好きなキーラ・ナイトレイの作品であってもこの女性のわがままぶりというか離婚しないからといって旦那さんに対しての横暴ぶりは見ていて嫌になる。それにしても間男に愛する妻を奪われたのがジュード・ロウ!なんか時代を感じさせますね~。一昔前なら恋に落ちる役はジュード・ロウだったもんなぁ~

    キーラにこういう役やってもらいたくないんだよなぁ~あってない訳じゃなくて、ヒステリックなところがはまり役にも感じてしまうんですよね~。

    1997年の作品でのショーン・ビーンは適役でないような気もするのですが、ソフィー・マルソーはお似合いのような気がします。やはり悪女は飛びぬけた美形よりもかわいい系の方があっているような気がします

    https://www.youtube.com/watch?v=rc3f7j5-7gY

  • ジョー・ライトとキーラ・ナイトレイの映画がやっぱり好きだなあと実感。
    今回は、戯曲めいた演出がメルヘンチックで素敵だった。
    キーラの、アンナの堕ちていく様子を見事に表現した演技が素晴らしい。
    アーロン・テイラー=ジョンソンのは綺麗な瞳が印象的な色男。

  • キーラ・ナイトレイが迫真の演技。政界の権力者を夫に持ち、富も名声も何不自由ない暮らしをしていたカレーニン夫人・アンナの幸福な生活が、たった一度の出会いによって綻び始めていく。年下の男とどうしようもなく惹かれ合い、不倫という社交界で赦されない行為に染まっていく。夫の深い愛と情熱的な愛人との間で苦しみながら、アンナは最後に悲しい運命を選びとる。

  • 物語が劇場の中で進んでいく不思議な手法の映画。「社交界」という自分を演じなければいけない閉じられた世界を「劇場」として表したようだ。なので、アンナが将校とふたりきりで郊外に行く場面等、「社交界」が介在しない場面では普通に自然界が使われている。多分この文では意味不明だろう。「見て」としか言いようがない。
    衣装やら音楽やら映像やら、とにかく美しい。
    アンナが恋に落ちる将校が、あの「キックアス」の主人公のヲタを演じていた人だと分かってびっくり!人って変わるなぁ・・・と。変わると言えばもう一人、イケメン俳優で通っているジュードもあの・・・はげ頭・・・人って変わるなぁ←
    そして脇役なのに印象に残ったのが「ベッツィ」。眉毛薄すぎて妖怪みたいで怖かった。
    原作を今まで読んだ事がなくて、他の媒体でもこの作品に触れる事がなかったので、今回の映画が初めてだから、内容に関しても触れてしまうと、
    アンナが精神的にやんでいくのが見ていて痛々しいし、あまりの自己中さに吐き気がするほど(周りもそれに巻き込まれて、とてつもない悲劇)。
    ラストでアンナの子供達と夫が野原で遊んでいるシーンで、一見幸せオーラが出ているんだけれど、カメラが引きになったらそこは野原ではなくて、「舞台上」の野原だったという事が分かる場面は「自由になったと見せかけて、社交界という檻からぬけだせない」事を表しているのか、それとも単に映画が終わりますよって事なのか。
    コンスタンティンとキティは幸せそうだったので、それだけがこの物語の救いかな・・・

  • 例えそれが「愛」だとしても、その感情は得る人によって使い方が違う。心の幼いものには、それなりの表現しか出来ないまま、未消化のままの終わりが来る。ひとつの空間を、舞踏会でくるくると踊っているような、絵本を捲るような、そんな場面展開が素敵だった。

全48件中 1 - 10件を表示

アンナ・カレーニナ [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

アンナ・カレーニナ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アンナ・カレーニナ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする