今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになった [Kindle]

  • 11人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 増田明利
  • 彩図社 (2009年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (111ページ)

今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになったの感想・レビュー・書評

  • 数多くの派遣難民、ネットカフェ難民の方々にインタビューをしているだけだが、学ぶものが多く読むのを止めれない。
    一旦リストラになると、立ち直れない20代後半からの派遣の現実がリアルに書かれています。

    私自身も厳しい言葉の面接は受けてきましたが、彼らたちはもっと悔しい言葉を受けてきていました。
    人をモノとしか扱わず、弱いところを利用する派遣会社と派遣先企業。
    正社員、派遣労働者、フリーターなど今の身分制度を感じられずにいられない。
    同じ仕事をしていても、処遇や賃金は明らかに差があるのである。
    そして、それを救うシステムがこの国にはない。
    派遣社員を利用した会社、株主、幹部、その後は「さようなら。」と呆気ないものである。

  • 自分にもありえた現実。
    就職等における情報活用に、
    貢献できる方法を見つけたい。

  • このシリーズの本を読むのは、「今日、ホームレスになった」に続いて

    2作目。

    今、読んでいるもう1つの本 奥野さんの「処方箋的読書術」でいえば

    おそらく、自分の原点を再び思い出させてくれる内容かもしれません。




    自分も転職を2回していて、2つの会社を辞めた時

    ほとんど蓄えもなかったので

    家族や当時彼女だった奥さんに見捨てられていたら

    同じような人生を歩んでいたのかも・・・・ということを思い出します。




    家族ができて、家も建てれて、日々の生活に不安を感じずにいられるのは

    周りの人のお陰でそしてそれは薄紙一枚のような人生の機微で

    あることをあらためて感じます。





    公務員の勉強をしながらアルバイトをしていた頃

    40代でフリーターの人、中学生を卒業して高校に行かず

    アルバイトをしている人、借金から逃げ惑っている人

    リストラされた人、友達の連帯保証人になって財産を失った人

    色々な人のるつぼのようなところにいました。




    若かったので、とっても刺激的で居心地もよかったですが

    やっぱりここから抜け出さなくては、と漠然と考えていました。




    その場所で多少仕事ができて優越感を感じていても仕方がない。

    若いからすごく便利に使われていましたが

    時給900円の生活には、将来はない。

    あのときはおそらく人生で一番勉強したなぁ~と思います。




    今、ありがたいぐらい安定した生活で

    それがどれだけありがたく幸せなことか

    ただそれに埋没することがどれだけ危険なことか




    こういう本が思い出させてくれます。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになったを本棚に登録しているひと

今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになったを本棚に「読みたい」で登録しているひと

今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになったを本棚に「積読」で登録しているひと

今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになったはこんな電子書籍です

今日、派遣をクビになった 15人の底辺労働者の実態 今日、ホームレスになったの単行本

ツイートする