アルバート氏の人生 [DVD]

  • 237人登録
  • 3.32評価
    • (13)
    • (36)
    • (42)
    • (16)
    • (5)
  • 46レビュー
監督 : ロドリゴ・ガルシア 
出演 : グレン・クローズ  ジャネット・マクティア  ミア・ワシコウスカ  アーロン・ジョンソン  ジョナサン・リス・マイヤーズ 
  • トランスフォーマー (2013年8月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4522178009945

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アルバート氏の人生 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 彼女の不幸な生い立ち、暗い過去が少なからずも今の彼女を形成している。
    それから女性軽視の時代。生き辛さがあっても、たとえ男装という仮面をかぶっての日々であっても自分の夢を持っていたことは強みだった筈なのに…。
    恋は盲目では済まされない、、小さな箱庭の世界で規律正しくは生きられても刺激ある外の世界(人)とのことは思い描くようにはいかないものだ。
    しなやかに。例え、細く頼りない枝でも折れなければ、いつかはその先に芽吹き花をつけられただろうに。切ない。

  • 19世紀のアイルランド。
    長年モリソンズホテルで働くアルバート氏は常連客からの信頼も厚いベテランのウェイター。
    しかも、私生活では人付き合いをさけて固い殻に綴じ込もった孤独な生活を送っていたのです。
    なぜならアルバート氏は女性だったのです。ある日、自分らしく生きるヒューバードと出会い自分を偽り続けてきた彼女の心に大きな変化が訪れます。
    一人で生計を立てるために男性として生きざるを得なかった孤独な女性の苦悩と哀しみを切ないタッチで綴った作品です。
    グレン・グロースがかつてオフ・ブロードウェイで主演した舞台を自ら映画化した感動のドラマです。
    ロドリゴ・ガルシア監督の素敵な映画で最後まで楽しんで観ることが出来た映画でした。

  • 観終わったときは主人公の人生についてドクターと同じような切ない気持ちになったのだけれど、あのまま夢は夢のままであったほうが逆に幸せだったかもしれないと思えてきた。
    それぐらい夢について想像するときの表情がとても魅力的。

    またヘレンは男女の愛情とは別の気持ちでアルバート氏に惹かれていたのかなとか、ペンキ屋と妻との関係もこんなところから始まったのかもしれないなとか、とにかく観終わってからもいろいろ想像させられる映画だった。おもしろかった。

    いちばん印象に残ったのはドレスを着て海に行くシーン。
    女装にしかみえない…

  •  19世紀のロンドンで男性として生きたウェイターの女性を描く。

     男装は止むに止まれずだが、恋愛対象が女性なのは自分の意思の様子。まだ同性愛という言葉がなかった頃の同性愛者を描いた映画。なんともせつない。
     前半がちょっとストーリーの進みが遅かったか。ヒロインのウェイターは随分魅力的だと思ったら『アリス・イン・ワンダーランド 』のアリスの人か。
     

  • 映画天国にて。
    アルバート氏の規則正しく清潔な感じが好感がもてた。
    もっと幸せに生きられたら。時代のせいだね。
    面白かった。

  • 「映画天国」のLGBT特集にて。仕事を得るために男装して、執事として働き続けた女性の話。グレン・クロースの演技が凄く、見所はほぼそれに尽きます。

    文字通り自分で自分を抑圧して生きてきた彼女が、老年になってようやく自己を解放する勇気を持ったわけですが、うまく行かない。思いを寄せた若いメイド(ミア・ワシコウスカ)にはつれなくされ、独立開業の夢の実現を目の前にしながら、不意に生涯を閉じる。かなりほろ苦い話です。

  • 男にしか見えなかったアルバート。
    しかし海辺を駆けるシーン、解き放たれた彼は「少女」のようだった。
    アルバートはレズビアンなのか、トランスジェンダーなのか、はたまたクエスチョニングなのかは、作中で明らかになっていない。
    ただ「男」にならなければ生きていけなかった時代(現代日本以上に)。
    性別という概念だけでは説明のつかない、世間と運命に翻弄されたひとりの人間の哀しい物語だった。

    個人的感想。
    ペイジが物凄くかっこいい。
    上背があるぶん、アルバートよりも男らしく見えていたのだが…
    ペイジの自宅でアルバートが出自を語るシーン、アルバートがぽつりぽつりと吐き出す言葉に静かに耳を傾けるペイジの、あの表情。
    母のような、慈愛に満ちた存在に見えた。
    あと、結局ヘレンも掻っ攫っていく(と思わせる描写が)あたり、ペイジやるなぁと(笑)
    勿論、ペイジはアルバートの意志を継いでヘレンを匿おうとしてるんでしょうけれども。
    彼にはキャスリーンが全てだったようですしね。
    やることがイケメンなんだよなぁ。

    というわけで、報われなさや物悲しさのある話でしたが、私はとても好きでした。
    性別ってなんだろうなと、天井を眺めながら考えこんでしまうくらい、余韻の残る映画。
    あとはやっぱり、グレン&ジャネットの演技が◎。

  • 余韻が残るというか、あとに引く映画...というより後に引きずる、の方が近いかもしれない。

    いろんなことが整理できず、また新たな意味を思ったり、分からなかったり。。
    最後の終わり方も、あまりにあっけない。すっ、と風がカーテンを揺らす、ただそれだけかのように去ってしまった。

    グレン・クローズはこの脚本を30年あたため、人を集め、そして自ら演じたらしい。
    それだけの歳月をかけ、演じた主役がこの幕引なのかと思うと、グレン・クローズは一体どんな人なのだろう。

    アルバートが男装の身繕いしているときの違和感(回りは騙せても自分は女性であることを知っているから?)、
    ドレスで海辺を歩くときの違和感(端から見れば普通かもしれないがもう女としては生きていけないことを自分は知っているから?)

    色々なシーンがなかなか頭を通りすぎてくれない感じ。

    でもドレスで思わず走り出してしまうアルバート氏の笑顔と、馬車の上で、お店を開く自分を想像したときの笑顔のなんと幸せそうなことか!

    明るさや希望のほとんどない物語のなかで、あのアルバート氏の笑顔とヒューバートの幸せな家庭だけが偽りなく、輝きを放っていたように思う。

  • 重々しい雰囲気と昔のイギリスの暮らしを堪能できてよかった。女性性を捨て、男性として生きることを決めた主人公という設定はとても良かったが、ところどころ疑問はある。

  • ヒューバートすてきすてき!!

  • 19世紀のアイルランドで性別を偽って生きる女性の姿を描いた人間ドラマ。

  • アルバート・ノッブス(グレン・クローズ)

    ペンキ職人ヒューバート・ペイジ(ジャネット・マクティア)
    が「本当の姿」=女性の姿で海辺を歩くシーン
    ドレスを着ているにもかかわらず
    「男性」なのである
    「生き方」は姿態に出る

    ボイラー職人・ジョー・マッキンス(アーロン・ジョンソン)はもっとクズ野郎に描いて欲しかったし

    メイド・ヘレン・ドーズ(ミア・ワシコウスカ)は、アルバートが盲信してしまうのが実感できるくらい、可愛らしく素敵な女性に描いて欲しかった(なぜ惚れたか不明…)

    もう少し温かい気持ちになれるラストにして欲しかった

  • 請求記号:13D145(館内視聴のみ)

  • 最初はグレン・クローズの男装にとっても違和感があったのですが、見ていくうちにその印象が変わっていき、アルバート・ノッブス氏が女性の服を着るシーンでは逆に、どう見ても男性が女装しているようにしか見えなくなってしまう。それだけグレン・クローズの身体の動かし方が男性そのものになっているということで、それには驚嘆させられる。ただ、アルバート・ノッブスがどうしてそこまでヘレン・ドーズとの「結婚」にこだわったのかが正直、よく共感はできなかった。もちろん彼には彼女との結婚こそが唯一の解決策に見えたのであろうが、こちらとしては「何もそこまでしなくとも」とは思うのであった。

  • あまり前知識なしに、なんか賞を取ってるし、タイトルに惹かれたので録画しとこうと思って観た映画。前知識なしに観ると驚く。驚きを受け入れた後、アルバートはどんな人生を歩むのか興味がわく。その後もそんなふうな展開になるのかと不思議な感じだった。生きにくい時代に自分の夢をもち、真面目に生きるアルバート。静かな映画だった。海のシーンが印象的。

  • せつない映画だった。
    でも観客にすり寄るようなハッピーエンドじゃなくてよかった。
    アルバートがドレスを着て海岸を駆けるシーンには胸が熱くなった。

  • 女性が男装して人生を過ごす。今の時代なら認められているけど当時は隠し通さなければならないから難しかっただろうな。
    ただわからないのは、生きて行くために男装してたはずなんだけど、アルバート氏はいつかお店を持ちたいと思っていた。そのお店にはワシコウスカさん演じるヘレンのようなかわいい子に店番をさせたい。そして夫婦として一緒に暮らしたいという気持ちを持っていた。つまり心もそっち系ってことかな?
    話の筋は面白いことはおもしろいのだけど、女性が男性のふりをしている姿は正直言ってみたくない。
    今まで見る気になれなかったのはそれが理由だと、見終わってわかった。
    男装していたのはアルバート氏ともう一人、大男のミスターペイジ。ジャネット・マクティアさんが演じている。1992年のwuthering Heights嵐が丘で女中のエレンをやった人だ。エレンは嵐が丘で起こった出来事を一部始終見てきた。その話を語って行く重要な役だ。すごくきれいで魅力的な人だったけど、このアルバートで見事に男性になりきっていた。うまかった。でも男装役をみて心地よいとは思えなかった。
    この映画で出る幕が少なかったけどピリリッとしてたのがジョナサンリースマイヤーズ。相変わらず素敵だった。このホテルで働いているメアリーがThe TudorsでJRマイヤーズ演じるヘンリー8世の妃キャサリンを演じたマリア・ドイル・ケネディ 。久しぶりに二人一緒のお姿を見れてうれしかった。
    ヘレンとジョーは愛し合うが最後妊娠を知りジョーはヘレンを捨てて一人新天地に行ってしまう。ひどい男ジョーを演じたのはアーロンジョンソン。私の今一番のお気に入りのイケメン。


    アルバート・ノッブス - グレン・クローズ
    ヘレン・ドーズ - ミア・ワシコウスカ
    ジョー・マッキンス - アーロン・ジョンソン
    ヒューバート・ペイジ - ジャネット・マクティア
    ヤレル子爵 - ジョナサン・リース=マイヤーズ
    メアリー - マリア・ドイル・ケネディ

  • ALBERT NOBBS
    2011年 アイルランド
    監督:ロドリゴ・ガルシア
    出演:グレン・クローズ/ジャネット・マクティア/ミア・ワシコウスカ/アーロン・ジョンソン

    舞台は19世紀のアイルランド。ホテルでウエイターとして働く初老の男性アルバート氏ですが、実は彼・・・もとい彼女は女性。ぱっと見、小柄で華奢だなあとは思いますが、初老ということもあり男性にしか見えない。なぜ彼女がそのような生き方を選んだかは、おいおい明かされていきますが、ひとつには時代背景として、女性が一人で生きていく(自立して働く)というのが今よりずっと難しかったというのもあるのでしょう。

    経緯は違えど同じような生き方をしてきたヒューバートとの出会いがアルバートの意識も変えてゆくのだけれど、(この二人の、女の友情とも男の友情ともつかない関係は、なんともいえない深さ!)アルバートが恋した女の子ヘレン(ミア・ワシコウスカ)にはろくでもない恋人(※もちろん男。最低だけど目の保養にだけはなるアーロン・ジョンソン)がいるし、アルバート自身も苦労人のわりに純粋というか天然なところがあり(なんだか可愛いんだよねえ・笑)、どうにもこの恋は成就しそうにない・・・

    最終的に、けしてハッピーエンドとは言えない終わりを迎えるのだけれど、それでも人生の最後に「恋」を知ることができたアルバートは、もしかしてそれを知らない人生より幸福だったのかもしれない、と思わせられるのがせめてもの救い。
    (2013.05.24)

  • 演技、衣装が良い。画面の色が綺麗。

  • WOWOWで録画視聴。字幕版。
    決して悪くは無い作品…なのですが、流石に、それこそアルバート氏の人生に救いが無すぎて切なくなりました。
    彼女に浅はかな部分がある事は否めないのですが、性別を偽った長く辛い人生の中で、いつかは…という憧れをああして持つことはむしろ強い心ゆえの事だったのかもしれないですし…。
    人の心の機微が読めていない部分もありましたが、半分は悪意を感じ取れない純粋さかな…とも思えたり。
    奔放な若いメイドとのやりとりは腹立たしい面ばかりでしたが、同じく性別を偽って生きてきたヒューバートとの出会いにホッとしました。ただそれも後にほろ苦さを生むのですが…。
    このヒューバートを演じたジャネット・マクティアが素敵で…!最初に出てきた時は本当に男性だと思ったのですが、ほどよく枯れた色気に物凄くときめいただけに、その後お見事な胸を見せられた時はアルバート氏以上に顎が落ちました…。まぁ女性の男装と思って改めて見たらそれはそれで魅力でしたが…。よく見たら服が不自然にブカブカなんですよね。
    どうしてアルバート氏の人生がこのようなものにしかなれなかったのかと思うと本当に不憫で、彼女を利用したあのメイドがヒューバートと寄り添う人生を送るのかと思うと腹立たしくなるのですが、それもアルバート氏の望みなのかもしれないと思うと仕方ないというか…ここでもさりげなく手を差し伸べるヒューバートの素敵さに納得させられてしまうというか。
    せめてヒューバートの中で最後の選択がアルバートの為の物であることを祈るばかりです。

  • 物哀しい気持ちがひっそりと残る映画。後味が悪いわけではないけれど、哀しくなる。

    自分の性別を偽り生活を続けるアルバート氏の人生。そうしなければ行きていけない時代背景が、映画の様々な場所から伝わってくる。ただ、アルバートは生活のためだけでなく、悲しい過去から自分を守るために、女性でいるのをやめたのかもしれないと思った。

    女性の服を着て海辺で楽しそうに走るシーンは本当に切なくなった。こうしてのびのびと生きている彼女の人生ももしかしたらどこかであったのかもしれないと感じて。

    心のどこかにあった暖かな家庭への憧れをミスターペイジに会うことで揺さぶられ、ヘレンと家庭を持つことを夢見るけれど、アルバート自身が女性に戻り男性と家庭をもつという考えは、アルバートの中にはなかったようだ。

    これからも男性として行きていくしかない現状、過去の暴行から男性への恐れもあったのかもしれない。不器用なアルバートがさらに難しい環境で家庭を持とうとする姿は、幸せになって欲しいという気持ちがいっぱいになって苦しくなった。

    個人的には、女性の姿に戻り、のびのびとして煙草店を営む、アルバートの姿を少しだけみてみたかったなと思う最後でした。

  • 久々に面白い作品にであった

  • 発想と主演の演技力を評価。もう少し幸せなシーンを見せてもいいのでは。

  • 女優のグレン・クローズが製作・主演・共同脚色・主題歌の作詞をし、第24回東京国際映画祭で、最優秀女優賞受賞した作品。女性であることを捨て、ホテルのウエイターとして穏やかな日々を送るアルバート。感情を押し殺した態度は人間性を全く感じさせない。そこにやはり男性として生きているペンキ職人のペイジ(ジャネット・マクティア)と知り合い、仲良くなる。ペストにも打ち勝って生き抜いたアルバートの最後は実にあっけないものだが、この無情なところが作品としてはいい終わり方のような気がする。

全46件中 1 - 25件を表示

アルバート氏の人生 [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

アルバート氏の人生 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アルバート氏の人生 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする