ストレイト・ストーリー リストア版 [DVD]

  • 53人登録
  • 3.47評価
    • (2)
    • (4)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : デイヴィッド・リンチ 
出演 : リチャード・ファーンズワース  シシー・スペイセク  ハリー・ディーン・スタントン  ジェームズ・カダー  ウィリー・ハーカー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113764889

ストレイト・ストーリー リストア版 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • デヴィッド・リンチ監督作品。
    「ロスト・ハイウェイ」「ストレイト・ストーリー」を観た。
    どちらも良かったけど「ストレイト・ストーリー」良かった。
    「カルトの帝王」と呼ばれた監督にとっては
    一線を画したかなりマイルドな作品。

    【大好物ロードムービー】

    おじいさんが10年前に仲違いした兄に
    トラクターに乗って何週間もかけて会いに行く話。

    ロードムービー大好きなのもさることながら、
    それだけでなく惹きつけられるものがあった映画。

    トラクターのトロトロとしたスピード感が良い。
    トレーラー。車。はたまた自転車といろいろなものに
    追い抜かされていくトラクター。
    それは世の中流れに残されていく姿、
    はたまた老人の老いと若さの対比などを思わせる。

    日が暮れたり、トラクターが壊れたり、
    疲れたりした時には一休みをする。

    その土地の人と焚き火を囲んで。
    そして老人は少しだけ語る。

    【ネットの映画レビュー】

    ・「老い」をまっすぐ見つめるロードムービー
    ・よくある良作(良い意味で)

    などなど。
    お約束の「旅を通して成長する」と
    いうことがないロードムービーという感想には
    なんだか妙に納得してしまった。

    今の気持ちの為だけに旅をした主人公。
    そのシンプルな衝動に好感が持てる。

    「類似的作品の域を出ない」と否定的なレビューを
    している人は映画「野いちご」を推していた。
    今度観てみよう。

  • 重荷になることもある。嫌になることもある。だけどかけがえのない存在。それが家族。

    絶縁状態の兄が倒れたという話を聞いて、彼のもとに旅立つ主人公。絶縁になった原因はほとんど触れられていないが、きっと大した理由ではないことがうかがえた。ラストシーンで再会を果たすが殆ど会話はない。何を話せばいいのかが分からないのか、それとも感動で言葉にできないのか。きっと、どちらも当てはまるのだろう。お互い無言の中、兄が涙をこらえるために視線をやや上に向けた演技がジーンときた。それも、弟の方を決して向かずに。

    旅程で主人公は様々な人に出会う。その中に、妊娠してしまったが周囲に言えず悩む女性がいるのだが、彼女とのやりとりもイイ。「枝は一本だと簡単に折れてしまうが、束にすれば折れない。それが家族ってものだ。」と主人公。大変なときこそ結束できる。そして乗り越えられる。翌朝起きると既に彼女の姿はなく、枝の束だけがポンと置かれていた。

    沢山の映画を観たが、感動シーンの多くは言葉が少ない。心に響くものは冗長ではない。

  • 実話が元だけあって、細かい伏線だとか台詞の中身について深読みは要らないように思う。ただ、ストレイトの人生とこの旅路を味わえばいい、そんな映画だった。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ストレイト・ストーリー リストア版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ストレイト・ストーリー リストア版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする