ピースメーカー [DVD]

  • 35人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (3)
    • (9)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
監督 : ミミ・レダー 
出演 : ジョージ・クルーニー  ニコール・キッドマン  マーセル・ユーレス  アレクサンダー・バルエフ  アーミン・ミューラー=スタール 
制作 : ハンス・ジマー  ウォルター・パークス  ブランコ・ラスティグ  マイケル・シファー 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年8月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113765114

ピースメーカー [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ハリウッドにありがちな展開で
    ストーリーが読めてしまって・・・

  • 『ディープ・インパクト』と同じミミ・レダーさんが監督の『ピースメーカー』を観ました。
    冷戦後、核兵器削減処理中のロシアで解体輸送中に奪われた核兵器を探し出して犯人を確保するお話だったよ。

    ジョージ・クルーニーさんとニコール・キッドマンさんが主演でした。
    机上で核兵器理論を研究しているインテリ学者のニコールさん(上司)と人と人とが殺し合う現場をくぐり抜けてきたジョージさん(補佐役)の構図は、日本の警察モノとかにもよくあるパターンだよね。

    ジョージ・クルーニーさんは、女ったらしだけど頭が切れるやるときゃやるさおじさんを演じると、本当にピッタリくる役者さんだと思いました。

    最初は転売してお金を儲けるために核兵器を盗んだのかな…ってところから、最後は大国が起こした戦争の犠牲となった小国で愛する妻と娘を殺されたおじさんの暴走ってところに話は向かっていきました。

    このお話のタイトルは「Peacemaker」だけど、これは大国アメリカ側からのことばであって、核爆弾を持って国連へ行こうとしていた小国のおじさんは「Peacekeeper」 ってことばを使っていました。

    Peace を make ってそう簡単にはできないよね。
    平和(Peace)を生み出す(make)って大義名分のもとで今までどれだけたくさんの個人や小国が大国や国連などの犠牲になってきたか、平和の創始者ぶってエラそうに勝手に大国だけで決めて実力行使してんじゃね~よ!ってことなのかも…。

    ご都合主義なシーンも多かったし、そもそも世界唯一の核被爆国に住むカピバラとしては、核爆発ってこの程度の被害じゃ済まないですよって思う部分もあったけれども、そのへんは仕方がないかな…(苦笑)

    インディ・ジョーンズさんでも冷蔵庫に入っていれば爆心地近くにいてもかすり傷1つですぐにピンピンってシーンがあったもんね。
    その後、普通に探検してたし…。

    今の時代にそぐわない常任理事国に拒否権があって、彼らの思惑に反する行動が取れない国連とか、世界は本当に綱渡りの不安定な状態で成り立っているのだなぁ~。

    主役の2人はハッピーエンドでも、世界の平和は混沌のまま…。
    それは仕方のないこととは言え、観終わってモヤモヤするお話でした。

  • ロシアにおいて解体されるはずの核兵器がテロリストにより奪われ、それを取り返す米軍人と原子力科学者の活躍を描いた。

  • 割と好きでDVDを購入
    でも内容をすっかり忘れている
    英語字幕で見ようかと思ったが挫折

    広場のカーチェイス
    橋の上での作戦
    ラストはアメリカ

    最近見ている「ボーンズ」と作りが似ているから
    それで見直したいと思ったのかも

    絵作り、大また開きの将校を背後から
    足幅1メートル以上広げている?

    Julia: Where the hell is my military liason?
    Devoe: Colonel Thomas Devoe reporting as ordered, ma'am.
    I'm sorry about in there, sometimes my enthusiasm gets the better of me.

    Julia: You will not take action without authorization.
    Devoe: What do you think I am, some gung-ho, stupid son of a bitch?

    Julia: So do you think he set us up?

    Devoe: My personal agenda is my business.
    Now you are not in Washington anymore.
    You are in the real world, and in the real world
    there are nuclear arms heading for Iran.
    Now whether your agree with me or not, GET ME AUTHORIZED!

    リアルワールドにぶちこまれた
    頭の切れる女性
    逆のパターンがあってもいいのにね

  • ※暴力及び流血描写の含まれる作品です。

    【印象】
    核弾頭がテロリストに渡る。
    悪用を阻止する為、米国防省所属の男と科学者の女が活躍。
    ロシア、東欧、トルコ、次々に移る舞台。

    【類別】
    アクション、ややサスペンス。軍事。

    【脚本等】
    展開にありきたりな印象を受けました。
    一部の真剣な場面で演出を失敗し、意図しない笑いになっていると感じました。

    【画等】
    主として明瞭です。
    場面によっては意図的に古びた雰囲気へ。

    【音等】
    音楽にはクラシック、少しマーチの要素。主張が適度です。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする