99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツ [Kindle]

  • 56人登録
  • 3.28評価
    • (0)
    • (6)
    • (11)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 河野英太郎
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2013年6月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (115ページ)

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツの感想・レビュー・書評

  • グループを超えて、数十人の方にお願いする作業がありました。その作業を迅速にして頂いた方もいれば、作業を無視する方もいました。

    私には、その方々に指示する権限はありません。グループの課長に、そこのグループ員に作業をして頂くよう、お願いするだけです。また、その作業について、グループ員の方と、完全に利害が一致してはいません。

    職務上、作業をお願いした方には、その作業をする責務はあると思っています。それを、いかに相手がやらなければならないと思うように仕向けるか、来月も同じ作業があるだけに、考え所です。

  • うちの現場のリーダーが結構当てはまる行動してて、改めて見習っていこうと思った次第。

  • リーダーは才能ではなく、全員がなれるものである。
    そして、そのリーダーになった上での考え方、行動がある。
    優れたリーダーになるために、リーダーとして何をするべきかカテゴリ別に分けて書かれている。

  • 会社の元先輩、河野さんの本。日々の生活で活かせる「リーダーシップ」のコツが読みやすくまとまっている。入門書的な位置づけで、私にはちょっと物足りないけれど、社会人になったばかりくらいの人達にお勧め。

  •  う~んどうなのだろう。著者は、誰でもリーダになれるというがこの本を最後まで読み終えると自分にはそんなにも器のでかさはあるものだろうか、など卑屈になってしまう。この感じがいけないのだろうと思うがどうしても思わざる負えない。

  • ・評価を伝える
    前向きで次に繋がる言い方をする
    なぜこのような評価になったのか、今後どうすればよりよい評価につながるのか
    ・手柄は必ずメンバーにわたす
    手柄はメンバーのもの、失敗はリーダーの責任
    ・その場で具体的に心からほめる
    感謝・お礼、感動、尊敬の3つの褒め方を実践
    ・ネチネチいわない
    助言は少ない方がいい
    できれば一度にひとつ優先順位の高いものだけに絞る
    相手への思いが強いときこそメッセージを絞りこむ
    ・安易に謝罪しない
    ・キーワードを浸透させる
    メンバーが前向きに動いているチームは、必ずキーワードを共有し、全員が自分のものとして使っている
    ・「私たち」と言う
    本来「君」といった二人称を使うべき時に「私たち」「僕たち」という
    ・「話す」より「聞く」
    ・いつでも暇をよそおう
    「最近どうですか?」と聞かれたら「暇です」と笑顔で返す

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツを本棚に「積読」で登録しているひと

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツはこんな電子書籍です

99%の人がしていないたった1%のリーダーのコツの単行本(ソフトカバー)

ツイートする