プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディション

  • 39人登録
  • 3.21評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (3)
    • (1)
  • 6レビュー
監督 : 大友啓史 
出演 : 二宮和也  鈴木保奈美  生瀬勝久  杏  水原希子 
  • 東宝 (2013年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104077332

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディションの感想・レビュー・書評

  • DVDではなく、TV 溜め録り視聴の感想です。
    2014/3/23 (日) に関東圏地上波 (テレビ朝日) での放映分です。

    普通に面白かったです。
    有名な東野さんの作品なのでハズレはないとは思っていましたが、まあまあ期待通りでした。

    邦画はあまり集中して見れない方で、大抵途中で飽きてしまうのですが、この作品は一気に見てしまいました。
    それだけ話も映像の作りも良かったいう事だと思います。

    豊川さんの現場刑事役がさすがでした。

    若干、数学ギフトの少女の件に違和感を感じてしまったので星5つとは行きませんでした。
    「そんな都合よくそんな人材が居るかよー」的な。

  • 少し長いけど、序盤の逃走シーンは少し面白かった。ただ、警察の無線の声とかもっと入れればかっこよかったのになーとも。
    肝心の内容については、嫌いじゃないけど、もう一捻りを期待してしまった。最後は結構退屈してしまいました。

  • テレビ放送の前に慌てて観た。
    水原希子が美しい。

  • 映画館で観れなかったのでamazonで予約をしておいて早速届いたらすぐに開封して観てしまいました。いつもなら何回かに分けてしか観れないのに(集中力が足らなさ過ぎデス)このプラチナデータは、全編及びオリジナルメイキングまでしっかりと観ました。〇〇映画祭など向きの映画では無いかも知れないけど私は好きです。でも何が良かったんだろう? う~ん。。やっぱり二宮君と豊川さん。大友監督。原作の東野圭吾さん。皆さん素敵で良かったです。

  • DNA。プラチナデータ。
    …その意味するのは?

    近未来。DNA情報からパーソナルデータを高度に解析できる時代。
    完璧なシステム。
    …だったはずが?!

    謎に迫る。
    プラチナデータの奥を探る。

    豊川悦司と二宮の対立し交錯する関係は、なかなか見所があった。

    序盤からSFサスペンスっぽい良い入り。
    でも次第に、邦画にありがちなノンビリ、というか停滞感もあり。正直寝落ちしかけたこと、しばしば。
    しかし、終盤に押し寄せるように展開が拡がって、真相に向けて収束していくところは良かった!

    徐々に迫っていくときのBGMも良い演出。

    原作が良い、ということもあるだろうが観ておいて損はない映画だと思った。
    邦画も益々こういった近未来SF的なサスペンスものを上映し続けて欲しい。

  • 2013年 日本

    プラチナデータ・・・極秘裏に集められた全日本国民の究極の個人情報・DNAデータから犯人を特定する最先端のDNA捜査が可能になり、検挙率100%、冤罪率0%の社会。神楽龍平は警察庁の科学捜査機関「特殊解析研究所」に所属する、天才科学者。いくつもの難事件を解決してきた彼は、DNA捜査の重要関係者が殺される連続殺人事件を担当することに。しかし、わずかな証拠からDNA捜査システムが導き出した犯人は、なんと、神楽自身だった――。
    結構評判高かったんですが、私のツボには入らなかったなぁ。真犯人が見つかるまではハラハラドキドキで面白かったんですけど、それからが何となく後味悪くて・・・。真犯人は浅間の言葉=ヒントから考えればすぐに分かるレベルで、他にいないよねと言う感じだったけど、なぜか言われるまで分からなかった。動機も分からなかったし。
    DNA捜査は、今の世界よりもずっと確かな犯罪捜査を可能にするのだろうけれど、でも確実なものなんてこの世にはないんじゃないかと思います。「より確実」はありえても「絶対」なんてものはないと、私は思うのです。そこに人の手が加わる限り、恣意的な歪みは生じてしまう。でもだからこそ、不確実な人生を人は楽しむのじゃないかなぁ。
    ニノと豊川さんの演技は良かったです。真に迫るもので、特にニノの二重人格表現には驚きました。こういう表現の仕方ができる人だったのかと。時々神楽とリュウのどっちが現れてるのか分からなくなったけど。
    結局リュウも神楽も、蓼科兄弟の想いをつないでプラチナデータを守ろうとしたってことですよね。だけど、だからって殺す必要まではあったのかなとちょっと思ってしまった。止めるためには逮捕させるくらいでも良かったんじゃないかなぁ。あ、でも警察側はモーグルを使いたくないし犯罪者としての神楽を捕まえて終わりにしたいのか・・・。
    神楽の父親の件といい、科学の進歩っていいことばかりじゃないんだよねと思いました。もちろん素晴らしいこともたくさんあるけど、それだけじゃなく苦しみや悲しみも生みだしてしまうことだってある。いつだって人の手によるもののすごさを感じられる人間でありたいね。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディションを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

プラチナデータ Blu-ray プラチナ・エディションはこんな映画です

ツイートする