Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 7/11号 [雑誌]

  • 18人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 文藝春秋 (2013年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910268520737

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 7/11号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 2013コンフェデ終戦の号。
    日本の現在位置は、世界の2NDグループになんとか手がかかっている、といったところでしょうか。
    ま、2NDのがけっぷちなんですけどね。

    とりあえず、勝つことはできなかったけど、イタリアと勝ち負けできるレベルにはいる、ということです。
    もちろん、彼我のコンディションとかあるけど。

    この先、求めることはバックアッパーでしょうね。バスケでいう6マン。残念なことに、今の代表で途中交代で期待する選手は、乾と憲剛だけだし。スタメンとは違った魅力を与えてくれそう、という点ですよ。
    スタメン同様のクオリティということではないです。

    そこに期待している、東アジア選手権です。

    吉田ですけど。
    彼は、まだ成長途中なんでしょう。きっと、2014じゃなく2018には、鉄壁なCBになってたら嬉しいナァ、と思ってます。

    昔は、凡ミスもしたけど今じゃあ、こんなに名選手になりました、みたいなさ。

    今回の記事では、71歳で優勝したボートレーサーがよかったです。限界はないね。
    でも、現場はなれたら急激に衰えるんだろうね。

  • 今日も疲れたのでこれ読みながらカエル

  • 今年のコンフェデ杯の日本代表についての記事が満載。

  • 2013/6/27 近所のコンビニで購入。
    2013/6/27〜7/1

    コンフェデ杯三連敗を受けての特集。勝てなかったことは残念であるが、アジアモードから世界モードに切り替えるキッカケとしては、下手に勝つよりは良かったのでは?ブラジル戦は確かに中途半端なサッカーで、もったいない感じもしたが、よく考えたら、FIFA公式戦でブラジルホームで0-3で敗戦したからと言って、かつての日本からすれば大善戦ではないか。勿論、負けを容認してはいけないだろうが、過信はもっといけない。2-0から逆転されたイタリア戦しかり、きっちり勝ち点を取ってくるメキシコ然り。日本はまだまだサッカー界のヒヨッコであることを教わった大会であった。今回の結果をしっかりと受け止めて、来年の本番にしっかりと活かして欲しい。

全4件中 1 - 4件を表示

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 7/11号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 7/11号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2013年 7/11号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする