オール・クリア1 [Kindle]

  • 14人登録
  • 4.29評価
    • (3)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 早川書房 (2013年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (397ページ)

オール・クリア1の感想・レビュー・書評

  • 前作「ブラック・アウト」を再読してからいよいよ「オール・クリア1」。2060年のオックスフォード史学生たちがタイムトラベルして第二次世界大戦中にやってきて当時の情勢を研究しているんだけど、いろいろあって現在に帰れなくなってしまい、という話。なんとか帰る方法をさがしてとんでもなく右往左往して、すれ違いにつぐすれ違い、待ち合わせや約束の時間にはことごとく間に合わず、空襲で危険な目にあってばかり、と、もう、やきもきすることはなはだしく。どきどきする! SFなんだけど、各登場人物が隠していることがあったり、そもそもなんで帰れなくなったのか、っていうことも含めて、複雑なミステリのよう。前のほうを読み返したり、「ブラック・アウト」までぱらぱら見たりとけっこう難しい。気にしなくても、おもしろく読めるけれど。
    すぐに帰れるはずが、長い時間を戦時下の危なくて大変な暮らしをしなくてはならなくなって、わたしならすぐあきらめそうだなあと。
    コニー・ウィリスの描く登場人物たちは、どの作品でもみんなすごくかわいい感じがする。今回も学生ってことを引いても、若者らしくてひたむきでかわいい。
    「オール・クリア2」で謎が解けるのがまちどおしい。

  • なんべん読んでもいいっすね。

  • 私にとってコニー・ウィリスの作品は「大当たり(=めっちゃ面白い)」か「大外れ(=めっちゃ面白くない)」しかないのだが、この『ブラックアウト/オールクリア』はちょと雰囲気が違うかなぁ…。
    なんせ話が長いのだ。『ブラックアウト』ではハラハラドキドキさせられて、第二次世界大戦中のロンドンに取り残された3人の運命や如何に! という感じだったのに、『オールクリア1』ではドイツ軍に空襲されているロンドンをドタバタと右往左往しているだけで、ほとんど進展がないのだ。
    こんな状態で、はたして『オールクリア2』で大団円を迎えることができるのかしらん。
    ということで、早く2の電子書籍版を出してくださいまし>早川書房さま

  • ブラックアウトの続編。歴史を研究する史学生がタイムマシンで、研究対象の時代に行くという設定。しかしながら、この本では最後までイカず、オールクリア2に続く・・・

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

オール・クリア1はこんな電子書籍です

ツイートする