アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫) [Kindle]

  • 225人登録
  • 3.92評価
    • (25)
    • (34)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 35レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2013年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (204ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
宮部 みゆき
デール カーネギ...
夏目 漱石
夏目 漱石
村上 春樹
伊坂 幸太郎
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • もともと気になっていたこの本、Kindleでセールになっていたので買ってみました。
    ある雑誌の特集によれば、この本の著者であるパウロ・コエーリョは世界中で最も多くの人々に読まれている50人の作家の1人にあげられているそう。

    物語は、羊使いのサンチャゴが、彼を待つ宝が隠されているという夢を信じ、アフリカの砂漠を越えピラミッドを目指すというもので、全世界で1000万部の大ベストセラーです。

    読み心地としては、「星の王子様」に非常に近いものを感じます。
    目に見えない世界の神秘に触れられます。
    日本に住んでいる私としては、砂漠やオアシスをはじめ、舞台がどこか幻想的に感じるし、錬金術師なんてまったくもって別世界のお話みたい。
    それでいて発信されてるメッセージは、深く心に響きます。最後の方はすこし、泣きたくなるくらい。

    夢を追いかけるすべての人に贈りたいし、これは、繰り返し読んでいきたいタイプの本です。
    文化が違っても、こんな風に国を越えて人々の心に届く本があるということは、ものすごいことですよね。

    本もいいけれど、これはKindleで買ってよかったかも。
    マーカーがいっぱい。いつでも手のひらの中で勇気をくれる言葉を呼び出せます。

  • 一気読み!(^^)!
    止まらなかった。レビューで、「星の王子様」と言っていた人もいたが、読みながら同じことを感じた。
    自分探しの旅でありながら、
    宗教的であり、哲学的であり…
    そもそも、宗教や哲学って、自分探しだよ。

    いきるって、こういうことだよなと、
    考えさせられた。

  • ◆運命論に支配された童話。様々なアイテムやイベントがRPGみたい。『指輪物語』や『ハリーポッター』のようにファンタジーを感じないのは訳文のせいか。部分的には気の利いた自己啓発名言多出。夢に向かって不断の努力をしていない自分の日常に耳の痛い言葉も多かったし、これから社会で自己実現していかなければならないムスコに読ませたい言葉もあった。ただ、個人的には「全ては書かれている・予定されている」という枠組み・大前提の中ではモチベーションは起こらないな。◆オチがよくある昔話だったので、ちょっとがっかりした。◆この本から恐れを消して前に進む力をもらう人が多くいるのもよくわかる。その「夢」がいつも正義とは限らないけれど。

  • 人が本当に何かを望む時、全宇宙が協力して、夢を実現してくれる・・
    引き寄せの法則を元に、人生において大切な考え方を教えてくれる本だった。
    英語版と並行で読んだけど、私は英語版の方が好き。

    以下、好きな台詞抜粋。
    ・悪いのは人の口に入るものではない。悪いのは人の口から出るものだ。
    ・傷つくのを恐れるのは、実際に傷つくよりも辛いものだ。
    ・真剣に自分の宝物を探している時、毎日が輝いている。
    それは一瞬一瞬が宝物を見つけるという夢の一部だと知っているからだ。
    ・すべてのものが、それぞれ運命を持っているということは、本当です。しかし、その運命は、いつか実現します。そうなったらそれぞれのものは、自分自身をより良いものに変えて、新しい運命を得なければなりません。

  • 『アルケミスト 夢を旅した少年』読了。
    奥深い世界に放り投げられた気分になったそんな読了感を味わいました。人生の選択において人は楽な方へ流されがちで難しいことへの挑戦を避けようとする。それを恐れずに運命に従おうとする少年が本当のあるべき人の姿なのかと思ってきた。考える暇なく受身的に読んでしまったけど、いろんなことに挑戦することもいいことなのかもしれないとすとんと物語からそう思えるような内容でした。
    自分の心を避けて、社会の動向やらを気にしすぎたことを反省しようと本から教えてもらえたような。

  • いわゆる児童文学的な語り口だが、その実、人生の示唆に富んだ内容(ブラジル版星の王子様、乃至はブラジル版宮沢賢治という評価に納得)。
    夢を追うことをいつしか忘れてしまった男には痛烈に響くなあ…

    心と向かい合うことの大切さ。「葛藤で何日も寝られないという少年に対し、「それは良いことだ、心が生きている証拠だ、心が言わねばならないことを、聞き続けなさい」と諭す錬金術師。「心に従え」というガンダムUCに通ずるものがある。
    「私たちが今の自分より良いものになろうと努力すれば、自分のまわりのすべてのものも良くなる」
    性善説のようだが、このスタンスが物事を前向きにし、更なる飛躍を生むのであろう。忘れてはいけない。

  • 幸福の秘密とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもずっと持ち歩くように託されたスプーンの油を忘れないこと。

    神は望みを持ってはならない。なぜならば、神は運命を持たないから。

    僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ。

    彼は新しいことをたくさん学んでいた。そのいくつかはすでに体験していたことで、本当は新しいことでもなんでもなかった。ただ、今まではそれに気がついていなかっただけだった。なぜ気がつかなかったというと、それにあまりにも慣れてしまっていたからだった。もし、僕がこのことばを、言葉を用いずに理解できるようになったら、僕は世界を理解できるだろう、と少年は思った。

    熱中する。愛と目的を持って物事を達成する。信じていることや望んでいることを追求する。

    夢を追求してゆくと、おまえが今までに得たものをすべて失うかもしれないと、心は恐れる。

    心を黙らせることはできない。たとえおまえが心の言うことを聞かなかったふりをしても、それはお前の中にいつもいて、おまえが人生や世界をどう考えているか、繰り返し言い続ける。

    自分の心の夢と望みを知る。

    自分の心から逃げることはできない。

    失敗するのではないかという恐れは、夢の実現を不可能にする。

    私達が今の自分より良いものになろうと努力すれば、自分のまわりのすべてのものも良くなる。

    一度起きたことは二度と起こらない。二度起きたことをは必ず三度起きる。

    何をしていようとも、この地上の全ての人は、世界の歴史の中で中心的な役割を演じている。そして、普通はそれを知らない。

  • 最初から最後まで不思議な本だった。
    途中から少年が色々な人やものに導かれるのに気づいて、そこからは一気に読み進めた、ワクワク感がある!
    何か掴めそうで掴めなかったので、もう1回くらい読みたい。

  • 童話のような感じであるが、随所に大事な言葉が散りばめられている。大人になってしまった私であるが、子供の時に持っていたはずの夢や目標はいつしか現実に飲み込まれてどこかに行ってしまった。この物語を読んで、子供の頃に何をしたかったのか、何になりたかったのか思い出さずにはいられなかった。そして、その頃の夢や目標をそのまま今の自分が実現しようと努力することは、とてもいいことなのだと教えてくれる。大人になること(なってしまうこと)の切なさのようなものを感じた。一方で、子供の時にこの物語に出会っていれば、もっと精神的に豊かな人生を歩めたかもしれない。今からやり直すのも遅くはないのだろうけれど。

    子供に読ませたい本のひとつであり、心が弱気になったときに読み返したい本でもある。元気をもらえる本だ。

  • 羊飼いの少年は、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出る。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。
    少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。

    2015年12月27日、電子書籍にて読了。
    今年の100冊目に選んだのは、私の好きなデュオ、アルケミストのグループ名の元となったこの作品。いつか読んでみようと思っていたので、今回の100冊目にしてみました。
    序盤は『星の王子さま』を思わせるような物語。冒険に満ちていて、するすると読み進められました。
    ですが。後半に進むにつれて、どちらかというと精神論が増えてくるので、『星の王子さま』と違って、児童向けではないようです。
    夢も神も、自分の心の中にある。自分を見失いそうになるときって、誰にでもあると思うので、そういうときに読むといい作品だと思いました。

  • 自分の直感を信じて夢をかなえる少年の素敵なお話しでした。
    子供に読ませたい!と思いました。

  • ぜひ10代の若いうちに読んで欲しいと思える本。人生の大事な心構えがたくさん盛り込まれている。
    今を生き、夢を生きることは素晴らしい、ということを旅物語を通じて活き活きと描いている。
    周りにどう見られるか、どう定義されるかではなく自分が進みたい道を歩めと。自分の心に嘘をついてはならない、そうすれば死ぬまでその嘘がつきまとうと。
    起きることは全て必然、運命であり、己の運命に従うならば、周りの全てはその運命を果たすために全力で協力をしてくれるであろうと。

  • 心に残る格言が多かったとの印象が大きい。
    ページ数的にもとても読みやすかった。

    登場人物も少ないために、小説というよりは世界に伝えられている伝記的なニュアンスが僕の捉え方である。

    人物の中で特に1人挙げるとしたら、クリスタルを販売していた老人である。彼の心持ち、あるいは考え方は共感できる部分が多かった。夢を見る、その夢を実現させようとせず、ずっと見続けるほうが幸せという考え方はその通りだと思った。しかし、この物語はそのような考え方には否定的である。夢を追う主人公の話なのだから当然だ。なので、僕は彼をアンチ的な目線から見ていたが、見続けるにつれ影響もされるものだ。現代人は夢を持つことを忘れているが、僕はそれで構わないと思っていた。だが、それではだめなのかもしれない。この本に出会ってそう感じた。しかし、考え方が180度変わるわけがない。だが、本としては皆におすすめする内容である。

  • 何回も読んでいます。
    その度に思うことがある、私にとって大切な本です。

  • 仲のいい友達が25歳の誕生日にくれた本ですが、人生の一つの節目に読むにはとてもいい本だったと思います。

    話全体を通して描かれているものは、非常に精神的なものでした。そのため、無宗教の自分には少しとっつきにくい部分もあったけど、それでも物語の中にいくつもある格言のような登場人物の台詞には、心に留めておきたいと思えるものがいくつもありました。

    途中で「ちょっとうまくいきすぎちゃうん?」と思うこともありましたが、結局、それこそが著者が一番伝えたかったことなんだと思います。

    "When you want something, all the universe conspires in helping you to achieve it."

  • 最新(2015年9月)の広告事例で、ブラジル人ならだれでも知っている小説「Alchemist(邦訳:アルケミスト―夢を旅した少年)」の著者による感謝広告があった。コピーは「アルケミストは、NYTimesで7年間、ベストセラー入り。7千万人の人に読まれました。もし、まだ、読んでいなかったら、この広告を読んでください。」というコピーで、タブロイド判の見開き広告で、この小説の全文を乗せている。新聞の文字の級数は4.1Point、虫眼鏡を使わなければとても読める大きさではない。どんな本かとアマゾンで調べてみると、日本でも海外文学ではランキング入りしている。ちょっとおもしろそうだったので読んでみた。まさに広告の効果か。

  • 結果よりもプロセスが本質だ。そんな勇気をくれる本。

  • 羊飼いの少年がピラミッドを探す旅を通して成長していく物語。
    一見ありきたりな設定ですが、素敵な言葉ば多いため、広く読まれるのでしょう。
    ストーリー自体はだんだん神秘主義な感じになって、よくわからない話も多いですが

    旅の時間潰しとして持っていったのですが、そういうときに読むのが最適だと思いました。
    あとは、もう少し若いときに読んどくとよかったのかなあ。

  • 子供が主人公で、冒険物語の形式をとっているけれど、内容はばりばりのスピリチュアル系。大いなる魂とか宇宙とかいう単語がやたらとでてくる。科学的な根拠なんてないけど結局世界ってこういうふうにできてるよね、この世界の真理ってこうだよねという内容で、わたしはそういう考え方が好きなのでとてもおもしろかったし生きるヒントがたくさんつまった本だったと思う。
    "常に今に心を集中していれば幸せになれます"

  • 世界中でもの凄く読まれた本だというので読んでみたのだが,正直何がそんなに良いのか分からなかった。少年の冒険譚の形を取って書かれていて,ご教訓めいた話がちりばめられているが,特に感銘を受けるようなものもなかった。もっと若い頃に読むと良いのだろうか? いや,あまり感想は変わらない気がする。純粋な心の持ち主になら,何か訴えるものがあるのかも知れない。ストーリーも出来すぎていて,冒険と言ってもハラハラするようなことはない。
    夢を持っている人には,実現に向けての後押しになるのかも知れないが,夢を追うばかりが良いことでもないように思う。まぁ,読む人それぞれ,受け取り方の問題なのだろう。

  • 最後の50ページは鳥肌がずっと立っていた。
    読み終えて思うのは、魂が弱っていたということ。
    自信がなくなるというのは、
    つまるところ信仰や魂への信頼をなくすというところによる。
    いつでもその時々にいること。
    現在にしか兆候と言うものは存在しない。

    ●以下引用

    幸運の秘訣とは、世界のすべてのすばらしさを味わい、しかもスプーンの油のことを忘れないことだ

    何かを本当に欲すれば、宇宙は常に、おまえの味方になってくれる

    そして自分ん人生がそんなにも急激に、しかも劇的に変わったことをなげいた

    神は不当にも、自分の信じたものをこんな目にあわせたからだ

    僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分がみたいように世の中を見ていたのだ

    前兆に気が付くようになるのだよ。そして、それに従っていきなさい

    彼は自分の運命から逃げないために、聞いてはいけないことがあることを学んだ。自分の意志で決定すると約束したんだ

    のんびりとタンジェのまちを歩いてみることにした。そうすることによってのみ、前兆を読むことができるのだ。彼はそれには多くの忍耐が必要だということを知っていた。

    時には川の流れはもうとめられないこともある

    少年は夜明け前に眼を覚ました。彼がアフリカ大陸に足を踏み入れてから、十一か月と九日が立っていた

    少年は一年間一生懸命に働いたのだった。そして前兆は今こそ行く時だと告げていた

    王様は自分の運命を実現しようと努力する者を助けるために、いつも現れると言っていた

    確信を持って、自分に言った。しかし、彼は自分の決心に、もはや幸せを感じなかった。彼はまる一年間、自分の夢を実現するために働いてきたが、今やその夢は一分ごとに重要さを失っていった。おそらくそれは、本当の夢ではないからだなのだろう

    自分がなぜ羊の群れに戻りたいか知っている。僕は羊たちを理解しているからだ

    決心するということは、単に始まりに過ぎなかった。決心するということは、まるで、急流に飛び込んで、その時には思わなかった場所に連れてゆかれるようなものなのだ

    宝物を探しにゆこうと決心した時、僕はクリスタルの店で働くなんて想像もしなかった、そしてこのキャラバンに加わると決心したけれど、それがどこに行き着くかはは、僕にとってはまったく未知なのだ

    人生に起こるすべてが前兆なんだよ。

    不思議なものごとはくさりのように一つずつつながって起こってくるということ。

    風は決してやむことはなかった。少年はタリファの要塞にすわっていた時、同じ風が顔に吹き付けていたのを思い出した

    直観とは、魂が急に宇宙の生命の流れに侵入することだと理解し始めた。そこでは、すべての人の歴史がつながっていて、すべてのことがわかってしまう

    人びとは明けがたの空にその星が輝いているのを見ると、自分たちが水とやしの木と避難所と人々のいる場所に向かって正しいコースを進んでいるのを知るのだった

    あと戻りができなければ、前に進むことだけを心配すればいいのです

    君が全身全霊で欲した時、君はその「大いなる魂」と最も近い場所にいる。それはいつも前向きな力として働くのだ」

    キャラバンと砂漠は同じ言葉をはなしていました

    その誰もが自分の運命を最後まで追求してした。彼らは旅行し、賢人と会い、疑い深い人たちにも奇蹟を起こしてみせた

    人は誰でも、その人その人の学び方がある

    私は過去にも未来にも生きていない。私は今だけにしか興味を持っていません。もし常に今に心を集中していれば、幸せになれます。

    オアシスだ。
    では、なぜ今すぐ行かないのかな?
    寝なくてはならないからだ

    少年はその先、... 続きを読む

  • 「アルケミスト」読了。羊飼いの少年が、自分の意思で世界を旅し、なんか変な奇跡体験をする「ひとりひとりの可能性は無限だよ」的な話。自己啓発の古典名著的な評価だったので読んだけれど、三十路のおっさんには特に得るところのない児童小説だった。中学くらいで読んだら楽しかったのかも。

  • アンダルシアの羊飼いの少年は、「ピラミッドのほど近くに宝が埋まっている」という夢のお告げを信じ、アフリカへ旅立つ。
    世界的ベストセラー、現代の『星の王子さま』、ということで新鮮さや独自性が一切感じられない。非常にのっぺりとした展開が続き、旅の途で少年が受けるさまざまな人生訓も陳腐で上滑りして聞こえる。
    年を重ねてから読んだのがいけなかったか、売れる本とはえてしてそういうものなのか。もう少し独特の切れ味や雰囲気があるかと期待したのだけれど。

  • アラブの諺? 『一度起きたことは二度と起こらない。 二度起きたことは必ず三度起きる。』 ハッとさせられる本質を突く言葉。 歳を重ねた今の自分の感受性では、受け止め切れなかった処が多かったのは否めない。 年少者に薦めてみたい。

全35件中 1 - 25件を表示

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)の単行本

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)の単行本

アルケミスト 夢を旅した少年 (角川文庫)のペーパーバック

ツイートする