昨夜のカレー、明日のパン [Kindle]

  • 47人登録
  • 3.93評価
    • (7)
    • (12)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 木皿泉
  • 河出書房新社 (2013年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (143ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

昨夜のカレー、明日のパンの感想・レビュー・書評

  • ◆喪失を抱え、こわばり動けなくなったとき、ひとつの「ことば」が動かしてくれることがある。「こころ」は「ことば」の形をとって初めて人に伝わり、人を動かす魔力を持つ。◆第一章「ムムム」からの第二章「パワースポット」の流れが好き。私的にはここで終わってもよいくらい好き。◆やっぱり心は言葉でも雪だるまのキーホルダーでもお茶碗でも、形を持たせなきゃ・見える形に表さなきゃ駄目なのだなぁ。
    【2014.04.24】

  • テレビのドラマを観終わってもう一度読んだ。いい味は出てると思うけど、ドラマの方がより雰囲気がある感じ。クレジットをよく見ると脚本が著者だった。だからかぁ…ドラマも全7話、2回観た。

  • タイトルと、本屋大賞にランクインしていたという理由で手にとって、半年ほど積ん読していた。
    結果としては、もっと早く読んでいればよかったと思っている。
    文章から見て、若い新人作家なんだろうなーと勝手に想像して、読了後著者情報を見てみると、小説家ではなく、脚本家で、しかも夫婦。そして60代ということに驚きを隠せなかった。
    ギフとテツコのさばさばした感じが、60代でかけるなんて、凄い、と感嘆した。
    言われてみれば、作品の内容自体も脚本家っぽい造りだったような気がしてくるから不思議だ。
    いわゆる、ハマった状態なので、他にも作品があれば読んでみたいと思う。

  • 請求記号:913.6/Kiz 
    資料ID:50072141
    配架場所:1F テーマ展示
    【感想文 by I .M】
    以前この本を読み、十月に始まったドラマ版を見て、もう一度この本を手に取りました。木皿泉さんが紡ぐ言葉はいらないものが一つもなく、まさに言葉が「呪文」となってこころに沁み込んでいきます。死という絶対的な悲しみをベースにしながら、優しさと穏やかさと強さと、愛しさに溢れています。ドラマも脚本を木皿泉さんが担当されており、原作と少し異なる展開や延長線の言葉は、また新しい愛しさを生みだしているように感じます。

  • これもタイトルにやられた感が、すこ~しだけ良かった。

  • ギフとテツコを中心に、その周辺の人々がかわるがわる主役になる短編が続いていく形式。視点が変わったり、時代が変わったり、なかなかおもしろい構成ではあるね。それぞれがそれぞれに生きていく姿がうそっぽいようでありリアルでもある。ドラマ化されるらしいが、これどうするんだろ?

  • 一冊の小説、ひとりの作家との出会いは何がきっかけなのだろうか。誰かの推薦や、一遍の書評だったりするのだろう。もっと必然性の薄い出会いもあるだろう。図書館の書架で何気なく手にとった。装丁が変わっている、なにか惹かれるデザインだったというような場合だってあるだろう。本書はまさにそれ。作家も題名も記憶にはなかった。

    夏休み用にと図書館の書架を巡って見つけた。ぱらぱらとめくって本文読むと、日常的な題材であることがわかる。2Kのアパートに住んでいた、壷の柄のワンピース、食卓の上に預金通帳・・・・。文字も大きいし、紙面の白地もほどほどにある。図書館の本だから選択ミスしても大丈夫。

    夏休みが終わろうとしている日曜日の午前、読み始めてみた。5分も読んだであろうか。響いてくるものがない。読み続けるぐらいなら、facebookチェックしたほうがいい。はい、おわり。通勤用のカバンに入れて、おしまい。出会いにはなりませんでした。念のため、Endnoteにデータ入力しておいて、本書とはお別れ。念のために調べたら『野ブタ。をプロデュース』の脚本家。おっとっと。真面目に読んでみるべきだったか。

    木皿泉『昨夜 (ゆうべ) のカレー、明日 (あした) のパン』河出書房新社,2013 (ISBN978-4-309-02176-8) ◇広島大図 913.6:Ki-97::0100547557

  • なかなか良いじゃないですか。会話のペースが気にいったなと思ったら、脚本家とな。なるほど。

  • みんな一生懸命に生きてて、みんな素敵だった。

  • 脚本家 木皿泉の初小説。嫌いではないが、ドラマ脚本で期待するのに比べると、展開が整理されていないように感じられるところが多々あった。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

昨夜のカレー、明日のパンを本棚に「読みたい」で登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパンを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパンを本棚に「積読」で登録しているひと

昨夜のカレー、明日のパンはこんな電子書籍です

昨夜のカレー、明日のパンの単行本

ツイートする