ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]

  • 52人登録
  • 2.88評価
    • (2)
    • (5)
    • (8)
    • (6)
    • (3)
  • 5レビュー
監督 : ギャヴィン・フッド 
出演 : ヒュー・ジャックマン  リーヴ・シュレイバー  リン・コリンズ  ダニー・ヒューストン  ライアン・レイノルズ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142960221

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 「X-MEN」シリーズ通算4作目。
    この作品はシリーズの主人公・ローガン(ウルヴァリン)の過去を掘り下げています。

    これまでは、ミスティークという圧倒的に魅力のあるキャラクターの存在で、ローガンの主人公性が食われてしまっていた印象。
    しかし今回ミスティークは未登場。
    ローガンがガッツリ主人公です。

    「X-MEN」のスピンオフという位置付け作品ですが、本作の続編も製作されそう。

    しかし…
    ホントこのシリーズは新作の度に面白くなってる印象。
    期待以上でした。
    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • ちょっと雑な感じもしたが普通に面白かった。アメコミとか全然知らないので、デッドプールがここからいたことを初めて知った。

  • X-MENシリーズ、ここまで3作「いつか面白くなるはず。」と思いながら観てきて、今作で自分的にやっと爆発w
    ローガンの過去を知ることで、今作だけでなく過去作にも一気に厚みが出た。
    この話を時系列通りにシリーズの先頭に持ってこれていたらな…ってちょっと思ったり。

    3.8点

  • 最初に、まずこの作品を見る前に、少なくともX-MENシリーズの1作目を見た方がいいです。そうじゃないと100%楽しめないし、色んな情報を取り逃がすと思う。
    タイトルから分かるように、この映画はウルヴァリンことローガンがメインの話。X-MENシリーズ3作でもほとんど謎とされている、彼がミュータントとして覚醒し、ストライカーにアダマンチウムを埋め込まれ記憶をなくすまでの期間を描いてます。
    見る前はただヒュー・ジャックマンがカッコイイだけの映画かな?ってちょっぴり心配したけど、見終わって大満足。ちゃんとX-MENらしさが随所に現れた作品になってて安心しました。

    前半は悲しいエピソードがたくさん。親切な老夫婦の話はホントに泣きそうになった。そしてウルヴァリンという名前の由来が特に悲しい。意外な由来に驚き、同時に切なくなりました。

    大切な人をみんな奪われてローガンが復讐を決意してからは、とにかく激しいアクションとストライカーたちの陰謀にハラハラ…。
    このシリーズには色んな力を持ったミュータントが出てくるから、とにかく見てて飽きない。今回は前3作品ほどミュータントの数は多くないけど、皆なかなかいいキャラでした。
    特に新キャラとして登場したガンビットは出番は少ないものの戦い方が凄くかっこよかったし、ウェイドの刀捌きも素敵でした。
    そして密かに、若い頃のスコット(サイクロップス)が出てきたのも嬉しい。彼とエグゼビアがいかにして出会ったのか?というエピソードもあって、このシリーズが好きな人には嬉しいサービス。

    ローガンが全裸で滝壺に飛び込んだり、全裸で農場を走ってる姿は一瞬ネタかと思ったけど。。。

  • 弟大好きすぎるお兄ちゃんが萌える。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ウルヴァリン:X-MEN ZERO [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする