X-MEN [Blu-ray]

  • 102人登録
  • 3.50評価
    • (4)
    • (19)
    • (22)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
監督 : ブライアン・シンガー 
出演 : パトリック・スチュワート  ヒュー・ジャックマン  イアン・マッケラン  アンナ・パキン  ファムケ・ヤンセン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142960320

X-MEN [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 2017.06.21.

    「ローガン」を見てしまったので、
    x-men シリーズを始めから見ることにしました。
    プロフェッサーXの若さにも
    ローガンの若さにも
    なんだかとってもびっくり。
    2000年の映画らしいので、まあ、20年近く経っているんだから 仕方がないか…
    それにしても、年齢層高くて始めちゃったシリーズだったのね。
    「ローガン」見る前にファーストゼネレーション見たけど、
    そりゃあ、若返らせるわけだ!と納得しました。
    それにしてもローガンの髪型何とも言い難い…
    ヤマネコみたい

    ミスティークが恐ろしく
    トード役がダース・モールやっただなんて
    これまたびっくり

    続き 楽しみ

  • X-MENシリーズが大好きで、久しぶりに無印?のこちらを鑑賞したら、まずパトリック・スチュアートとイアン・マッケランが若いのにびっくりしました。

    ケリー上院議員が話しているところで再会するプロフェッサーとマグニートのシーンがしびれます。車椅子で座って目でだけ演技できるパトリック・スチュアートと黒のロングコートに身を包み、黒の山高帽をくいっと下げるイアン・マッケラン。若い俳優には絶対に出せないあの雰囲気。

    映画版の1作目なので、方向性を迷っている感じがあるなと感じましたが(主人公?をローグにしなくても良いのでは、と思ったり。でも、ローグを守るお兄さん的ウルヴァリンというのは王道かもとも思ったり)、さすがハリウッド!的な見せ場を要所要所に盛り込む様は、やっぱり観ていて楽しいです。

    絵的には、ウルヴァリンとジーンは美しいのですが、ジーンはスコットを軽視しすぎなんじゃないの、ウルヴァリンはジーンの見た目だけにやられすぎなんじゃないの、ジーンはウルヴァリンの体目当てなんじゃないの、とか色々邪推してしまって、なんだかなと。ヒュー・ジャックマンは好きですが、ウルヴァリンはちょっと苦手です。

    戦闘シーンだったらストームが一番好きでした。あと言わずもがなのプロフェッサー。

  • 個人的にはアメコミ映画のなかで一番美味しい設定なのではないかと思います。全員ほんとうに美味しいのにどうして観ていてもテンションが上がらないのか永遠の謎です。

  • 以前スマステにて「何度でも見たい!ハリウッドSF映画ベスト20」という特集が放送され、本作(シリーズ)が第20位にランクインしていました。

    突然変異で人間からミュータントへ進化した人達の物語で、ミュータントと彼らの存在に否定的な人類の争いを描いています。

    この手の作品は登場キャラクターが魅力的でないといけない気がするのですが…
    主人公ウルヴァリンは毛むくじゃら…毛むくじゃらのヒーロー。
    そこが少し残念。
    悪役のミスティークの方が遥かに魅力的で印象にも残ります。

    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • ミュータントの歴史は差別との戦い。ホントにいたらどうするんだろう。

  • WOWOWで視聴。吹替え版。
    かなり有名な2000年全米公開作ですが今更初めてちゃんと見ました。長らくマーベル作にあまり興味が無かったのと、ややこしそうで避けていたんですが、ちゃんと見たら思ったよりずっとシンプルで楽しめました。
    ミュータントと呼ばれる異能に目覚めた(生まれつき…?)生物が、普通の人間と共存するか、それとも人間に抑え込まれるくらいなら支配するか、ミュータント内での見解の違いによる争い。
    まぁどちらもそれなりに気持ちはわかるので、どちらに対しても「やっちまえ!」という気持ちになりきれない辛さはありますが。
    マグニートー役のイアン・マッケランが素敵すぎるというのもあり…しかし今作限りなんでしょうか…。
    他のキャラそれぞれにそれなりに魅力があり、2以降も楽しみですね。爆発的な面白さはまだ感じられていませんが…。
    アクションがすごいワイヤー感だったりするのも既に14年前の映画だと思えばやむなし。
    ブライアン・シンガーの割に緊張感少な目なのもちょっと残念でしたが…

  • 今見てみると最終決戦のアクションのもっさり具合が気になる。

  • レンタル
    ★3.5
    思ってたより楽しめた。
    プロフェッサーがスキンヘッドなのは…ファースト見たあとだと残念な感じ

  • DVDだけれど。特殊能力があって、でも主人公が葛藤して、ストーリーも悪くないものを見たくて、「そういえばX-MEN」が良かったかもと思い出して見直した。

    最初のシーンは悪役のこども時代の話で、悪役にも心や背景があるのがいい。
    悪対善の話ではなくて、そこに「少数派を異端児として扱う卑劣な人間
    」も描かれていていい。
    ミュータントを規制する法案を出していた強硬派の議員をただ殺すのではなく、ミュータントにして気持ちを分からせるのもよかった。

    アメコミの中ではダントツに、特にシリーズの最初のこの一本はいいと思う。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

X-MEN [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする