X-MEN2 [Blu-ray]

  • 68人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (15)
    • (10)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ブライアン・シンガー 
出演 : ヒュー・ジャックマン  ハル・ベリー  パトリック・スチュワート  イアン・マッケラン  ファムケ・ヤンセン 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142960429

X-MEN2 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • シリーズ第2弾。
    依然として、人類とミュータントの争いが続いている中で起きた事件を描いています。

    前作では、あまりヒーローらしさが感じられなかった主人公・ウルヴァリンですが、今回はかなりヒーローやってます。
    これなら主人公として魅力的。
    ただ…
    やっぱりミスティークの方が圧倒的存在感で魅力的なのに変わりはない訳ですけどね。
    「X-MEN」と聞いたらウルヴァリンよりもミスティークを思い出す人の方が絶対多いと思うんですが…。

    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • 2017.06.25.

    思っていたより面白いx-men シリーズ!
    今回のジーンはナターシャに激似

    ローガンの過去もわかってきた。
    マグニフィートのミスティーク
    チャールズ達
    どーなるのかなあ?

  • マグニートが格好良い、に尽きる作品でした。

    プラスチックの牢獄で痛めつけられる彼も新鮮だったし、目の周りに痣をつけてプロフェッサーに心配される彼も可愛かったし、血液から鉄分を取り出して脱獄する彼もしびれますし、「君たちはいつ飛び方を学ぶのかね?」とか言いながら(結果的に)助けてくれる彼も素敵でしたし、ジェットの中でミスティークとくすくす笑ってるのも可愛かったし、最後の非道な所業もなんだか許せてしまう悪役として正しいニヒルさで、何度もイアン・マッケラン大好き!と心中で叫びました。

    X-MENはミュータントと人類という構図を取った、差別の話ですが、自分がミュータントだとカミングアウトしたアイスマンに母親が「Have you tried not to be a mutant?(ミュータントじゃなくなるようにってしたことはないの?)」というセリフは、そっくりそのまま、ゲイだとカミングアウトされた親が言いそうなもので、差別されるようなものは治す治せないというものではないのだよなあと思った次第です。

    3作目が非常に残念な展開を行うため、これが実質の初期シリーズの最後かと。

    しかしミスティークはミュータントの能力以上に素晴らしい力を持っていますよね。全方位で強くて大好きです。

  • 味方側になったミスティーク&マグニートーにわくわくした。
    だが、結局なにもブレてなくてすっきりw

  • 得体のしれないミュータントを恐れ差別的な法規制を進めようとする人間と、そんな人間を恐れるミュータントの図式は今作も変わらず。
    ウルヴァリンの過去の秘密が少し描かれたってところでストーリーに若干奥行きは出たが、まだまだ並のアクション映画って感じ。

    3.0点

  • 新たな敵を前にしてXメンとマグニートーが手を組むという展開はやっぱり燃える。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

X-MEN2 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

X-MEN2 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする