ダ・ヴィンチ 2013年 08月号 [雑誌]

  • 139人登録
  • 3.60評価
    • (7)
    • (19)
    • (18)
    • (4)
    • (0)
  • 28レビュー
  • メディアファクトリー (2013年7月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059470838

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ダ・ヴィンチ 2013年 08月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 全国の暮らしに根付いた本屋さんの特集。
    コンセプトのしっかりした本屋さんも大好きだけど
    平均的にいろんな本を扱ってくれている本屋さんも
    とってもとっても大事♡

    私のよく通っている屋上に観覧車がある宮脇書店も。
    ほんとに目を疑いたくなる光景です…[笑]

    そして、「有頂天家族」に「言の葉の庭」の
    シノプシスとイメージイラスト!!!
    まだブルーレイを見てないから、本編を見てから
    じっくり読もうと楽しみに温存中♡

    今回の短編は大好きな大島真寿美さんの本をめぐる短編。
    父から市立図書館を受け継いだ女性の話。
    「サエズリ―」とはまた違った図書館の内包する想いが
    切なくも愛おしいステキな短編。
    毎回「ダ・ヴィンチ」の短編は贅沢でうれしい♡

  • 実物のナオコーラさんを初めてみた。
    可愛いし、若いのでびっくり。
    (もっとクールな感じの人だと思っていた)
    しかも永江朗さんとの書店めぐり

    この号で数冊、面白そうな本を見つけたので
    図書館で予約した(o^∀^)

    「ヨハネスブルグの天使たち」宮内悠介
    読みたいけど、図書館にはなーーーい(ノ_・。)

    わたしの街の本屋さんが1軒も特集に入ってなかった。。。
    哀しい。ま、田舎で大型書店しかなくなったので
    仕方がないよね。
    個性的な本屋がたくさんある町に住んでみたいw

  • 日本には面白い本屋がたっくさんあるんだな。
    本が読まれる国の国民は幸せで、平和であろう。

  • 本の情報が大量…!
    初めて読んだけど面白かった。
    次からも買おうかなー

  • 本屋さん好きにはたまらない。

  • 本屋さんの特集。
    行ってみたいところがたくさん。

  • [特集]わたしの街の本屋さんは非常に良かった。47都道府県にはまだまだ、大型書店に負けない本屋さんが沢山ある。本屋さんて、何時間でも居られる場所なんだよなぁ。自分の住んでいる地域には残念だけど、小さな書店が閉店を余儀なくされてしまったのが本当に悔やまれる。

  • 能年玲奈ちゃんが表紙だったからさーめんこいなぁ
    モードなお洋服を着ても無機質にならないね!!

    本屋特集ということで地元の本屋が載っていたが、あそこは本屋っていう意識はないなぁ…でもまぁ他にこれといった本屋も無いしな
    でも結構大きくページ使って組まれてたから嬉しい☆地元民として
    あと書店員男子!!もー黒髪色白はデフォルトだよね~オプションでメガネかな?わたしの行きつけ本屋にも「どこの二次元から出てきた!?」っていう黒髪色白いけめんがおります…棚越しにジロジロ見てます…

    源ちゃんの連載再開の号だったけどね…トホホ…

    近藤史恵さん、ずいぶんぽっちゃりされましたね…この雑誌は必ず作家の写真載せるの?それって売上アップにつながるの?タイヘンね最近の作家さんは…

    (くまざわ書店で購入)

  • 【図書館本】本には興味あっても、本屋には興味がない(いいな、と思っても通えない)のでサラリと読了。イケメン店員もいい(いらない)……。いつも以上にチェックした本少ないし、なんか凹む。

  • 自分が働く店が載っていたので購入しました。
    自分を本好きにしてくれた本屋さんには感謝ですね。
    私も書店員として多くの方にお気に入りの一冊を見つけて頂けるよう日々頑張っていこうと身が引き締まりました。

  • 読み切り小説がほっこり面白い話で良かった。

  • わたしの街の本屋さん特集!
    自分の昔働いていた店や、よく行く本屋さん、家が近くてずっと気になってた本屋さんが今回のダヴィンチに詰まっていて嬉しくなって購入。

    知らない店もゆっくり回れたらいいなーって♪

  • 新しい本屋を開拓したい。

  • 行ってみたい本屋さんがたくさん。

  • 能年玲奈ちゃんはかわいいな。

  • 夏休みに読む本を選ぼうと、久々に「ダ・ヴィンチ」を買いました。

    今回の特集は「わたしの街の本屋さん」。




    これ読むと、本屋さんにやっぱり行きたくなりますね。

    最近、Kindleばっかりだったので、そろそろ本屋さんでじっくり本を探したい気持ちになりました。




    あとポップ職人さんの特集は、おもしろかった。




    以前「ストロベリーナイト」と出会うきっかけとなったポップ職人さんも出ていて

    懐かしかったですね。

    こういうちょっとずつのフィーリングの一致が好きな本との出会いになるのだと

    あらためて感じました。




    さぁ~本屋さん、今日の仕事帰りによろっと(-^□^-)

  • ジャケ買いだけど、なにか?

  • 能年ちゃんのインタビューに★★★★

  • 神戸元町商店街の海文堂さんが出てる! 妙に濃い専門書が魅力で好きな本屋です。
    かなり通った米子の今井ブックセンターは懐かしい。こんなに綺麗な本の学校になったんですね。
    松江の旧・西村書店。今はArtos Book Storeとはまたオシャレな。

  • 本屋大好き♡

  • 今月は全国の本屋特集です。新潟の「ツルハシブックス」、この夏に行ってみようと思いました。
    今週、『風立ちぬ』の試写会に行くので、事前にいろいろ情報収集できてよかったです。

  • 本と格闘するあなたに。

  • 関西の本屋は、全部知ってるトコロだからなぁ←実はウソ。。。

    メディアファクトリーのPR
    「人に歴史あり、本屋にドラマあり 編集h
    今月号の特集は、「わたしを本好きにしてくれた、わたしの街の本屋さん」。超拡大56ページで、関東甲信越/関西/北海道/中国・四国/九州・沖縄/東北/中部と、全国各地のご当地本屋さんと、そこに集う人々のドラマをご紹介しております。
    記事を作っていて思ったのは、本屋さんとその街のつながりの深さです。どの本屋さんも街の人々に愛されているし、どの本屋さんも、街の人たちに愛される店づくり、本棚作りを、していらっしゃいました。そして、当たり前ですが、どの本屋さんも本が大好き!自分の住む街に通える本屋さんがあるかどうかは大げさではなく、その後の人生を大きく変えます。こんな素敵な本屋さんに子どもの頃から通っていたら、そりゃあ本好きになるよなあ、としみじみ思いました。あらためて、私を本好きにしてくれた街の本屋さんに感謝。私も地元に帰ったら、子どもの頃に通っていた本屋さんにまた立ち寄ってみようと思います。

    特集内では、
    「永江朗&山崎ナオコーラのぶらり東京書店めぐり」
    「戸塚祥太(A.B.C-Z)アイドルが体験! 1日書店員」
    「会いに行ける!イケメン書店員グラビア」など、楽しい本屋さん企画も満載です。
    そして、来年の5月号(4/6発売)ダ・ヴィンチ20周年記念の一環として、
    読書用品ブランドBIBLIOPHILIC(http://diskunion.net/bibliophilic/)をパートナーに、本読みが本気で欲しくなるようなオリジナル読書用品のコラボ製作もスタートしました。
    特集内で、そのためのダ・ヴィンチ読者に聞いた読書用品にまつわるアンケート結果と読書用品開発1回目のミーティング結果もレポートしております。
    そちらもぜひご覧くださいませ!」
    http://ddnavi.com/dav-contents/149252/

全28件中 1 - 25件を表示

ダ・ヴィンチ 2013年 08月号 [雑誌]を本棚に登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2013年 08月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2013年 08月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2013年 08月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする