Free! 1 [Blu-ray]

  • 133人登録
  • 4.17評価
    • (22)
    • (13)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : 内海紘子 
出演 : 島崎信長  鈴木達央  宮野真守  代永翼  平川大輔 
  • ポニーキャニオン (2013年9月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013428560

Free! 1 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • こどもたちが大好きなアニメです♪ けいおんの京都アニメーションの作品だそうです。みるたび泳ぎたくなるうちのお兄ちゃんは、このメンバーのひとりとおんなじ名前です♪

  • まだ定まっていない感じとか、ドッペルゲンガーとか小ネタがあって一期1話が個人的にいちばんヒットです。裸エプロンは少しぎりぎりな感じが否めないけどこのくらいはじけていた頃が面白かった。

  • スポ根ではないスポーツアニメ。
    終始イチャつきを見せつけてくる。ほんとにずっとイチャつきを見せつけてくる。

  • 映画を観たので一話から振り返り。発売順以上仕方のないことなんだけど(原作→アニメ一期→原作2巻→アニメ二期→映画、映画は原作2巻を基にしたストーリー)、映画で描かれた中学校の水泳部を放り投げるように辞めちゃってるという設定はなんだかもやっとした気持ち。
    映画だと中学生ということで受け入れられた遥の設定も、やっぱり高校生にもなってみると奇行ぶりが際立っていやはやなんとも。
    しかし京アニ初の女性向け(でいいのか?)アニメということもあるのか、作画に関しては気合入りまくり。水の表現なんかは最高に美しい。その分ストーリーの粗はやっぱり気になる。まだまだ話がどう転がるか分からないまま2巻へ続く。

  • 水泳モチベを上げるために見始めた。映像がキレイで、泳いでいるシーンとか、「私もこんな風に綺麗に泳ぎたい!」と、想像していたとおりのモチベーションアップ。スポーツものは多いけれど、水泳が題材のものって初めてみたけれど、なかなかに面白い。

  • 全12話。のっけからの男子の裸エプロンや壁ドン、「責任とってくださいね」など、ちょっとキュンキュンしてしまった。

  • 京都アニメーション制作の水泳男子を主人公に据えた青春アニメ。男性キャラクターの登場が基本的に多いですから、主たるターゲットは女性だと思いますが、同じく軽音部女子を主人公に据えた『けいおん!』と、技法的に重なる部分もかなり多く、やはり映像表現に関してはさすが感が漂います。1話に詰め込む物語の情報量も多ければ、視覚的な映像表現の情報量も非常に多く、見終わった後30分以上画面を眺めていたかのような錯覚に陥ります。

    基本的に水泳というのをテーマにした作品ではありますが、主題は「共生型の同一化」(※後述)であり、それを可能にするために、個々の人物がそれぞれ非常におもしろい問題を抱えてそれぞれに関係しあっているのが見所ですから、部類としては思春期から青年期にかけての青春ドラマに入りますので、スポ根ものや競技そのもののおもしろさを期待して見る作品ではありません。
    「共生型の同一化」に対立する概念として、「支配型の同一化」というテーマが始終示されていますが、各キャラクターの抱える問題のうち、主人公・遥の抱える問題以外はおそらく、女性の共感しやすい問題(たとえば親との愛着の問題をクリアできず、思春期以降にひきずってしまうライバルキャラクター・凜や、内向的で依存的な性質を持つ親友・真琴がトラウマを克服していく過程など)ですから、登場人物をほとんど男性でそろえ、女性をターゲットに本作を展開したのは非常に効果的というか作為的というか、繊細な物語であったと思います。また、アニメーションの密度が濃く、その情報量や細かな動作、象徴的な視覚表現が多用され、言外のコミュニケーションも非常に多くなっていますから、行間を読ませたり、言葉ではなく感情を伝えたりするシーンが多く、こういったところも女性に評価されやすい表現手法でしょう。基本的には、主要なテーマ以外、文章としては黙して語らず、視覚としては非常に雄弁で、実際のリアルなコミュニケーションと近い部分が多いのかもしれません。

    作中に使用されているBGMも、これでもか! というくらいシーンを強調するものも混ざりつつ、基本的には綺麗で映像表現の邪魔をしないものが選ばれていますから、全体的な統一感も高かったように思います。わりとコテコテです。

    基本的には、優しくて繊細な少年たちの話になりますから、人物像や出来事にリアリティがあるか、といわれれば、こんなリアリティがあればよかったのに、と自分の青春時代と比べつつ、落ち込む人も出てくるかもしれませんが、最初から最後まで、のたうち回るようにして揺れていた凜に示される受容と再起の可能性には、勇気づけられる人も多いのでは。

    以下、各話個別に感想を書いていますが、当然ながら、1話の段階では全体像が見えず、最終話になると1話からの情報を踏まえて書くことができていますので、最初のほうの感想ほど底が浅く、最後のほうになればなるほど、重要に思うところのみを書く形になっています。見事にミスリードに引っかかっているところも前半には多くなっています。そして連続作品だとついやってしまう、全話に感想を書くという執拗な整理の仕方のせいで、非常に文章量が多くなっております……。
    ※例によって、1話から最終話までの感想を詰め込んでいます。

    1話:
    基本的に、遥の行動のアレさにドン引き……もとい振り回される回でした。京アニはじまって以来、もっともぶっ飛んでいる主人公として、しばらく記録を塗り替えられることはないのではなかろうか。
    観察眼は鋭く、夢破れて教師になった担任を内心批判するなど、純粋で本物志向のこだわり派、ただし慎重なのか保守的なのか、同じ食べ物(鯖)を連日食べ続けるなど、興味のないことには極端に関心がなく(興味のあることには異常な執着を見せ)、社会生活も健全に送ることができな... 続きを読む

  • <全話読破>勧められて観ました。一時期スイミングスクールに通っていたこともあり、少し懐かしくもありました。夏に観たくなるアニメだと思います。

  • 本編は水着エプロンとスタイリッシュ脱ぎが印象的な1話と、シュールな岩鳶ちゃんがじわじわくる水泳部設立の2話収録^^ 映像特典はノンテロップOPとED、WEB版の予告、そしてショートムービー「FrFr!」…なにこれ天使しかいない…(〃ω〃)ブックレットは凜推しで凜がインタビュー答えたりしてるwあとは、1、2話のエンドカードのポストカードと、チェンジングジャケットが付いてるんだけど、チェンジングジャケットのsideBは怜推しなのに後ろが気になってしゃーない(^¬^)

全9件中 1 - 9件を表示

Free! 1 [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

Free! 1 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

Free! 1 [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

Free! 1 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする