アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント [Kindle]

  • 56人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
  • 翔泳社 (2013年1月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (232ページ)

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 分業化されすぎたシステム開発から、協働して開発していくことによって、どんな良いことがあるのか、協働していくには、どのような方法があるか、書かれた本。
    みんなで、チームとして、知恵を出し合いながら成長していきながら開発できることが良いというのは、私も凄く賛成する。

  • アジャイルとその代表的なプラクティスであるスクラムの基礎について学べる本。
    前半は知識、後半はアジャイルがいかに素晴らしいかという著名人のインタビュー。前半部分はアジャイル開発とはどのようなコンセプトで行われるものなのかがわかりやすく書かれているように思う。
    スクラムと他のプラクティスの違いや、システム基盤へのアジャイルの適用など、もう少し掘り下げた知識を得たいので、アジャイル開発に関する他の書籍にも手を出してみたいと感じた。

  • アジャイルやスクラムというキーワードに馴染みのない開発寄りの人間でなくても読みやすい内容。ITソフトウェアの開発手法の話が進む中、本田宗一郎氏のものづくりの現場での振る舞いを例にした「身体で感じ取る」姿勢が有効となる指摘には驚いた。ややもすれば机上ばかりで話が進みがちなIT業界だからこそ、ユーザの現場に自らが立ち、その場で必要な情報を感じ取ることが有効となるのだろう。

  • ハーバードビジネスレビューを読んでいたのでさらに面白かった、Agile Japanの感動を再び

  • 長年いろいろ悩んできて、今こうやったらいいんじゃないかとか考えていることがほとんど書いてあった。

    SECIモデル、暗黙知は、ほんとに最近行き着いた考えだったので、それがきちんと言葉にされていて、すごい頭の中の整理と理解につながった。
    知らなかったわけじゃないけど、今だからスッと入ってきた感がある。修羅場は、人を成長させてくれるんだなあ(そういうことは書いてません)。

    この本を周りのみんなに勧めたい。この本の内容をみんなで話してみたい。

  • 業務ナレッジ習得の為、流し読み。 要件定義からじっくり進める「ウォーターフォール開発」から、スピード感重視の「アジャイル開発」 “要件定義変わりに、ユーザーストーリーから作る。 プランの前に、思いありき、共同化ありきで。暗黙知を共感すること。 総工数から逆算した、要件の見直し。” …などなど。 実践化を進めたい。

全6件中 1 - 6件を表示

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントに関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントを本棚に「読みたい」で登録しているひと

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントはこんな電子書籍です

アジャイル開発とスクラム 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメントの単行本(ソフトカバー)

ツイートする