攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]

  • 82人登録
  • 3.24評価
    • (2)
    • (9)
    • (19)
    • (1)
    • (2)
  • 10レビュー
監督 : 黄瀬和哉  竹内敦志 
出演 : 坂本真綾  塾一久  松田健一郎 
  • バンダイビジュアル (2013年12月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4934569645227

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 出来栄えは悪くない。
    押井版攻殻の「人形遣い」や「2001年宇宙の旅」のHALへのオマージュがあるし。
    ちょっと残念なのが、バトーの内面描写が浅いと感じてしまったところかな。
    少佐のやんちゃっぷりは好感度高し。

  • バトーとの出逢いがグー。
    サイトー、ナイス

  • 攻殻SACらしさが強まってきた感がある。

  • 人間の脳みそとネットが繋がってる世界
    脳みその並列化って恐ろしいことが現実化している世界
    できれば、この時代には生きていたくない
    たぶん、わたしの脳みそじゃ処理能力不足でついていけなくて、気が狂っちゃう気がする

    脳みそが繋がっているので作戦会議も脳内の仮想現実でできちゃうなんて便利だけどコワイ

    格闘戦がマジで肉弾戦で毎度、肉がちぎれるのはなんなんだろう

    ロジコマを乗りこなす少佐すごい

    とりあえずロジコマかわいい

  • ゲオでレンタル。

    未来都市
    機械の体
    通信への侵入
    市街戦

    シリーズ構成/脚本が冲方さんだということもあって、上記の要素から、シュピーゲルを連想してしまう。自分の冲方作品を観る上での軸はシュピーゲルなんだなと感じた。ただし、本作は士郎正宗さんの作品だし、攻殻機動隊がシュピーゲルに似てると言うよりは、シュピーゲルの方が攻殻機動隊に似てると言う方が正しいのでしょう。

  • 公安9課ができる前のお話。

  • これ、全くもってよくない。特に脚本。
    公安9課設立の前日譚的立ち位置なのに、なぜあんなに3流が揃っているのか!?
    前日譚という事なので腕が未熟とか、至らないところがあるとかなら許せるのだが、
    まるで別人みたいに感じるキャラクターの性格に全く魅力を感じない。
    どちらかと言うと公安9課は専門的な才能を発揮するアウトサイダーが揃っている気がしたけど、チンピラ感が漂うのもいただけない。
    こんなことをするなら、前日譚にせずにパラレルワールド的な扱いにしてもらった方がまだましと言うもの。
    人気作で25周年だからとりあえず有名な人をいっぱい使ってアニメ作りました的な、取って付けたような事を、攻殻にだけはして欲しくなかった。

  • 待望のARISE第2弾!
    電脳戦、銃撃戦、格闘戦が交錯するハイスピードカーチェイスが熱い!
    現代MMAに通じる際の戦いに注目。
    3弾は全員集合だと思うと待ちきれない!
    あ、ロジコマが異常に可愛いです。

全10件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 [DVD]はこんな映画です

ツイートする