アルゴ [DVD]

  • 746人登録
  • 3.84評価
    • (82)
    • (169)
    • (102)
    • (14)
    • (4)
  • 132レビュー
監督 : ベン・アフレック 
出演 : ベン・アフレック  ブライアン・クランストン  アラン・アーキン  ジョン・グッドマン 
制作 : ベン・アフレック  ジョージ・クルーニー  グラント・ヘスロヴ  クリス・テリオ 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2013年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967011944

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アルゴ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 合言葉は☆~アルゴくそくらえ!~☆

    1979年に実際に起こったイランで起きた
    イスラム過激派事件を脚色した作品

    イランのアメリカ大使館職員6人は
    カナダ大使館員の家に逃げ込む

    その6人を救出させる為にCIAがとった
    もっともましでろくでもない作戦
    それはハリウッド作戦だった。

    空港でのやりとりはハラハラ
    離陸までの攻防もドッキドッキ

    だけどその前に
    カナダ大使館員の家政婦さんですよね

    アメリカ人6人を匿っていることを知っている

    この家政婦サハルがもし密告したら・・・

    そう、この作品は成り立たなくなるね

    まあとにかく無事フライトし
    「アルコールの提供が可能となりました」
    という機内アナウンスが流れて

    あたしも嬉しくワインでカンパーイ!
    できました。

    ベン・アフレックいいですね
    先日はアルゴを観る前にどんなものかと
    「ゴ―ン・ベイビー・ゴ―ン」を観ました。
    なかなかよかったし考えさせられました。

    そして、次は「ザ・タウン」を観ます。


    はい、終わり

  • 出国シーンはハラハラドキドキ。
    生きた心地しなかったでしょうね~。
    これが実話っていうのだから驚きです。
    見応えのある作品で良かったです。

  • 2012年アメリカ映画。監督・主演はベン・アフレック。
    1979年に発生したイラン革命と、その後の在イランアメリカ大使館占拠人質事件から派生して、偶然にも大使館を脱出できた6人のアメリカ外交官がカナダ大使の家に匿われていたのを脱出させた実際の作戦に基づくストーリーです。
    1979年のアメリカ大使館占拠事件は、当時、自分は小学生だったのですが、新聞に大きく取り上げられていたのを憶えています。その後、ペルシャ湾に展開中の空母から発艦したヘリ部隊による大使館急襲と救出作戦(←デルタフォースが投入されたと後年知った)が、砂漠上のトラブルで失敗に終わったことも大きく報じられるなど何かとインパクトのある出来事だったのですが、その傍らでこのような作戦も実施されていたとは当然知るよしもありませんでした。(ずっと機密扱いだったとのこと)
    大体、ハリウッドが制作するという話をきいた時から、倫理的正義-アメリカの正義-石油利権-イスラエル問題という具合に、「国際正義」や「一方的な正義」から「胡散臭さ」までも満載な中東でのアメリカ介入の話を映画化し、しかも、ハリウッドも一枚噛んだ話として、ハッピーエンドで終わるであろう物語がどこまで鼻につかないか不安でもあったのですが(笑)、まあ結果が分かっていても、ドキュメントタッチのサスペンスな展開が上手くまとまっていてそれなりに見応えがありました。内容としてもそれほど政治臭は強く無かったのではないかな。(イラン革命軍?は明らかに悪役でしたが・・・)
    しかし、アカデミー作品賞や脚本賞を受賞したあたりで、またぞろハリウッドの政治メッセージ性を感じてしまうのは穿ち過ぎでしょうかね。(笑)
    ヒゲのベン・アフレック、いいですね~。観客が感じる映画の「胡散臭さ」をある意味、開き直って体現しているかのようですが(笑)、最後は使命感を持って任務を完了するというお約束のスッキリ感がまた良かったですね。(笑)6人のカナダ大使の家でのワイン飲み会とテヘランでの自ら置かれた状況の対比や、イラン革命軍?と大使の家のメイドのふるまいの対比など様々な思惑を絡ませながら、募る不安感と振り絞る勇気を巧みに演出してよく盛り上げていたと思います。そしてそれらを昇華させるハラハラの脱出行の成功。
    作戦計画自体は雑に見えても(笑)、ストーリー性といい、当時の雰囲気の見事な再現といい、映画としての出来栄えも良いのですが、何より実際の話として、架空の『アルゴ』という映画のロケをテヘランで行うことを口実に、救出作戦を本当に行ってしまうとは!こういう映画なような着想を実行に移してしまうアメリカ恐るべし!(笑)

  • 実話を基にしたイランでの人質救出作戦を描いた物語。
     
     
    『実話を基にした』と言っても、
     
    映画を盛り上げるために
     
    脚色した部分がかなりあるようで、
     
    オリジナルストーリーとして、
     
    楽しむという観方が良いかもしれません。
     
     
    かなり脚色されているようなので、
     
    賛否両論あるかもしれませんが、
     
    物語として面白くなっているので、
     
    私個人的にはこれはこれで有りかも、
     
    と思っています。
     
     
    ハラハラドキドキの映画を観たいと
     
    思っている方におすすめの映画です。

  • ご存じ2012年のアカデミー賞作品賞を受賞。
    1979年のイランでのアメリカ大使館占拠事件に際して、映画のロケハン隊に化けてのイラン脱出劇。
    結果が分かっているにも関わらず、映画のロケハン隊に化けた米大使館員らがテヘランの市場で怒りを露にする群衆に取り囲まれて逃げ出すシーンや、緊張感あふれる空港の通関シーン等、全編通じての緊張感にハラハラドキドキと痺れました。
    主演のベン・アフレックの寡黙な演技も好感が持てます。

    映画ではCIA役のベン・アフレックが脱出の企画立案から実行まで、全てを取り仕切りますが、実際はカナダ大使館がかなり動いたようで、CIAは裏方だったようです。ハリウッドの映画ですからまあ仕方ないでしょう。

    革命前のパーレビ国王とアメリカとの関係が、革命を呼び起こしたとして、前段では、政治的には中立的ですが、後半ではその印象は薄れてしまいます。

    結果としては、政治色を抜きに、脱出劇として観れば、派手さはないものの全体に緊張感が張り詰め、出色の出来だと思います。アカデミー賞も妥当なのではないでしょうか。

  • アカデミー作品賞に恥じない、あっという間の2時間でした。

    1980年代前後の風俗を懐かしく思い出したのだけれども、
    実際の事件そのものは記憶にそれほど残っていなかったことにショック。自分はどこを見て暮らしていたのだろう。

    特典映像を見ると、話の細部は映画脚本としての盛り上げもあるよう。だからといって実際に起こっていたことが緊迫感に欠けるものだったわけではないことは容易に想像できる。

    自分が係わった時代に起きたことを次の世代や周辺の人たちに伝える重要性を再認識したし、外交の難しさ、重要性を考えるために中高生などにどんどん見てもらいたい。

    ベン・アフレックが、とんでもなく恰好良かった。
    主演・監督すると、こういうことになるの?

  • 相当面白い。
    エンディングで判明するが、登場人物たちがかなり史実に忠実にキャスティングされている。凝ってる。
    最後までドキドキさせられる、久しぶりの興奮ノンストップムービーでした。

    補足
    実話を基にしているが映画化にあたって少なからず”演出”も含まれている。
    エンターテインメント性を重視した演出で脚色されているが、まああくまで映画なんで、しかも面白いんで、いいんじゃないでしょうか。

  • 久しぶりに映画を観た!という感情を持てた。
    時代背景のこともあってかCGもワイヤーアクションもなく
    昔の映画を観ているような映像。
    エンドロールでは、実際の画像と映画上の画像を同時に見せる。そのあたりのセンスもよかった。
    DVD特典の実際の人物たちのインタビューも興味深く見ることできた。
    インタビューと照らし合わすと、最後の飛行場あたりが映画では演出されているところかな。まぁ、ドキュメント映画じゃないからね。

    それにしてもベンアフレック。よかったねぇ
    「グッド・ウィル・ハンティング」以来、マットデイモンに比べてイマイチだった彼も、これで評価上がったね。

  • トニー・メンデスの功績は素晴らしい。公に知らされることのなかった真の陰の功労者。
    しかしそもそもこのような根の深い困難な事態を出来させたのは、アメリカの政治的な思惑に責任があることも事実である。そういう意味で、鑑賞後に、ああアメリカよかったね、と手放しには喜べなかった。もちろん人質が助かったことそれ自体は無条件に喜ばしいことなのだけれど。
    政治と切り離して純粋に映画として見れば、とてもスリルのあるよく出来た映画でした。

  • ベンアフレックって、マジなんでもできるんだな
    かっこいい上に監督でこんな映画まで作っちゃうとは

全132件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アルゴ [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

アルゴ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする