武士道 ─まんがで読破─ [Kindle]

  • 19人登録
  • 3.43評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
  • イースト・プレス (2008年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (193ページ)

武士道 ─まんがで読破─の感想・レビュー・書評

  • 以前に読んだことがあるはずなのですが、「武士道」ってこんな作品だったかな?というのがまずはじめの感想です。勿論細部は覚えてないのですが、印象が全く違っていました。

    ですが作品成立の目的や意義なども含めて簡潔にまとめてあることは明らかなので、このお値段で、少々の時間で読めるコミック形式であることも考慮すれば、なかなか良い企画作品かなと思いました。

  • KUにて。いわゆる小説ではないのでどういう構成になっているのかが気になったが、新渡戸稲造をモチーフにした老人・イナゾウが語り部となり、「武士道」を体現するひとりのサムライの言動から、明文化されていなかった日本の基本的な倫理観を説明していく物語。わりと劇画タッチの絵だが、たまーにコメディ要素もあってなかなか楽しい。後半は赤穂浪士の討ち入りの物語によって、武士道に対する補足的な説明もされている。

  • 良いとか悪いとかではなく、武士道とその考え方について学べる本。

  • 新渡戸稲造の「武士道」について、その基本的な考えと、忠臣蔵における武士道の現れ方をまんがで解説している。サムライの武士道の根底には愛がある、というところが気に入った。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

武士道 ─まんがで読破─の文庫

ツイートする